So-net無料ブログ作成

「e-POWER」搭載日産ノートには、正直ガッカリだな [乗り物]

スポンサードリンク




note.png

日産、「ノート」一部改良で燃費37.2km/Lの「e-POWER」追加 - Car Watch

e-POWERの搭載により国産乗用車トップレベル低燃費を実現した日産 新型ノートを徹底解説!(1/2)|新型車解説【オートックワン】

以前、このブログでも取り上げた「ノート」のシリーズハイブリッドタイプが、いよいよ日産自動車から発表された。

現行「ノート」は、2012年9月にフルモデルチェンジし既に4年以上経つため、今回の新製品は当然フルモデルチェンジと思いきや、既存「ノート」のマイナーチェンジとのこと。
新パワートレーン「e-POWER」の搭載車をラインアップの追加ということになるようで、ガソリン車の燃費等は、全く変わっていないようだ。

新パワートレーン「e-POWER」は、既存ノートのガソリンエンジンを発電専用に効率を最適化して搭載し、エンジンが発電した電力をリチウムイオン電池に蓄電しながら、その電力で、「リーフ」の流れを汲む「e-パワートレーン」のインバーターとモーターで前輪を駆動する。

エンジンでは直接車輪を駆動せず、モーターのみで走行するハイブリッド方式で、世間的には「シリーズハイブリッドカー」と呼ばれるタイプの車だ。

実際には、エンジンを始動させずバッテリーの電力のみで発進し、速度が上がってから、発電用エンジンを動作させるという。
その理由は、「ロードノイズでエンジンの音が気にならなくなった速度でエンジンを動かすため」とのことで、エンジン音の遮音にも異様に気を使っていて、あたかもEVであるかのような乗り心地を目指したようだ。

e-POWER搭載車のJC08モード燃費は、最も車重が軽いe-POWER Sが37.2km/L、そのほかのe-POWER Xとe-POWER MEDALISTは34.0km/Lとなる。既存のガソリン車は18.2km/L~26.2km/Lなので、大幅に燃費が向上しているように見える。

それでいて価格は、1,959,120円とギリギリ200万円以内に収めてきた。
Xタイプでe-POWERの有無で比較して、エコカー減税分や装備の違いも考慮すると約39万円のアップとなり、実質差額を燃料代の差額で取り戻すには20万km近い走行を要するが、まあこれは既存のハイブリッドカーでもこんなものだ。

ただ、詳しく情報を読んでいて、驚くべき事実を知った。

世間的には、「シリーズハイブリッドカー」に分類される「e-POWER搭載ノート」であるが、日産自身はこの名称を使っておらず、「ガソリンで発電するEV」であることを前面に打ち出している。

ところが、EVであるなら、当然あるべきの「外部充電機能」が、「e-POWER搭載ノート」にはないのだ。すなわち、「e-POWER搭載ノート」は外部充電機能があるPHVではなく、HVなのだ。
PHVは、家庭でガソリンより安いコスト(夜間電力なら契約次第ではガソリンの1/3ほど)で充電ができ、近所を短い距離走るだけなら、一切ガソリンを使わず走ることができる一方で、充電が切れたらガソリンで走行できるため、たまの長距離ドライブも安心して使えるメリットがあるのだが、「e-POWER搭載ノート」は、ガソリンなしで走ることはできない。

あくまでガソリンで走るHVカーとしての使い方しかできないことになる。

日産ノート「e-power」の燃費に疑問が!? | ミニバンとクルマのなんでも情報局

しかも、HVカーでは命である燃費についても、巧妙な罠が隠されている。

37.2km/Lという燃費は、一見トヨタのHV「アクア」をも上回る高燃費に見えるが、これは「e-POWER S」というe-POWER搭載車ではローエンドモデルのもので、「e-POWER S」は、いまどきエアコンさえ搭載しない、燃費のためだけの見せかけモデル。
普通の人が買うと思われる「e-POWER X」では、34.0km/Lまで落ちてしまう。

しかも、JC08モード燃費の計測においては、バッテリーはフル充電の状態で行う規定のはず。
だからPHVのJC08モード燃費は、異常に高い値になりがちなのだが、これは、JC08モード燃費の計測の途中までは、完全にEVとして走行できるため、そこまで一切ガソリンを消費しないからだ。

ただ、PHVの場合、実際、ユーザーが自分で充電して使えるから、この燃費数値に全く意味がないとも言えない。買い物や家族送迎程度の短距離でしか使わなければ、実際、ガソリンを一切消費しない使い方ができるからだ。
そういう人間にとっては、JC08モード燃費を上回る燃費が達成できることになる。

ところが、「e-POWER搭載ノート」の場合、外部充電ができないので、内蔵バッテリーをフル充電にする手段は、ガソリンエンジンで発電するしかない。
だったら、本来は内蔵バッテリーをフル充電するのに必要なガソリン量も、燃費に勘案すべきなのだが、現状のJC08モード燃費の規定はそうなっておらず、日産ノートはその抜け穴を巧妙に突いた燃費表記をしていると言える。

すなわち、「e-POWER搭載ノート」の実行燃費は、納品された直後はフル充電だろうから、比較的カタログ値に近い燃費となるかもしれないが、それ以降は、充電のためにガソリンを消費するため、さらに燃費は悪化するはずだ。

我が家的には、車の使い道の大半は、普段の家族の送迎や近所の買い物程度なので、「e-POWER搭載ノート」に外部充電機能さえあれば、家で充電して完全にEVとして使えて、なかなか我が家の使い道には最適だな、と思っていたのだが。

だから、「e-POWER搭載ノート」に外部充電機能がないと聞いて、非常にガッカリしている。
それじゃ、ガソリンより安い家の電力が使えないからだ。

今からでも遅くないし、オプションでもいいから、是非とも外部充電機能は追加して欲しいな。

関連記事:
日産ノートのHVは「レンジエクステンダー付きEV」らしい:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

送料無料/日産ノートe‐POWER +エコ新時代到来
価格:779円(税込、送料別) (2016/11/9時点)



ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ




スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました