SSブログ

ミニパソコン「GPD Pocket 2」が今秋発売に [パソコン]

スポンサードリンク



ミニパソコン「GPD Pocket」が発売された:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ

以前、スーツのポケットに入れて持ち運べるミニパソコン「GPD Pocket」について取り上げたことがある。
最初は欲しいと思っていたのだが、実際に現物に触る機会があって、触ってみた結果、キー配列が変則過ぎて、とてもではないが耐えられるとは思えず、買う気を失ってしまった。

2_o.jpg

【特集】AtomからCore m3への変更で性能+品質も高まる「GPD Pocket 2」 ~Wade社長、日本サポートセンター開設を公言 - PC Watch

GPD、Kaby Lake-Y搭載で薄くなった「GPD Pocket 2」を10月に発売へ - PC Watch

その後継機種である「GPD Pocket 2」が10月には発売されるという。

・当初はポインティングデバイスは廃止の予定だったが、要望が多く、本体右上に光学式ポインティングデバイス、左上に左右クリックボタンを設けた
・CPUがAtom x7-Z8750からCore m3-7Y30(1GHz、ビデオ機能内蔵)に変更され、CPU性能、GPU性能共に、ほぼ2倍にアップした
・プラスチック筐体からマグネシウム合金筐体に変更し、放熱効率を改善し、480gから465gに軽量化された
・空冷ファンは搭載されているが、ファンを停止できるボタンが追加された(ファンを停止すると、高負荷時に処理速度が低下する)
・キーボードも金型からおこし直し、キー配列も根本から見直し、ホームポジションに手を置きやすくした
・フットプリントは181×113mm(幅×奥行き×高さ)と若干大型化しが、くさび形の筐体の厚みは8~14mmへと薄型化
・メモリは標準で4GB、オプションで8GB搭載可能
・内蔵ストレージは、128GBのSSDから、より高速で放熱性に優れたeMMCに変更
・新たにmicroSDカードスロットを追加
・バッテリは6,800mAhのリチウムポリマー充電池を搭載し、駆動時間は約6~8時間
・5V/3A、9V/2.67A、12V/2A出力可能なACアダプタが付属し、5Vのモバイルバッテリからの充電もサポート

1,920×1,200ドット表示対応の7型H-IPSパネルの画面や、Windows 10 HomeのOSは、旧モデルと変わらない。

筐体サイズ、重さもほとんど変わらず、それ以外は、旧モデルから大幅に改良されているにも関わらず、価格は$599からになる予定という。
旧モデルは、税別59,800円だったから、これだけの大幅機能アップで1万円程度アップなら、妥当な価格だろう。

キー配置やキーピッチも、先代モデルよりは改善されているように見えるので、現物を触ってみて、気に入れば、今度こそ本当に買うと思う。

関連記事:
ミニパソコン「GPD Pocket」が発売された:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

GPD Pocket
価格:59184円(税込、送料無料) (2018/7/26時点)



ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ



スポンサードリンク




nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。