SSブログ

無水調理鍋「バーミキュラ」がようやく届いた [日用雑貨]

スポンサードリンク



Vermicular.jpg

究極の無水調理が出来る人気の鍋| Vermicular(バーミキュラ)公式サイト

消費税5%での価格で買えるというので、奥さんの希望で3月末に注文していた無水調理鍋「バーミキュラ」が、ようやく自宅にやってきた。

「バーミキュラ」は、いわゆる保温性のいい鋳物ホーロー鍋なのだが、世界でこの会社(愛知ドビー)しかできないという精密加工のおかげで、鍋と蓋の間に全く隙間がないため、加熱中も食材の水分が蒸気として逃げないため「無水調理」が可能という。
「無水調理」は、弱火で調理時間は掛かるが、素材のうまみを逃がさないため、調味料を減らせてヘルシーな調理ができ、水溶性で熱に弱いビタミンCなども逃さず摂取できるなど、メリットが多いらしい。
「バーミキュラ」は大ヒットとなり、一時は14ヶ月待ちという酷い状態になっていたが、私が予約したときには少し改善されて、7か月後の11月に完成予定とのことだった。

その後どうなったか、改めてメールを検索して確認したところ、既に9月下旬に、購入可能になったとの連絡が来ていることが判明。
慌てて代金25,200円を振り込んで、メールで振り込んだことを連絡し、2日後には自宅に届いた。

KIMG0189.JPG

KIMG0190.JPG

なべ本体とふたの他に、簡単なマニュアルと、レシピブックなどが付属。
奥さんの第一印象は「重たぁ!」。そりゃ、22cm径の小さめの深底鍋の割に、5kgもあるからな。
ふたを閉めてみて、その密着具合の完璧さは、再度ふたを持ち上げようとして、力が必要なことで分かる。

無水調理は、弱火で長時間かけて調理するので、時間が掛かるのは難点だが、これからの冬場は、今年も灯油が高いので積極的に使う予定のガスストーブの上に置きっぱなしにしておけば、ちょうどいいだろう。


今、メーカーのサイトを見ると、「注文から3ヶ月でお届けできる」とあり、随分生産体制は改善されたみたいだ。
楽天市場でも一応買えるものの、プレミア価格となっており、安くても4万円前後する。
3ヶ月待てば買えるのだから、ここはメーカー公式サイトから買う方がいい。

購入を希望した奥さんがメインに使うことになるが、まずは無難にカレーから作ってみるとのこと。
どんな味に仕上がるか、楽しみに待ちたい。

関連記事:
無水調理鍋「バーミキュラ」を購入予約:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ





ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ



スポンサードリンク




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました