SSブログ

ビデオカメラ「iVIS HF11」の感想 [ビデオカメラ]

スポンサードリンク



IMG_20171013_212935.jpg

キヤノン:Q&A検索|【デジタルビデオカメラ】デジタルビデオカメラ iVIS HF11 機種仕様

購入したビデオカメラ「iVIS HF11」は、箱無しで、付属品は、バッテリーと、ACアダプタと、リストストラップのみ。

本来は、それ以外に、ワイヤレスリモコン(WL-D88)、リモコン用電池、D端子ケーブル(DTC-100/S)、ステレオビデオケーブル(STV-250N)、USBインターフェースケーブル(IFC-400PCU)、PIXELA ImageMixer 3 SE Disk、Canon DIGITAL VIDEO SOLUTION DISK、取扱説明書が付属するので、かなり足りていない。

ただ、今更D端子なんて使わないし、ソフトもマニュアルもネットから最新版がダウンロードできるので、なくても何も困ることはないだろう。

一番の不安はバッテリーの劣化だったが、付属のバッテリーを取り付けて、起動してみて、しばらく使ったり、放置してみたが、ほとんどバッテリーが減った様子がない。

このバッテリー、まだまだ使えそうで、ホッとしている。
ちなみに、この製品のバッテリーBP-809は、一応互換バッテリーも売られているので、ダメなら買い足すことも可能だ。

IMG_20171013_213111.jpg

そして、何よりうれしいのが、9年前の製品とは思えないほど、本体の状態がいいこと。
目立った傷どころか、スレ傷のような細かな傷も見つけられない。

本体上部に電源ボタンがあり、メモリ記録タイプだけに起動は速い。クイックスタートモードに設定すると、液晶を開いた瞬間に撮影が可能になるのは、ディスク記録の「iVIS HR10」とは別世界だ。

軽く使ってみると、ズーム動作もスムーズで、録画開始/停止のレスポンスもスムーズで、「iVIS HR10」のようにうっかり2度押しするようなミスはしなさそうだ。

撮影しながら、シャッターボタンを押すと、フルHDの静止画が並行して保存される。この機能は、「iVIS HR10」にもあったが、「iVIS HR10」は本体が大きいのと、シャッターボタンの位置が悪く、シャッターを押すときに、どうしても動画の映像がぶれがちだった。
「iVIS HF11」は、本体が軽いし、筒状の本体を握ると、自然にシャッターボタンが押せるため、「iVIS HR10」のようなブレはほとんど起きないのはいいな。

録画したSDカードを、パナソニックのBDレコーダーDIGAに挿すと、動画をHDDにコピーでき、HDDにコピーしたら、動画のカット編集も可能だった。

録画した動画をテレビで見てみたが、最高画質だとさすがに綺麗で、横方向の解像度が1440ピクセルしかない「iVIS HR10」とは、解像感で差をつけるし、パンなどの動きが激しい場面でも画面がボケず、画質は圧倒的な差をつける。

世間はすでに4Kに移っていて、それに比べたら「iVIS HF11」の画質なんて時代遅れではあるのだが、自分的には、一生もうこれで十分という気がしている。
1万円もしなかったので、いい買い物だったと思う。

関連記事:
ビデオカメラ「iVIS HF11」を購入:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

定形外【単品】キャノンBP-808 BP-808D BP-809 『残量表示可』...
価格:1270円(税込、送料無料) (2017/10/15時点)



ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ



スポンサードリンク




nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。