SSブログ

一足先に、FUJI WiFiの契約を変更 [携帯キャリア]

スポンサードリンク



fujiwifi.jpg

現在、FUJI WifiのモバイルWi-Fiルータで、「WiMAX2+ with au4G/LTEプラン」を借りて使っている。

これが、月額税込み3,218円(税別2,980円)なのだが、

クラウドSIM・ギガ無制限のWi-Fiキャリア一覧表とメリットデメリット

最近、話題のクラウドSIMで使い放題のプランでも、なかなかこれより安いサービスがなく、今までずるずると使い続けていた。

ところが、最近になってFUJI Wifi自身が、安価な新しいキャンペーンを始めていることを知った。

【新生活応援キャンペーン2020】 - FUJI-Wifi Official

2020年2月1日(土)~2020年4月30日(木)〈日本時間〉の間に、サイトに表示されているクーポンコードを入力して契約すると、ソフトバンクSIMカードのみのプランだと、次の料金で使い続けられるという。

・SIM50ギガプラン(月々払い):月額税別1,980円
・SIM100ギガプラン(月々払い):月額税別2,480円
・SIM200ギガプラン(月々払い):月額税別2,980円

私が、これまでFUJI WifiのモバイルWi-Fiルータを使っていて、月に使ったデータ量は平均的には20GBぐらいだし、最大でも30GBぐらいだった。
私の場合、家では光回線を使うし、出先でラジオ番組はよく聞くが、あまり動画を見たりはしないから、このぐらいで済んでしまうのだと思う。

なので、私の場合、「SIM50ギガプラン」で十分ということになるから、税込み2,178円で済み、現在契約中の「WiMAX2+ with au4G/LTEプラン」より、1,000円以上節約できることになる。

そのため、このSIMを、DSDV対応のスマホの第2SIMカードスロットに差して、常時デザリングで、通話兼モバイルWi-Fiルータとしても使うことにする。

使うのは、DSDV対応のSIMフリーで、バッテリー容量も大きなスマホ「Umidigi F1」。
現在、街歩きをするときに、モバイルWi-FiルータにWi-Fi接続して、Googleマップなどを見るために使っているスマホだ。

ディスプレイは大画面で高精細だし、SoCはミッドレンジスマホの性能があるし、バッテリーも大容量なので、常時テザリング状態にして、モバイルWi-Fiルータ代わりに使うには手頃だ。

私のソフトバンクのスマホの契約更新月は5月なのだが、FUJI WifiのモバイルWi-Fiルータはレンタルなので、いつでも解約できることから、一足早く3月末で解約し、代わって4月頭からは「SIM50ギガプラン」のSIMカードを「Umidigi F1」の第2SIMスロットに差して、まずはモバイルWi-Fiルータとしてのみ使い始めることにしたのだ。

「Umidigi F1」は、DSDV対応のスマホなので、最終的には第1SIMカードスロットに、通話用SIMを差して、通話/SMS用にも使う予定はあるのだが、それは、現在契約中のソフトバンクのスマホの更新時期の5月になってから。
れについては、改めてその時期が来たらレポートしたい。

関連記事:
2020年5月は家族全員のスマホ契約更新時期(3) 私:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ





ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ



スポンサードリンク




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。