SSブログ

Xperia SX SO-05Dについて調べてみた [スマートフォン]

スポンサードリンク



SO-05D.jpg

開発陣に聞く「Xperia SX SO-05D」:小さいだけじゃない――「Xperia SX」に込めた“プレミアム”と“遊び心” (1/3) - ITmedia Mobile

115×54×9.4mmで95gというコンパクトなスマホ、Xperia SX SO-05Dのスペックについて、改めて調べてみた。

2012年8月に発売され、当時としては、軽量コンパクトだけど、フルスペックというのが狙いで、一時的には品薄になるほどのヒットだったみたい。私自身は、ずっとauユーザーなので、当時全然気にもしておらず、知らなかったな。

検索すると、いまでも結構白ロムが出回っているな、と感じたが、売れた機種だし、発売時期から既に3年近く過ぎているので、当然のことかもしれない。ただ、使い込んだ中古が多いのは、これだけ年月が経てば仕方のないところ。

また、これ以降、NTTドコモでも、100gを切るようなコンパクトなスマホは出ておらず、正当な後継機がない状態なので、白ロムがいまだに人気があるようだ。未だに活発に取引されているのも分かる気がする。

CPUは、Qualcomm Snapdragon S4 MSM8960(Dual Core)の1.5GHz。
RAMが1GB、内蔵ストレージが8GBに加え、32GBまでのmicroSDHCが使える。
ここら辺の基本性能なら、音楽再生や、720PまでのHD動画再生ぐらいは問題ないはず。

バッテリー容量は1500mAhで、正直この時代のAndroidスマホは、元々バッテリーの持ちは厳しい。さらに、中古だと消耗しているので、通信を完全に切り音楽を聴くだけでも半日持たないかも。

ディスプレイが、3.7インチで960×540ドットなので、解像度の問題で動かないアプリはほとんどないはず。

カメラは、メインが約810万画素裏面照射型CMOSで、フルHD動画撮影も可能。サブは約31万画素CMOS。カメラは使わないとは思うが、撮影したフルHD動画が再生できるのだから、動画再生も大丈夫だろう。

ネットワークは、4G(Xi)対応で、SIMカードは、microSIM。Wi-Fiは、IEEE802.11a/b/g/nに対応し、Bluetooth 3.1+EDRも内蔵。

microUSB端子は、OTGのUSBホスト機能と、MHL規格によるHDMI出力にも対応。

赤外線通信、おサイフ機能もサポート。

AV機能としては、ワンセグチューナーやFMラジオも内蔵し、音楽プレーヤーとして「WALKMAN」アプリを搭載する。
ソニーだから、音質にも配慮があるだろうし、サラウンドやイコライジングの機能もしっかりある。
また、パソコンソフト「Media Go」を使えば、SO-05DをWALKMANと同等の扱いで、楽曲の同期をとることができる。
再生できるファイルの種類も、WALKMANシリーズに準ずるのかな?

FMラジオは、アンテナとして使うためヘッドホンを繋ぐ必要があるが、ワールドワイド対応で、国の設定を米国あたりに変えると、いわゆるワイドFM(AMラジオのFM補完局)も受信できそうだ。

国産なので、ストラップホールもちゃんと本体にあるな。
逆に、最近の国産は大抵防水だが、これは、防水でも防塵でもない。この時代、サイズなら仕方のないところか。

以上、ポータブル音楽プレーヤーとして使うには申し分ないスペックで、Polaroid piguより明らかにワンランク上だ。

1点だけPolaroid piguに負けるのが、Android OSが、バージョンアップ後でも4.1.2なので、OSの寿命もその分早く尽きることか。
ただ、Polaroid piguのAndroid 4.4も、メモリカードへのアクセス制約が厳しい問題があり、手軽に音声ファイルをmicroSDHCカードにコピーして再生できるかどうかは不安が残り、Android 4.1にはそうした心配はない。

さて、先日、近所のブックオフに、SO-05Dの白ロムがあったので、店頭で実機を触らせてもらった。価格は1.2万円だった。
写真を見るだけだと、SO-05Dのサイズ感は、あまりピンとこなかったのだが、現物を見たら、思ったよりコンパクトでいい。
並んでいるスマホの中で一番コンパクトで、これ以外で一番小さいiPhone 4の幅を5mmほど狭めた感じだ。

Xperia mini ST15iよりは大きく、確かに縦には27mmも長いが、横幅は2mmしか変わらず、厚みは逆に6.6mmも薄いし、重さも4gだが軽くなっているからか、手に持ってみてXperia mini ST15iより余りデカくなった印象がない。
製品の造り自体の精緻感が、明らかにSO-05Dの方があり、「よくこのサイズに詰め込んだな」という印象も、好印象につながるのかもしれない。
もちろん、サイズも重さもiPod nanoには全く敵わないが、Xperia mini ST15iが大丈夫だったのだから、これなら、ぎりぎり首からぶら下げても、気にならず使えるかもしれないと思えた。

一方、じゃんぱらにあったPolaroid piguの現物も見た。
確かに軽いのだろうが、サイズ的にほぼiPhone 5と同じぐらいなのが、決定的にダメだと思った。
だって、iPhone 5なら白ロムを持ってずっと使っており、それを首からぶら下げて音楽を聴くのが苦痛で、iPod nanoを使っているぐらいなのだから。

そこで、Xperia mini ST15iの後継機は、Xperia SX SO-05Dに決めて、白ロムを探すことにした。
Xperia SX SO-05Dは、ドコモでも大ヒットした商品なので、白ロムショップでも在庫が多く、いまだにヤフオクなどにもよく出品されている。
使用中のXperia mini ST15iは、レスポンスには不満はあるが、まだまだ使えるので、急ぎはしない。
それに、使うのに支障がなければ傷などもあまり気にしないため、じっくり掘り出し物を探して買いたい。
目標は1万円以下だ。

関連記事:
改めて国産の超軽量スマホを探してみた:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ

 【送料無料】【中古】SONY Xperia SX SO-05D...

 【送料無料】【中古】SONY Xperia SX SO-05D...
価格:10,454円(税込、送料込)





ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ



スポンサードリンク




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。