SSブログ

自撮り棒を使ってみた [スマートフォン]

スポンサードリンク



KIMG0359.JPG

自撮りスティック!Kjstar MONOPOD Z07-5を買ってみた!使ってみた感想と設定方法もろもろ。 | ちゃまぽこ

以前、KJSTAR社のMONOPOD Z07-5という自撮り棒(セルカ棒)を購入したことを書いたが、その後、まったく使用レポートを書いていなかった。
というより、仕事が忙しくて、自撮り棒を使う機会がまったくなかったというのが事実だ。

ゴールデンウィークに、近場に遊びに行ったときに、初めて使ってみた。
スマホARROWS Z(FJL22)のBluetoothとペアリングし、KJSTAR社のカメラアプリをインストールし、シャッターが押せることを確認して、自撮り棒にスマホを固定する。

困ったのは、自撮り棒の電源をオフにすると、再度電源オンしても、自動的にBluetoothの再接続を行ってくれないようなのだ。再度、ペアリングが必要だった。

ただし、バッテリー自体の持ちはかなりよく、フル充電なら丸一日持つようなので、ペアリングできたら、自撮り棒本体の電源を切らないようにするのがいいようだ。

ロッドを伸ばすのが硬くて、力のない女性には厳しいとか、充電端子がいまどきminiBのUSB端子であることも不便だとか、いくつか不満はある。

しかし、実際に使ってみると、伸ばすのが硬い代わりに、ロッドのたわみが小さいという良さもある。
miniBのUSB端子も、バッテリーが丸一日持つので、途中で充電する機会はないだろうから、それほど不便でもないかもしれない。
電源を切るとペアリングを忘れる件も、逆に覚えてくれているが故の不自由(自分の意思と違う別のデバイスにペアリングされてしまう)を考えれば、むしろこの方がいいのかもしれないと思えてきた。

多少の不満はあるが、1,300円だからな。安いと思う。

特に、人にシャッター押しを頼みにくい海外なんかでは、便利かもしれない。
また、海外に行く機会があれば、是非使ってみようと思う。

セルカ棒、USJでは使えるの? 富士急では? - 全国5つの遊園地に聞いてみた | マイナビニュース

なお、ほとんどのテーマパークは、自撮り棒に関しほとんど規制はないようだが、東京ディスニーリゾートだけは、使用禁止だそうだ。ご注意を。
まあ、TDRで、シャッターをお願いして嫌がる係員(あ、キャストって言うんだっけ)はいないけどね。

美術館でも…どんどん自撮り棒が禁止されはじめてた! - NAVER まとめ

さらに、北陸新幹線でも使用禁止になった駅があるようだが、混雑する場所で、自撮り棒が危険な場合があるとの判断なのだろう。
海外の美術館で、禁止されているところも出てきているが、展示物や他の人を傷付ける危険性があるということみたいだ。
多少過敏反応のような気がしなくもないけどな。

関連記事:
自撮り棒って流行っているんだな:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ





ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ



スポンサードリンク




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。