So-net無料ブログ作成

デジカメ「DSC-RX100」用のスマホ「GOME U7」が届いた [スマートフォン]


スポンサードリンク





IMAG0551.jpg

GOME U7のスペック!対応バンド、機能、最安値まとめ! - ガルマックス

円筒型デジカメ「DSC-RX100」と組み合わせて使う専用のスマホ「GOME U7」をAliExpressで注文していたのだが、それが届いた。
お店から、電源プラグの変換アダプタ(中国→日本、日本→中国)2種類が、オマケで付いていた。

IMAG0554.jpg

付属品は、USB TYPE-Cケーブル、ACアダプタ、SIMイジェクトピン、クリアケース、TYPE-Cからのイヤホンジャック変換ケーブルと割と盛りだくさん。

本体には、一応、液晶保護フィルムも貼られていたが、これは運送の保護用っぽいので、貼り直した方がいいかも。

届いて初めて気づいたのだが、この端末、イヤホンジャックがない。使いたければ、Bluetooth経由か、TYPE-Cからのイヤホンジャック変換ケーブルを使用する必要がある。

そのくせ、FMラジオ機能が搭載されており、FMラジオアプリを立ち上げると、イヤホンジャックにヘッドホンを繋げ、と言ってくるのは、矛盾しており、いかにも中華端末らしい。

外観をチェックしていて気になったのは、リアカメラが1つなのに、フロントカメラが2個横に並んでいること。
さらに、本体右側面に電源ボタンと音量の上下ボタンがあるのは普通だが、本体左側面にもボタンがあり、これを押しても何の反応もないこと(これを何に使うかは後で判明)。

CPUがオクタコア、RAMも4GB搭載することもあってか、操作レスポンスは、約1万円の端末にしては、悪くない。

ルーティンのごとく、Wi-Fiの設定後、Googleアカウントを設定し、アカウントに結び付いたデータの同期を取る。

ここで一点気になったのは、基本スペックは高いのに、Wi-Fiは2.4GHz帯しかサポートしないこと。だから、通信速度が遅くて、アプリのダウンロードや、Googleフォトへの写真のアップロードなどは、時間がかかるので若干イライラする。

ファームウェアの更新もチェックしてみたが、特になし。中華端末には、期待してはいけない部分だ。

バッテリー容量は3,050mAhあるが、実際のバッテリーの持ちも悪くない。
時々触る程度だと、丸3日は持つ感じなので、円筒型デジカメ「DSC-RX100」と組み合わせて撮影する場合も、「DSC-RX100」より先にバッテリーが切れることはなさそうだ。

セキュリティ機能では、指紋認証だけでなく虹彩認証にも対応するという。虹彩認証できる端末は、初めてだな。

虹彩認証とは、目の白目部分にある血管のパターンで個人認証するもので、顔認証がメガネをかけると認証されないのに比べると、メガネをかけても認証されるらしく、試してみたい。

ところが、その虹彩データの登録方法が、初体験なので、よくわからない。
どうやら「設定>セキュリティ>Iris ID」を選ぶと、フロントカメラが立ち上がり、虹彩パターンの読み取りを行うみたい。
この時、メガネは外すように言われるので、外して登録作業を行った。
距離を30cmほど離すと、虹彩を認識するようで、そこから1分もかからず登録完了となる。

さてここから、虹彩認証の方法だが、ロック画面で、用途不明だった本体左側面にあるボタンを長押しすると、フロントカメラが立ち上がって虹彩をチェックし始める。このボタン、虹彩認証のためにあったのか。
ちなみに、フロントカメラが横に2個並んでいるのも、虹彩撮影のためみたいだ。

この時、やはり30cmぐらいは離す必要があり、離した途端認証成功し、デスクトップメニューが表示された。
もちろん、認証に失敗することもあり、その場合、ロック画面に戻り、ボタンを押しても虹彩認証の画面に変わらない。こうなってしまうと、あらかじめ設定したPIN入力などでロックを解除するしかない。

ところで、メガネを掛けた状態で、虹彩認証を試してみたが、メガネに照明の光が反射していたりすると認証できないが、瞳がしっかりカメラに写っていれば、メガネを掛けていても無事認証された。
この点では、顔認証よりいいかもね。

ただ、ボタンを長押ししないと認証が始まらないし、スマホと目の距離も結構シビアに調整しないと認証されないのは、やっぱりかったるい。

認証精度の問題は置くとして、スタンバイ状態から、センサーに指でタッチするだけで直ちに認証される指紋認証の方が手軽で、認証操作が短時間で済むのは間違いないな。

ファーストインプレッションはこんなところだ。

なお、「GOME U7」のモバイル通信の対応バンドは、4Gの対応バンドが、FDD-LTE: B1/B3/B5/B7/B8/B34、TDD-LTE: B38/B39/B40/B41となっていて、au、NTTドコモには適さないが、私が使用中のソフトバンクには使えそうだ。

Softbankで持ち込み機種変更したらこうなった【Softbank USIMカード(F) ZTWDK1】 - 今さら○○的な

ただし、ソフトバンクのSIMカードを使えるようにするには、ショップに持参し、許可が必要らしく、しかも、許可してもらえる端末は技適マークがあるものだけみたいなので、GOME U7をソフトバンクのSIMで使うのは事実上無理みたいだ。

現在、ソフトバンク契約のスマホ「HTC U11」のSIMを抜いて、「GOME U7」に差しても使うことはできないようで、auやNTTドコモは問題なく出来たことなのに、ソフトバンク、面倒くせー! がっかりだな。

関連記事:
「DSC-QX100」専用にスマホ「Gome U7」を購入:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ

AliExpress.com Product - Original GOME U7 5.99 Inch 2160x1080 pixels IPS Screen Octa core 4GB RAM 64GB ROM 13.0MP+13.0MP Fingerprint Iris Recognitio



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【中古】SONY製 Cyber-shot DSC-QX100 ブラック 2020...
価格:35769円(税込、送料別) (2019/4/28時点)



ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

<スポンサードリンク


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。