SSブログ

スパコン世界ランク「TOP500」は、米国が3連覇 [科学技術]

スポンサードリンク



スパコン世界ランク、米3連覇 日本は「ABCI」8位が最高 - 産経ニュース

スーパーコンピューターの計算速度の世界ランキング「TOP500」が、6月17日に発表された。

ja-JP-systems-summit-supercomputer.jpg

首位は、米オークリッジ国立研究所の「サミット」で、計算速度は毎秒14京回以上。
2位は米ローレンスリバモア国立研究所の「シエラ」。
3位は中国・無錫スパコンセンターの「神威太湖之光」で、ここまで、昨年11月の前回発表とランキングも性能も同じ。

「サミット」が「神威太湖之光」を抜いて首位に立ってから3連覇ということで、ここ3回無風状態が続いている。

日本からは、産業技術総合研究所の「AI橋渡しクラウド(ABCI)」8位に入った。

AI橋渡しクラウド - Wikipedia

「AI橋渡しクラウド」は、人工知能・機械学習・深層学習での使用を目的としたスパコンで、プロセッサは、Intel Xeon Goldと、NVIDIA Tesla V100(GPU)の組み合わせらしい。
なお、まだシステムは拡張の途中で、完成すれば、今のランキングで5位ぐらいには達しそうだ。
ただ、AI専用のスパコンなので、元々「TOP500」のトップを狙って作られているものではないし、狙う必要もないのだろう。

ある時期、性能トップを獲得した理化学研究所の「京」は、現在20位。
これが、今年8月に運用が停止される予定で、その後には、後継機の「富岳」が設置されるという。

スパコン京の後継機は「富岳」 性能百倍、頂点へ期待:朝日新聞デジタル

富岳は2021年の供用開始を目指しており、理研と富士通は国の補助を受けて、京の約100倍の性能を狙い、2014年から開発を続けているという。

富士通が開発したCPUである A64FX を搭載する。京は、SPARCアーキテクチャで、富士通設計し製造を行ったが、今回のCPUは、富士通が設計を行ったものの、ARMv8-Aベースに、スーパーコンピュータ向けに拡張したSVE(Scalable Vector Extension)を搭載したのもので、製造も海外の最新プロセス(おそらくTMSCあたり?)で製造することで、一層の低消費電力化も狙う。

想定する演算性能は倍精度で400ペタFLOPS(1秒当たりの浮動小数点演算回数)前後の見込みで、京の約40倍。
アプリケーション実行性能では、京の100倍を目指すという。

もくろみ通りであれば、100京回。
現状、14京8600兆回でトップの「サミット」を大幅に上回ることになるが、その間、他の国(特に中国)も何もしていない訳はないので、狙い通りトップを取れるかは分からない。

ただ、しばらくスパコンのアップデートがない中国なので、間違いなく次世代を開発中だと思うのだが、スパコンの開発に、今の不景気がどの程度影響があるのか気になるところ(国の予算だから関係ないのかな?)。

「富岳」が動き始めるのは、オリンピックが終わった後の2011年。果たして、そこで理研の威信は保てるのだろうか?
楽しみに待ちたい。

関連記事:
中国「スパコン世界1位」に見え隠れするパクリ国家の限界:今日のクソ記事:So-netブログ



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

スパコンを知る その基礎から最新の動向まで [ 岩下武史 ]
価格:3132円(税込、送料無料) (2017/8/24時点)



ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ




スポンサードリンク




nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。