So-net無料ブログ作成

3rdベンダーのスマートスピーカーの動き [AV機器]

スポンサードリンク




スマートスピーカーを独自開発し販売するベンダーの中で、そのプラットフォームを公開しており、3rdベンダーが、そのプラットフォームを搭載したスマートスピーカーを発売することができるものがある。
Amazon Echo、Google Home、Clova WAVEがそうみたいで、それぞれ、Amazon、Google、LINE以外のベンダーから、各社の音声AIエンジンを搭載したデバイスが発表されたり、発売されつつある。

まず、Amazon Echoについて、音声AIエンジンAlexaを搭載しているが、Alexaを搭載する製品として次のものが発表されている。

171003_alexa_speaker_th_gw10_0-w960.jpg

東芝がAlexa搭載のAIスマートスピーカー「TH-GW10」を発表! | ロボスタ

002_s.jpg

オンキヨー、米国でAmazon Alexa対応スマートスピーカー出荷開始。「販売地域逐次拡大」 - AV Watch

AV家電メーカーとしては、東芝、オンキョー。米国での発売だが、Alexaが日本語対応されれば、日本でも発売されるかも。

171108_anker_alexa_speaker_launch-w960.jpg

Ankerがスマートスピーカー参入へ。Alexa対応完全無線イヤフォンなどZOLOブランド - AV Watch

米国ではBluetoothスピーカーやモバイルバッテリーなどで有名なAnkerも、Alexa対応のスマートスピーカーを発表した。

lf-lg.jpg

Alexa搭載カーナビ「Garmin Speak」ハンズオン:Amazonのエコシステムに身を委ねている人にはいい | ギズモード・ジャパン

音声アシスタントはAIスピーカーの外へ飛び出す【ゲスト寄稿】 - THE BRIDGE(ザ・ブリッジ)

車の分野でも、Ford、BMW、日産などの自動車メーカーは車自体に Alexa を搭載することを発表しているそうで、今年から2018年に実装が見込まれるという。

Shhh, your washing machine might overhear you | News OK

さらに、米国では、冷蔵庫などの家電品に搭載する話も進んでいるようで、さすが発売が早かったうえにプラットフォームの公開も速かったこともあり、Alexa搭載の動きは幅広い。

一方、Google Homeが搭載するGoogleアシスタントは、どうだろうか。

sony_lf_s50g_package_black.jpg

ソニーのAIスピーカー「LF-S50G」12月9日に国内発売、Google Homeとの違いは? | TechCrunch Japan

panasonic-ga10-1.jpg

パナソニックもスマートスピーカーを発表――Googleアシスタント搭載で音質にもこだわり - ITmedia LifeStyle

20171005152409_826_.jpg

JBLブランド初、Googleアシスタント搭載スマートスピーカー「LINK 10/20」 - AV Watch

ソニー、パナソニック、JBLという人気AV機器メーカーが名を連ねるのはインパクトが大きい。ソニーは、当然、自社のスマートテレビにもGoogleアシスタントを搭載していくのは間違いないだろう。

いよいよGoogle Assistant搭載の他社製スマートスピーカーがどしどし登場! | ギズモード・ジャパン

それ以外にも、中国メーカーから安価なスマートスピーカーが続々出てきそうな気配がするのは、Androidタブレットなんかと似たような状況も感じる。

Googleアシスタント搭載で一気に注目のNvidia「Shield TV」。テレビも見れてゲームもできるGoogle Homeに進化 | ギズモード・ジャパン

shield-tv-family-16gb-297-t.png

テレビに繋ぐNvidia「Shield TV」にも、アップグレードでGoogleアシスタントが搭載されたそうだし、何より、今後発売されるAndroidスマホ/タブレットやAndroidTV端末には、自動的にGoogleアシスタントが搭載されるのが確実なのは強みだろう。

その2社に比べると、Clova WAVEは、歴史も浅いだけに、他社との連携も弱い。

「プリウスにLINE搭載」何が便利になる? トヨタ×Clovaが推進、コネクテッドカー規格「SDL」の可能性 | ニコニコニュース

トヨタの車にClovaが乗る可能性があるようだが、トヨタのようなグローバル市場で勝負している会社が、日本と韓国でしか強みがないLINEと本気で手を組むとは思ないな。

その他、Appleは他社にSiriをライセンスするとは思えないから、独自路線を貫くのだろう。

マイクロソフトに至っては、自社でスマートスピーカーを発売しないようで、

yu_invoke1.jpg

Microsoftの「Cortana」搭載ハーマン・カードンスピーカー、199.95ドルで発売 - ITmedia NEWS

最初に発売されるCortana搭載スマートスピーカーは、ハーマン・カードン(JBL)からとなる。
ビジネスモデル的には、Cortanaを他社にもライセンスして広めたい筈だが、後出しだけにどこまで広がるかは疑問。
さらに、Windows Phoneは事実上の撤退だし、Windowsプラットフォームを通して広げるのがせいぜいだろう。

AmazonとMicrosoft、AlexaとCortanaの会話で合意――両社の人工知能アシスタントの互換性増大へ | TechCrunch Japan

あとはAmazonとのAIエンジンの連携から広げるぐらいしか次の手が見えず、むしろ、自ら撤退の口実を作っているようにも見え、最終的にAmazon陣営に吸収されて、実際に撤退となる気がしなくもない。

それ以外に、日本だと、NTTドコモや、シャープのように独自の音声AIエンジンを開発し、製品化しているベンダーもあるが、今からの時代、日本語だけを得意としてビジネスを広げようとしても、スケールメリットがないから勝ち目はあるように見えない。
いずれも、先々は、グローバルベンダーに、日本語AIの強化のために買収される結末が見える気がするな。

となると、最終的には、先行者のAlexaと、技術力のGoogleアシスタントの一騎打ちになるのは間違いなさそうだ。

ただ、両陣営についた3rdベンダーも、機能的な差別化は困難であり、差別化ポイントとしては、音質とか値段で勝負するしかないので、最初からかなりの消耗戦を強いられるだろう。

その意味では、コストで勝ち目がない日本メーカーは、中国メーカーに圧倒されて、早々と終わる気がしなくもない。

最近のヘッドホンやポータブルオーディオを見ていても、中国製品の質はぐんぐん向上しており、その実力は決してバカにできない。

日本メーカーが生き残るとしたら、ソニーのように自社のテレビに標準搭載する形か、一台売るだけでボロ儲けできる高級オーディオ製品としての味付けで、ニッチな市場を狙うかの、どちらかだろうな。

関連記事:
アマゾンがスマートスピーカー「Amazon Echo」を国内発売:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ





ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ



スポンサードリンク



nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。