SSブログ

Xiaomi「Redmi Note 9S」で「TWS Plus」を試す(2) [スマートフォン]

スポンサードリンク



Xiaomi「Redmi Note 9S」で「TWS Plus」を試す(1):トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ

さて、TWS Plusの原理とメリットを説明したところで終わってしまったが、今回は、その続き。

TWS PlusというBluetooth Audioの接続方式だが、現状、これを利用するには、大前提としてワイヤレスホンとスマホの両側のハードウェアが次の条件を満たす必要があることが発表されている。

・左右独立型ワイヤレスホン側

クアルコムのQCC5100系(ハイエンド)/QCC3026(ミドルレンジ)/QCC3020(ローエンド)のいずれかのSoCを搭載し、Bluetooth 5.0に対応していれば、TWS Plusに対応している。

Haylou-GT1-Plus-TWS-Bluetooth-5-0-Noising-reduction-Earsets-889452-.jpg

私が先日購入したXaomi「Haylou GT1 Plus」は、QCC3020を搭載しており、TWS Plusに対応することも明記されている。

・Android端末側

SoCとして、クアルコムのハイエンドSoCである、Snapdragon 845/855を搭載し、Bluetooth 5.0に対応し、スマホ側のファームウェアがTWS Plusに対応している必要があるという。

Xaomi「Haylou GT1 Plus」が2,000円強で手に入ることからも、ワイヤレスホン側の対応条件はそれほど厳しいものではないが、Android端末側の条件はかなり厳しい。

まず、TWS Plus自体が、クアルコム独自技術のため、クアルコム以外のベンダーのSoCでは、現状、対応するスマホはない。
しかも、Snapdragon 845/855というSoCはクアルコムの中でもハイエンドであり、1年古いSnapdragon 845であっても、10万円近くするスマホが普通なので、とてもではないが手軽に買えるものではない。

しかも、Snapdragon 845/855を搭載していても、ファームウェアがTWS Plusに対応していない製品が、OPPOなどの中国の主力ブランドでさえもあることが確認されており、TWS Plusの効果を試そうにも、スマホの入手が大変難しい状況だったのだ。

そもそも、TWS Plusためのだけに、10万円近くかけてハイエンドスマホを買うというのも、馬鹿馬鹿しい話だ。

そのため、Xiaomi「Haylou GT1 Plus」をTWS Plus接続で試すということは、当面できなさそうだと、半ば諦めていたところに、うっかり買ってしまったXiaomiのスマホ「Redmi Note 9S」だが、これが予想外にも、TWS Plusに対応しているらしいのだ。

「Redmi Note 9S」のSoCは、Snapdragon 720Gであり、これは、Snapdragon 845/855のワンランク下のミッドハイというジャンルに属しており、クアルコムのTWS Plus対応SoCのラインナップには入っていない。

価格.com - 『Bluetoothイヤホンの音量』 Xiaomi Redmi Note 9S 64GB SIMフリー のクチコミ掲示板

価格.com - 『対応しているbluetoothの規格について』 Xiaomi Redmi Note 9S 64GB SIMフリー のクチコミ掲示板

Snapdragon 720G搭載のミドルアッパーレンジ端末「Xiaomi Redmi Note 9S」発売!性能・スペックレビュー | スマホLABOホンテン

ところが、「Redmi Note 9S」のレビューをいろいろ読んでいるうちに、本来対象外のSoCであるにもかかわらず、Bluetooth 5.0に対応しており、内蔵ファームがTWS Plusに対応しているらしく、実際に、TWS Plus対応のワイヤレスホンとの接続に成功している例が報告されているのだ。

さらには、コーデックの面でも、LDAC、atpXでの接続成功例はあるようで、開発者者向けオプションには、atpX HD、atpX Adaptive、LHDCといったハイレゾ対応コーデックの選択肢もあり、これらのコーデックでの接続も期待できそうだ。

Screenshot_2020-08-14-11-27-24-585_com.miui.misound.jpg

また、「設定>サウンドとバイブレーション>サウンドエフェクト」の画面には、他のスマホにはない、接続した有線ヘッドホンの種類に応じたイコライジング設定項目もあり、相当オーディオ再生に力を入れているスマホであることが分かる。

これは、ポータブルDAPとして試さない手はない。

ただ、またもや、説明だけで長くなってしまったので、Xiaomiのスマホ「Redmi Note 9S」と、Xiaomiの左右独立型ワイヤレスホン「Haylou GT1 Plus」の組み合わせでの動作検証の結果は、後日としたい。

関連記事:
Xiaomi「Redmi Note 9S」で「TWS Plus」を試す(1):トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ
Xiaomi「Redmi Note 9S」で「TWS Plus」を試す(3):トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ






ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ



スポンサードリンク




nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。