SSブログ

クラウドSIM対応のモバイルWi-Fiルーターの今のベスト [携帯キャリア]

スポンサードリンク



クラウドSIMによるモバイルWi-Fiルータ:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ

以前、eSIM採用のモバイルWi-Fiルータをという技術を使い、国内3キャリアのNTTドコモ、au、ソフトバンクの回線を場所により自動的に切り替えながら、使えるサービスが登場し始めたことをご紹介したが、その際、その時点で月額料金で一番安いのは、「Mugen WiFi」のようだった。

入会事務手数料は税別3,000円で、2年縛りの場合の月額料金は、税別3,280円よいうもので、極端な使い方だと速度制限がかかるが、基本的にパケットは使い放題で、この金額なら、WiMAX2+とも対等に勝負ができそうなので、私も次の機種変更先として、検討対象に入れている。

クラウドSIM対応のWi-Fiルーター9社を徹底比較!コスパ・容量・海外利用で選ぶならどこ? - 探そーと|インターネット回線の総合情報サイト

その後、「Mugen WiFi」より安い料金プランはないものが探してみたら、こちらの「hy-fi」というサービスが見つかった。

image1-3.jpg

【hy-fi】クラウドSIM搭載最新式ハイパーマルチWiFi

この会社も、最初に発表されたプランは、他社とあまり変わり映えが市内料金プランだったのだが、最近追加された「ライトプラン」というのが、なかなかお得っぽい。

事務手数料は税別3,000円と普通で、2年契約の場合の使い放題の月額料金も、税別3,280円で「Mugen WiFi」と同じ(ただし、クレジットカード決済の場合のみ)。

ただ、こちらは、契約した初月は0円で、翌月は税込980円となり、3か月目からは税別3,280円になるため、2年間の契約で見ると、「Mugen WiFi」より若干安いことになる。

ただし、2年未満での解約に対しては、解約金が9,500円が請求され、端末を紛失した場合、弁済金として15,000円が請求されるので、その点では注意が必要。
また、ネットをググると、「hy-fi」のサポートはあまりよくないという意見も目につくため、その点でも覚悟は必要かもしれない。

LL_img_163641_1.png

モバイルWi-Fiルータ自体は、「Mugen WiFi」他と同様eSIM対応の「U2s」という製品を使う。
127x65.7x14.2㎜の分厚いスマホサイズで、重さもスマホ並みの約149gあるが、バッテリーの持ちもよく、余裕で1日に持つようだ。

他にこれより安いサービスが出てこなければ、これに乗り換えようかな?

関連記事:
クラウドSIMによるモバイルWi-Fiルータ:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ





ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ



スポンサードリンク




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。