SSブログ

Amazon「Fire HD 8」新モデル発表 [タブレット端末]

スポンサードリンク



20180907_firehd8-w1280.jpg

アマゾンが新「Fire HD 8」発表 8インチで8980円の高コスパ - Engadget 日本版

2018年9月6日に、Amazon.co.jpから、8インチ液晶パネル搭載のFire OSタブレット端末「Fire HD 8」の2018年モデルが発売された。
すでに予約受け付けは始まっており、出荷開始日は10月4日の予定とのこと。

今回の新製品は、2017年5月に登場した前世代モデルとほとんど変わっておらず、フロントカメラが強化され、従来のVGA相当から、アウトカメラと同等の有効画素数約200万画素になったことぐらい。
対応microSD(microSDXC)カードの容量が従来の256GBから400GBに増えたが、これはファームウェアの対応なので、前世代モデルもすぐに対応するだろう。

となると、今回の新製品の最大の売りは、内蔵ストレージ容量16GBモデルが税込8,980円,同32GBモデルが税込10,980円という価格になるのだろう。

16GBモデルは、前世代モデルよりさらに1,000円安くなった。今後、プライム会員向けのセールなどでは、さらに安くなることが期待できるだろう。

外形寸法は214×128×9.7mm(横×縦×厚み)、重量は369gと、8型タブレットとしては、それ程薄型軽量と言う訳ではないが、この値段では文句も言えない。

なお、この端末は、GooglePlayが利用できる通常のAndroidタブレットではなく、ゲームを含めたAmazonの提供するコンテンツを楽しむ端末であり、以前は、そのターゲットをかなりKindleの電子書籍にフォーカスしていたのだが、最近は、電子書籍だけでなく、ゲームやアプリ、そして、Amazonプライムビデオや、Amazon Prime Musicなどの動画や音楽配信もターゲットに加え、FireTVに動画をキャストする機能や、Dolby Atmosデュアルステレオスピーカーを搭載搭載したりして、AV端末としても使えるよう端末コンセプトがシフトしている。

連続動作時間も公称最大10時間と、丸一日使えるスタミナを確保しており、持ち歩きにも耐える。

Amazonプライム会員に加入していて、現在一台もFireタブレットを持っていないなら、これを機に、1台は持っていて損はない端末だと思う。

ただ、今後、プライムセールなどで、さらに安くで買える機会がないとも言えないので、急いでいなければ、そうしたセールの機会を待つのも一つの手だろう。

関連記事:
Amazonの10型タブレット「Fire HD 10」の新モデル発表:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ



ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ



スポンサードリンク




nice!(2)  コメント(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。