SSブログ

東芝のオーブンレンジがいよいよ寿命? [白物家電]

スポンサードリンク



IMG_20170918_211323.jpg

オーブンレンジが壊れた?:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ

以前から、何度か、奥さんから「動かなくなった」という訴えがある東芝のオーブンレンジが、またスタートボタンを押しても動かなくなったという。
ただ、以前と同じように、コンセントを抜いて、しばらくして再び入れると、問題なく温め動作もできるようだ。

とりあえずはOKだが、既に買ってから12年近く経つので、いつ壊れてもおかしくないため、とりあえず、一番近いヤマダ電機に立ち寄り、各社のカタログだけは手に入れた。

ヤマダ電機の店員に聞いてみたところ、現時点で売れ筋でお買い得品は、日立のMRO-TS7と、東芝のER-RD7Wというモデルとのこと。

specZoom_mrots7_r.jpg

ヘルシーシェフ MRO-TS7 : 電子レンジ : 日立の家電品

日立のMRO-TS7は、加熱水蒸気オーブン機能もあって、ヤマダ電機では、税込39,800円にさらにポイント進呈と書かれている。
価格.comだと5万円を切るあたりが底値なので、ヤマダ電機の方が安い。

ヘルシーシェフ MRO-TS8 : 電子レンジ : 日立の家電品

上位機のMRO-TS8は、内容積が31Lに増え、トリプル重量センサーを搭載するなど機能もアップし、価格.comだと4.5万円を切る価格なので、コストパフォーマンスはMRO-TS8がいいかも。

sim.jpg

ER-RD7|スチーム(角皿式)オーブンレンジ|東芝 石窯ドーム

東芝のER-RD7は、税込37,800円にさらにポイント進呈と書かれていて、ほぼ同価格だが少し安い。
価格.comの底値もほぼ同じだ。

こちらは、石窯ドームが売りで、26Lと内容積はMRO-TS7より大きいのだが、過熱水蒸気機能がなく、スチームオーブンレンジ機能のみで、それもタンク式ではなく、簡易型の角皿式なので、性能はかなり落ちる。

久々にカタログを熟読していていて、感心したのは、どちらの製品も、自動メニューというのが充実していて、これが、何かというと、電子レンジ、オーブン、スチームオーブン、過熱水蒸気オーブンといった機能を、単機能で使うのではなく、指定されたレシピ通りに食材を用意し、指定の食器などに入れると、レンジやオーブンの機能を、時間と順序をプログラム通りに切り替えながら調理を行い、一発で料理を完成するメニューなのだ。

電子レンジが、いつの間にか、いわゆる自動調理器に近づいていると言える。

もうしばらくした、レンジ内部に、攪拌用のアームみたいなものがついて、本当に調理ロボットが出てくるかもしれない、という予感を感じたな。

今使っているオーブンレンジは、動かなくなるまで使い続けるつもりなので、今回の調査はとりあえずここまででPending。
オーブンレンジに関しては、動作原理が変わっていないため、「新しい製品だから省エネ」ということもほとんどないし、壊れても、とりあえず他の調理器具で何とかなるから、冷蔵庫や洗濯機と違って、壊れた後から買っても十分間に合うからね。

関連記事:
オーブンレンジが壊れた?:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【新品・送料無料】日立(HITACHI) ヘルシーシェフ MRO-TS8(W) ...
価格:47800円(税込、送料無料) (2017/9/18時点)



ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ



スポンサードリンク




nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。