SSブログ

夏休みの自由研究にいかが? [オーディオ機器]

スポンサードリンク



週刊「○○」アイデアマン募集!デアゴスティーニ・ジャパン

最近、オマケがメインのムック本シリーズも食傷気味なのか、ディアゴスティーニもアイデアを募集しているぐらいだが、こちらのムック本が、なかなか面白くて目を引いた。


Stereo2015年8月号「特別付録:スピーカーユニット」好評発売中! 音楽のニュース&イベント 神楽坂通信 - 音楽之友社

音楽之友社のオーディオ専門誌「Stereo 8月号」は、夏休みスピーカー工作特集で、本誌記事も充実しているが、そのうえ、フォステクス製のオリジナル10cmフルレンジスピーカーユニットが2個ついて、税込み3,990円。

本誌記事の工作例を参考に、エンクロージュア(スピーカーボックス)を作ってもいいのだが。


ONTOMO MOOK「スピーカー工作の基本&実例集 2015年版」好評発売中! 神楽坂通信 - 音楽之友社

同時に、「スピーカー工作の基本&実例集 2015年版」というムック本が発売され、紙面ではエンクロージュアの設計方法や、工作例が紹介されている上に、「Stereo 8月号」のスピーカーユニットが使えるエンクロージュア・キット(2個分)が付いて、税込み4,860円。
エンクロージャーは小型でも、低音を目一杯引き出せるバックロードホーン式。

【小寺信良の週刊 Electric Zooma!】第719回:雑誌付録を超えた音! バックロードホーンスピーカーを作ってみた - AV Watch

二つ購入して、9,000円弱で、ステレオのスピーカーシステムを作ることができる。

キャビネットの素材は、MDFという木屑を樹脂で固めたもので、反りや縮みが起きにくく、強度も高くて、加工精度も高いが、釘は打てないため、このキットでは、組み立ては木工用ボンドで接着し、スピーカーは、木ねじで固定する。
工作時間は、おおよそ2~3時間というから、非常に手軽だ。

音質面でも、定評のあるフォステクス製スピーカーに、本格的なMDF製キャビネットなので、マニュアル通り作れれば、よくある小型のプラスチック製キャビネットのスピーカーとは比べ物にならない音質に仕上がるようだ。

どちらも、付録だけでなく本誌の記事も、今後もスピーカーを設計して自作したい人にとっては保存版と言っていい充実した内容になっており、この手のムック本としてはお買い得度は高い。

子供の夏休みの工作に、おひとつ、いかがでしょうか?

また、夏休みの自由研究といえば、こちらもなかなか面白そう。


スマホ顕微鏡BOOK│宝島社の公式WEBサイト 宝島チャンネル

スマホのカメラに装着する「スマホ顕微鏡」が付属するムック本で、税込み1,598円。

スマートフォンやタブレットPCのカメラに取り付け、約30倍の簡易顕微鏡になるキットだ。
付属のプレパラート用板に、植物の葉や花粉、小さな虫など、いろいろな物を挟んで、スマホのカメラで拡大した映像が、お手軽に撮影できるらしい。

なお、スマートフォンやタブレットの、本体の端からカメラレンズの中心までの最短距離が14㎜以上ある場合は、このキットは装着できないので使用できないので、買う前にチェックしよう。

関連記事:
100円ショップの定点観測・2015年8月:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ



【楽天ブックスならいつでも送料無料】...

【楽天ブックスならいつでも送料無料】...
価格:1,598円(税込、送料込)



ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ



スポンサードリンク




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました