SSブログ

オリンパスのコンデジ「Stylus SH-2」の簡単な感想 [デジタルカメラ]

スポンサードリンク



000059511.jpg

オリンパスのコンデジ「Stylus SH-2」を実際に使ってみた感想を簡単に書いておきたい。

STYLUS SH-2 | コンパクトデジタルカメラ Sシリーズ | オリンパス

まずは、24倍の光学ズームと、超解像デジタルズームを併用した48倍ズームを使ってみたら、その凄さを体感できた。

スーパームーン 今夜も関東から九州で楽しめる(日直予報士 2020年04月08日) - 日本気象協会 tenki.jp

具体的には、4月8日(水)に、スーパームーンを撮影してみたのだが、

P4080087.JPG

48倍デジタルズームで撮影すると、ここまではっきりと月の表面が撮影できた。

ズーム時の手振れ補正も、なかなか凄い。
ズーム時に、手振れ補正をオンにすると、手振れが明らかに減るのが分かるし、「EX-ZR500」並みに、暗所での手振れが少ないのも分かる。

上の月の写真も、カメラを手持ちして撮影したもの。
三脚を使えば、さらにクリアな写真が取れると思うが、手持ちでもほとんど手振れしていないことが分かる。

また、少し前になるが、一度、週末の街歩きに使ってみた。

本体も重めのところに、革製のケースも割と重量があるので、首から長時間ぶら下げていると、やや重い印象はあるが、何とか許容範囲か。

操作レスポンスは、「EX-ZR500」には負けるが、全般に快適で不満はない。

フルオートの撮影は、とても安定していて、日が暮れてからの暗所でも、「EX-ZR500」に負けない手振れが少ない高感度撮影が可能だ。

動画撮影では、静止画より手振れ補正の効果がよく分かるし、撮影画質も、最高でフルHD(1080Pの60FPS)が選べて、1080Pの30FPSまでしか選べない「EX-ZR500」に比べていい。

一方、バッテリーの持ちは、さすがに「EX-ZR500」に敵わない。

週末の街歩きで、朝10時ごろから使い始めたのだが、午後3時過ぎには、バッテリーの残量警告が表示され始め、午後4時頃にはシャットダウンしてしまった。

このコンデジで、バッテリー交換なしに、丸一日、使い続けるのは難しいようだ。

とはいえ、このコンデジ、もともと、オリンピックなどの会場で、望遠で写真撮影をしたいために購入したので、半日程度使い続けれられれば、目的に対しては十分だろう。


中古だが、あまりバッテリーが劣化しているわけでもなさそうなので、今のところバッテリー(LI-92B 2,200円)の追加購入はしないつもり。

新型コロナウィルスの影響で、肝心のオリンピック・パラリンピックの開催が来年にずれてしまったが、来年、競技が生で見られるのを楽しみにしたいと思う。

関連記事:
届いたオリンパスのコンデジ「Stylus SH-2」について:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ





ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ



スポンサードリンク




nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。