SSブログ

au「プランEシンプル」からのガラホ乗り換えプランについて訂正 [携帯キャリア]

スポンサードリンク



au「プランEシンプル」からのガラホ乗り換えに使えるMVNOプラン:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ

以前、上の記事において、月額税込1,126円+通話料で使えているau「プランEシンプル」から、同等料金でガラホに乗り換えに使えるMVNOプランについて、ご紹介したことがある。

その際の結論は、「@モバイルくん。」の「使ったぶ~んだけプラン」で、オートジャージをしない設定で契約するのが一番安く、税込864円+通話料で済む、ということだったのだが、

音声通話SIM | SIMカード | 格安SIM ・格安スマホの@モバイルくん。

その後、月額税込1,296円からの「もっと使ったぶ~んだけプラン」がスタートすると同時に、「使ったぶ~んだけプラン」が受付終了となってしまった。いやにお得だなと思ったら、やっぱり採算取れなかったのね。残念。

もしもシークス - MVNOケータイキャリアもしもシークスの公式ウェブサイトです。

そうなると、次に安いのは、もしもシークスの音声プランが、月額税込1,058円+通話料で、毎月0.5GBまで高速通信ができる、というプランが、一番安いことになる。
これでも、別途端末代は白ロムで購入する必要があるが、「プランEシンプル」よりは月額料金は安くなるので、ベストかな?

と思って、再度調べてみたら、次のサービスの方がさらにお得そうだ。

料金プラン(スマホセット) | J:COM MOBILE (モバイル) | ケーブルテレビ(CATV)のJ:COM

J:COMというとケーブルテレビの最大手だが、J:COM MOBILEというMVNOビジネスも始めていて、ケーブルテレビやブロードバンド回線を契約しなくても、モバイルだけでも契約ができる。
もちろん、ケーブルテレビなどを既に契約していれば特典も増えるのだが、ここではJ:COM MOBILEのみを単独で契約するケースで考えてみる。

large_005 (1).jpg

ガラホ「LG Wine Smart LGS01」を入手:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ

J:COM MOBILEでは、以前ご紹介した「LG Wine Smart LGS01」というガラホを取り扱っていて、この端末を24カ月の長期契約する前提で、月額税抜980円のプランを利用できる。

J:COM MOBILEの「LG Wine Smart LGS01」では、MVNOでは少数派のau網を利用しており、0.5GB/月まで高速通信が可能なプランがある。これは、もしもシークスの音声プランなどとほぼ同じ条件となっている。

月額料金も、税込1,126円+通話料なので、もしもシークスの音声プランと同じに見えるが、詳しく見ると、J:COM MOBILEの方がお得に見える。

というのも、まず、2年契約すれば、毎月の端末割引が適用され、ガラホ「LG Wine Smart LGS01」が実質0円で手に入る(途中解約した場合は、残債の支払いが必要)。
もしもシークスの音声プランだと、端末は別途白ロムで購入する必要があり、「LG Wine Smart LGS01」のスペックに不満がなければ、この差は大きい。

初期費用に関しては、契約事務手数料が4,500円(税抜)/台と高いのだが、J:COMのサイトから契約を申し込むと、現在3,000円のキャッシュバックがある上に、他社からMNP移行の場合、5,000円キャッシュバックがもらえるそうなので、逆に3,140円の得になる。

また、公衆無線LANサービス「Wi2 300」が無償で利用可能なのもメリット(Wi2premiumのアクセスポイントは利用できないので、郊外ではあまり利用価値はないが)。

さらに、動画配信(VOD)サービス「J:COMオンデマンド」アプリによるデータ通信が無制限というメリットもあるが、ケーブルテレビやブロードバンド回線を既に契約していなければあまり関係ない。

通話料やSMSの料金は、他のMVNOと大差ないが、端末がVoLTE対応なので、通話音質は非常にいいはず。

また、「LG Wine Smart LGS01」はガラホだとは言っても、Google Playが使え、画面をタッチパネル操作でき、標準的なHVGA解像度のAndroidアプリが使えるため、使えるアプリに制限がほとんどないというメリットもある。
実際、例えば、大手キャリアのガラホだと、LINEはガラホ専用アプリをキャリアで用意しているようだが、「LG Wine Smart LGS01」は、標準的なLINEアプリが利用でき(ただしタッチ操作メインになる)、常にフルの最新機能が使える。

J:COM自体もケーブルテレビの最大手であり、ここ数年で潰れるようなことは絶対にないし、弱小MVNO事業者に比べれば、サポート体制もしっかりしていて安心感がある。

さらに、au「プランEシンプル」からの乗り換えという観点から言えば、同じau網を使うMVNOサービスなので、「LG Wine Smart LGS01」から普通のスマホに乗り換えたくなった場合、J:COM MOBILEのSIMカードを、他のau端末に挿して使う、なんて裏ワザも可能。
au端末は、ドコモの白ロムより、値段も安いというメリットがあるのだ。

気になる点というと、SMSは利用可能だが、J:COM自体でキャリアメールは用意されていないため、Gmail等で代用する必要があること。ただ、それは他のMVNO事業者と同じ。

また、内蔵ストレージが4GBで、実質の残容量はさらに少なく2.6GB程度しかない上に、アプリを更新するたびに残容量は減っていくため、インストールするアプリは相当厳選しないと、すぐに残容量不足のエラーに悩まされることになる。

ただ、この弱点も、大手キャリアのガラホ端末でも、似たような状況があるのは変わりない。

言い訳できない弱点としては、画面解像度が480x320ピクセルと低いせいで使えないアプリがあること、リアカメラが300万画素で画質もよくないこと、バッテリーが脱着可能であるにもかかわらず、交換用バッテリーが入手困難であることあたりか。

あくまで、これまでフィーチャフォンで、メールと通話ぐらいしか使っていなかった人が、プラスでLINEを使いたい、という人向けの端末なんだと思う。

その点さえしっかり認識しておけば、現時点でau「プランEシンプル」のフィーチャフォンから、もしガラホに乗り換えたいなら、J:COM MOBILEで、LG Wine Smart LGS01という端末で使える0.5GBプランが一番お得という結論になるな。

以前の結論を訂正しておきたい。

関連記事:
au「プランEシンプル」からのガラホ乗り換えに使えるMVNOプラン:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

☆◆ レイ・アウト LG Wine Smart LGS01 専用 光沢・防指紋フ...
価格:410円(税込、送料無料) (2017/1/5時点)



ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ



スポンサードリンク




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。