SSブログ

「DIGNO M KYL22」を受け取りに行ってきた [携帯キャリア]

スポンサードリンク



au Online Shopで購入した「DIGNO M KYL22」が、最寄りのauショップに届いたとメールで連絡があったので、下の子のフィーチャフォンと合わせて5月1日に機種変更手続きをしてきた。

ゴールデンウィークはauの機種変更が熱そう。全機種1万円引き | スマライフ

ここで一点トラブル。au Online Shopで、auポイントを使って全額一括で支払いを指定したのだが、そのあと、この機種変更キャンペーンが発表された。
機種変更手続きの時に、このキャンペーンが適用されてないことが判明して、決済情報を修正してもらい、引き落とされるauポイントを1万ポイント分減額してもらったが、これに余分な時間が取られた。

ちなみに、私のスマホも下の子のフィーチャフォンも、機種代金を一括でポイントで支払ったが、このように機種代金を一括で支払い、割賦契約が発生せず、契約プランの変更もない場合のみ、契約者本人である子供の委任状がなしで、親だけで機種変更ができるそうだ。
今回も、親の私だけ出向き、子供の機種変更が可能だった。

スマホに関しては、スマートパスと安心ケータイサポートプラスは、やや強制力をもって加入させられたが、まあこれは要らなければ、無料期間中に解約すればいいだろう。

IMG_20140501_213242.jpg

受け取った「DIGNO M KYL22」の付属品はこちら。本体以外に、専用充電台、ワンセグアンテナ、SIMカードの取り出し治具、取扱説明書や保証書などが、付属する。

「DIGNO M KYL22」のスペックをおさらいしておきたい。

・サイズ(幅×高さ×奥行き):約69x138x9.9mm、重量:約135g
・ディスプレイ:約5.0インチ FullHD液晶
・OS:Android 4.2.2
・CPU:MSM8974(2.2GHz)クアッドコア
・ROM:32GB、RAM:2GB、外部メモリ:microSDXC(最大64GB)
・メインカメラ:約1,300万画素CMOS(顔認識対応AF/手ぶれ補正付き)、サブカメラ:約120万画素CMOS
・バッテリー容量:2,600mAh(交換不可)、2.7Aの急速充電対応卓上ホルダ同梱
・通信:4G LTE/WIN HIGH SPEED/GSM/GPRS/UMTS対応
・Wi-Fi:IEEE 802.11 a/b/g/n/ac(テザリング可能)
・Bluetooth:ver.4.0 + EDR(apt-X対応)
・カラー:ホワイト、ブルー、ピンク(今回はブルーを購入)
・防水 (IPX5/IPX8等級)、防塵防塵 (IP5X等級)
・ワンセグ、おサイフケータイ/NFC、赤外線通信対応
・スマートソニックレシーバー搭載、簡易留守メモ(伝言メモ)機能あり
・背面右上部にファインセラミックス「サーメット」採用の電源キー
・ドルビーデジタルプラス搭載
・DLNA機能は、DTCP-IP、DTCP+に対応

CPUやバッテリーの持ち、液晶画面は、これまで使ったことがあるスマホで最高スペックで、申し分ない。
それでいて、約9.9mと薄く、約134 gと軽く、横幅も狭額縁で比較的片手で操作しやすいのだから、世の中の進歩は凄い。

付属の充電器による充電も早い。ただし、この高速充電器、ACプラグと充電器が一体型で、USBケーブルをつないでPCから充電はできない。

LTE機は初めてなので、通信速度に関して他とのLTE機との比較はできないが、非常に入りが悪かったISW13FのWiMAXに比べると、室内の奥でも電波が入るし、電車に乗っていても切れにくく、通信が安定している。
ISW13Fだと、日常生活で、3GとWiMAXの接続比率は、半々ぐらいの確率だったが、「DIGNO M KYL22」に変えてから、LTEが9割ぐらいの確率で繋がっており、快適さはLTEの完勝だ。
ただ、こんな感じだと、テザリングも含めて使いまくれば、あっという間に速度制限が掛かる7GBのパケット量に達してしまうのかもしれないな。その点は痛しかゆしだ。

また、電源ボタンの位置が絶妙で押しやすいし、防水に加え防塵仕様であるのも、ありがたい。
さらに、通話音質がいいスマートソニックレシーバーや、留守録できる音声メモ機能もちゃんとあり、スマホなのに、普通の電話機としても使いやすいのもいいな。
カメラの画質は、まあ普通か。やや色乗りが薄く、フラッシュをたくと白っぽくなりすぎるきらいはあるが、逆に、フラッシュなしで、暗めの場所でも割ときれいに撮れる。

一方、実際に手に取って、まず、あれ?と困ったのは、ストラップホールがないこと。
国産スマホでは珍しいため、うっかりチェックし忘れていた。
私の場合、腰ベルトのフックがついた基本ソフトケースに、スプリングストラップでスマホを繋ぎ、スマホを落下させないようにしていたのだが、それができず、このままでは危険だ。

仕方ないので、「DIGNO M KYL22」専用のストラップホール付きジャケットを購入することにしよう。

今は、「DIGNO M KYL22」をストラップもなしで、裸で使っているので、外に持ち歩いていて、落としたりしないか非常に怖い。
ジャケットが届くまでは、歩きながら使うことなども控え、慎重に使っている。
早く手に入れよう。

京セラというとスマホについては強い印象はなかったが、ハード的には、ストラップホールがない以外は、地味だが大きな欠点が少ない、いい製品だと思う。

関連記事:
スマホの機種変更は「DIGNO M KYL22」に決定:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ





ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ



スポンサードリンク




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 1

トラックバックの受付は締め切りました