SSブログ

第一世代iPad miniではトリセツアプリに性能不足かも [タブレット端末]

スポンサードリンク



IMG_20160708_233416.jpg

その後、第一世代iPad miniにインストールしたトリセツアプリで、次々と製品を登録しているが、登録数が増えるにつき、画面切り替えやソフトキーボードなどのレスポンスがどんどん悪くなり、特に日本語入力を行っていると、耐えきれないほど遅くなったり、突然アプリが終了してしまうことが判明した。

ただし、トリセツアプリを一度強制終了して、立ち上げ直すと、大幅にレスポンスが改善されるため、アプリを使っているうちに少ないRAMをワークエリアで食いつぶしてしまい、遅くなるようだ。

また、登録数が増えるにつれ、一覧画面のスクロールに引っかかりが出始め、時々操作できなくなる時間が発生する。

さらに、時々アプリが落ちる。PDFファイルを見ているときが多いかも。

やっぱり、第一世代iPad miniだと、トリセツアプリを本格的に使おうと思ったら、性能不足なのかもしれない。甘かったかも。

一方、トリセツに登録されていなくて、リクエストした製品は、最悪登録に1週間程度かかることもあるようだ。

以前、iPhone5で試用したときには、リクエストした製品が翌日には登録されていたのに比べると、遅くなっているようだ。
そのため、使用中の家電品、パソコンなど30製品が、いまもって未登録のままだ。

一度に3~5製品までしか登録のリクエストができない(混雑具合により数は変動するようだ)ので、順次リクエストは投げている状況だが、無料アプリだから仕方ないとはいえ、これでは先が思いやられるな。

もっとも、こうした状況は、登録済のデータベースがある程度充実していけば、リクエスト自体も減っていくはずだし、一度作り上げたデータベースの優位性は、後から他社が追従が困難だから、今ががんばりどころなのかもしれない。

最後に私の希望をメモしておきたい。

(1)データのバックアップ/リストアや機種変更の機能が欲しい

現状、自分が登録した家電品の情報をバックアップしたり、機種変更で移行したりす機能がないのが不安。
今すぐとは言わないが、先々を考えて、是非とも検討して欲しいところだ。

(2)Android版を是非ともお願い!

もちろん、Android端末を取扱説明書のサポート範囲に含めると、データベースの作成が大変になるのは分かるので、それはやらなくていい。

(3)自分で取扱説明書を登録できる機能

その代わり、アプリに、自分で取扱説明書を登録できる機能を付けてくれれば、それで十分だ。
あるいは、Webベースで、トリセツデータベースに、ユーザーが、自分の使用機種のデータを登録するサービスを提供してくれるのでもいい。
ユーザーが作ったデータベースを、TRYGLE社でチェックだけして、他の人にも共有できるようにすれば、TRYGLE社のサポートの負担も大幅に減るに違いない。

本当にいいサービスであり、アプリだと思っているので、開発元のTRYGLE社さん、大変でしょうが、これからも頑張ってね!

ただ、トリセツアプリの機能に対し、私が使っている第1世代iPad miniでは、処理能力やメモリ容量が明らかに不足しているのは間違いなさそう。
トリセツアプリを本格的に使いたいなら、もっと新しい世代のiPadで使うことをお勧めしたい。

関連記事:
第一世代iPad miniのセットアップ:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ



【Bランク】Apple iPad mini 初代 Wi-Fi+Cellular ...
価格:16800円(税込、送料無料)



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ




スポンサードリンク




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました