SSブログ

ARROWS Z ISW13Fをしばらく使った感想 [スマートフォン]

スポンサードリンク



ISW13F.jpg

ARROWS Z ISW13Fを1週間ほど使ってみたので、感想を書いておきたい。

・バッテリーの持ちは、最初悪くなかったが、EVO 3Dで使っていたアプリをインストールしてゆくと、たちまち持たなくなり、朝フル充電でも半日しか持たなくなった。中古なので、バッテリー自体も劣化しているとは思うが、最初からの落差を考えると、バッテリーの持ちって、相当アプリの挙動に左右されることが分かるな。

・しかも、バッテリーの持ちが悪くなるのに合わせるように、発熱も酷くなった。多分、バックグラウンドで動いているアプリが悪さしているのだと思うので、アプリの整理を進めなければ。ただ、基本、EVO 3Dと同じアプリしかインストールしていないんだけどな。

・EVO 3Dにはなかった、ホーム、メニュー、リターンのハードボタンは、本体の端ぎりぎりにあって決して押しやすくはない。ただ、押したときのクリック感がしっかりあって、手探りでも操作できるのはやっぱりいい。

・ブラウザなどのアプリを使っていて、EVO 3DよりCPUは速い筈だが、時々、反応しなくなる時間がある、すぐにまた使えるようになるのだが、なんだろうこれ? 他の製品ではあまり感じたことがない症状だが、Tegra3の省電力コアからの切り替えのタイムラグなのか? それとも、フラッシュメモリの書き込みが遅いのか?

・プリインストールのランチャーメニューも、出来がよくない。何より操作レスポンスが悪く、反応したら行き過ぎる、みたいな状況も多すぎて、ストレスがたまる。これは、入れ替えるしかなさそうだ。

・Wi-Fiテザリングは割りと快適に使えるのだが、USBテザリングの出来がひどい。
EVO 3Dは、USB接続したときに出るUSB接続方法の選択肢で簡単にテザリングが選べるが、ISW13Fは、設定アイコンから無線とネットワークの「その他」→「テザリング」→「USBテザリング」と、画面の奥深くまで行かないとON/OFFできないのがまず不便。
しかも、USBテザリング用のドライバは、今時、Windows XP用しか用意されていないという手抜きで、その出来も、しばしば切断がうまく行かなくなり、そのたびにパソコンがフリーズ状態になるというユルさ(ちなみに、切断できないまま無理やりUSBケーブルを抜くと、フリーズが解除される)。
さらに、実際に使ってみると、やたらよく通信が途切れる。ほとんど実用にならないぐらい。
ググると、「3Gは問題ないが、WiMAXのテザリングはよく切れる」「本体を放置しスリープ状態になると、テザリングが切れるらしい」「通信の負荷が重くなると、通信が切れる」みたいな情報も発見したが、本当なら商品として出すレベルとしては、非常識だろう。
本当に、USBテザリングに関する完成度の低さは、目に余るものがあるな。

・3Gの感度はEVO 3Dよりよく、WIN HIGH SPEED対応のお陰か速度も出ている気がするが、逆に、WiMAXの感度は、EVO 3Dより悪い気がする。EVO 3Dにくらべ、Felica、ワンセグ、5GHz帯のWi-Fiと、アンテナの数も増えているだけに、アンテナの設計にしわ寄せが来ているのではないだろうか。
また、EVO 3Dは、WiMAXの電波が弱くても、なるべくWiMAXにつなぎに行く感じだが、この機種は、いい悪いは別にして、なかなかWiMAXに切り替わらない感じがする。
実効速度がどちらが速いかまで見て、切り替えているのだろうか?

・ワンセグの感度も、あまりよくない。IS15SHなら受かる室内でも、ISW13Fでは受からない。ここらは、家電メーカーとの技術力の差か。

・オートでのカメラの画質は、EVO 3Dより、画素数以上にいい。特に、暗所撮影で差が付くし、手振れにも強い。

・充電するとき、本体左上、カメラ右横のLEDが、通常赤が点灯するが、赤と青の点滅を交互に繰り返す状態になることがある。ところが、これって取扱説明書にもない表示で、何が起きているのかよく分からない。とりあえず、暫くすると赤の点灯に変わり、充電はされるみたいだが、気味が悪い。
(後で分かったが、どうやら、USB接続したのに充電より消費電力が大きくて充電されない場合に、赤と青の交互の点滅になるらしい。こりゃだめだ。)

最初は印象がよかったのだが、実際に触って、細かい造りを見てゆくと、富士通の評判が悪い理由が分かってきた。
EVO 3Dより、高速なCPUを使っているはずなのに、その実感があまりないのは困ったものだ。
これじゃ、今のところ、5月の更新月に、手頃なLTE対応機があれば、機種変更する可能性は高いな。
7GB/月という上限があるLTEのパケット量も、EVO 3Dを使っていて、最大でも3GB前後しか使っていなかったことが分かったので、多分問題にならなそうだ。

追記)USBテザリングについては、その後、大分クセが分かってきた。デザリングをONにして、直後から大きなトラフィックを発生させると、パケ詰まりのような現象を起こし、通信できなくなるらしい。ところが、デザリングをONにした後、しばらく放置してから、ネットにアクセスし始めると、不思議なことに長時間切れることなくテザリングが続けられるようだ。
また、バッテリーの持ちに関しては、EVO 3Dでもよく使っていたAdvanced Mobile Careというアプリで、問題点をチェックして修正を掛けてみたところ、かなり持ちが回復したし、USB充電で、充電より消費が上回って充電されない現象も解消された。

関連記事:
EVO 3DからARROWS Z ISW13Fに持ち込み機種変更:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ

★★★【送料無料】【中古】au ISW13F ARROWS...

★★★【送料無料】【中古】au ISW13F ARROWS...
価格:3,980円(税5%込、送料込)





ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ



スポンサードリンク




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました