SSブログ

「Amazon Echo」から音声操作できる赤外線リモコン [白物家電]

スポンサードリンク



「Amazon Echo」の日本での発表に際し、「Amazon Echo」から音声でコントロールできる赤外線リモコンがあることを知り、前回、その中の一つをご紹介したが、他にもいろいろあるみたいだ。

201-1.jpg

eRemote|IoT 家電 スマートホーム・スマートハウス|Link Japan | Link Japan

51F8QeaLZPL._SL1200_.jpg

eRemote mini|IoT 家電 スマートホーム・スマートハウス|Link Japan | Link Japan

まず、LinkJapanという会社から出ているeRemote RJ-3と、eRemote miniという2機種。

eRemote RJ-3は上位機で、eRemote miniは廉価版だが、その違いは、温度センサーを内蔵しないのと、ACアダプタが同梱されないぐらいしかないので、安いeRemote miniで十分な気がする。

71260u5cU+L._SL1500_.jpg

iRemoconの主な製品仕様

Glamoという会社の「iRemocon WiFi」という製品もあるが、温度・湿度・照度センサーを内蔵する分、高機能だが値段が高くて、2万円以上する。

RS-WFIREX3-img-810x540.png

スマート家電コントローラ RS-WFIREX3[RATOC]

RS-WFIREX3は、ラトックシステムというパソコン周辺機器などでは老舗の日本メーカー製だ。機能はシンプルな分、価格も7,000円ぐらいと安め。さらに、旧モデルとなるRS-WFIREX2も、ファーム更新でAlexaに対応予定だそうなので、安ければそちらも出よさそうだ。

それ以外にもまだあり、こうしたコンセプトの製品として、まず一番最初に製品として出たのが、

harmony-elite-advanced-universal-remote-hub-and-app.png

Alexa can control your TV with a Logitech Harmony. Here's how - CNET

「Logitech Harmony」という製品だったようだが、日本では発売されておらず、海外でも価格が高い上に既に入手が困難みたい。

1f15ea317b51f01fbf21598885789f48_original.JPG

Harmony Hubの値段の3分の1!古い家電をAlexa対応に変えるスマートリモコン「SmartMote」 | Techable(テッカブル)

「SmartMote」は、今年に入って、クラウンドファンディングKickstarterで製品化が決定し、9月には出荷が始まった新製品で、約30ドルで入手可能だったらしい。ただ、すでにクラウンドファンディング自体は締め切っているため、今後、一般販売でどのような価格で売られるのかは分かっていない。
また、この「SmartMote」って、見た目からして手作り感満載で、Raspberry Piっぽいボードを、透明ケースに入れただけに見えたので、調べてみたら、

Amazon Echoとラズパイで、音声で照明をon/offする - Qiita

実際、Raspberry Piで、Alexdaから制御できるリモコンサーバーを構築する方法についても公開されているようだ。
ただ、Raspberry Piに赤外線I/Fなどを外付けする必要があり、それ程安くできる訳ではないみたいなので、「SmartMote」のような製品も意味はあるようだ。

さて、ここまで「Amazon Echo」から音声でコントロールできる赤外線リモコンをご紹介してきたが、スマホから赤外線を操作するだけなら、アプリが日本語対応でなくても何とか使い物になるが、Amazon Echoから音声で操作するなら、スキルが日本語対応でないととてもではないが使いもにならない。

Amazon Alexaで家電を操作、3社のスマートリモコンが対応(ケータイ Watch) - goo ニュース

その観点で見ると、スキルの日本語対応が正式に発表されているのは、Glamoの「iRemocon」と、LinkJapanの「eRemote RJ-3」「eRemote mini」、ラトックシステムの「RS-WFIREX2」「RS-WFIREX3」の5機種だけなので、この中から選ぶのが良さそう。

さらに考えると、どの製品も、基本的には、赤外線リモコンの信号を学習する機能は持っているのだが、それは面倒な作業でもあるので、できるだけ有名な製品のリモコン信号はプリセットで持っていて、選ぶだけで使える方が望ましい。

その観点で言えば、海外メーカーであるGlamoやLinkJapanよりは、日本メーカーのラトックシステムの方が、日本の家電品のプリセット信号は充実していそうだ。

ということで、現時点では、買うならラトックシステムの「RS-WFIREX2」か「RS-WFIREX3」あたりかな、と考えている。

ただ、ここで取り上げられた赤外線コントローラー、「Amazon Echo」を日本で発表後に注目を集めているようで、急激に値上がりしたり、在庫切れを起こしている製品が出ているようだ。
発表直後は、「RS-WFIREX2」が5,000円強で買える店があったのだが、あっという間になくなってしまった。
Amazonでもほぼ定価通りの販売となっている。

しまった、買い時を逃してしまったな。

急いではいないから、いいんだけど。

関連記事:
アマゾンがスマートスピーカー「Amazon Echo」を国内発売:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

イーリモートミニ eRemote mini 新登場 次世代スマートリモコン
価格:6953円(税込、送料無料) (2017/11/11時点)



ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ




スポンサードリンク




nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。