SSブログ

Xiaomi「Redmi Note 9S」で「TWS Plus」を試す(3) [スマートフォン]

スポンサードリンク



BluetoothのTWS Plus接続に対応したXiaomiのスマホ「Redmi Note 9S」と、Xiaomiの左右独立型ワイヤレスホン「Haylou GT1 Plus」の組み合わせで、動作検証をしてみた。

と言っても、拍子抜けするほど簡単だった。

普通に、充電ケースから「Haylou GT1 Plus」の左右のイヤホンを同時取り出し、右イヤホンがペアリング待機状態になったら、「Redmi Note 9S」のBluetooth設定画面を開き、右イヤホンとペアリングする。

ペアリングが成功すると、自動的に左イヤホンがペアリング待機状態になり、それもまもなく「Redmi Note 9S」とペアリング完了し、

Screenshot_2020-08-13-09-06-10-180_com.android.settings.jpg

このような画面になり、左右のイヤホンが同時にペアリング状態となる。
左右どちらにも「atpX」「TWS」のマークが表示されて接続が完了し、実際に、「Haylou GT1 Plus」から音が出るようになった。

ただ、一瞬、本当に「TWS Plus」で接続されているのかな?とは疑ったのだが、「接続>追加設定>開発者向けオプション>Bluetoothオーディオコーデック」のメニューをタップすると、

Screenshot_2020-08-13-09-10-50-784_com.android.settings.jpg

「Qualcom aptX TWS+ オーディオ」が自動選択されており、どうやら間違いなく「TWS Plus」で接続されているようだ。

なお、開発者向けオプションメニューは、「設定>デバイス情報>MIUIバージョン」の項目を連打しすれば、「設定>追加設定」内に表示される。

実際に、「Google Play Music」で、自分の音楽ライブラリで、左右の音像移動が明確な音源を再生してみたら、しっかり、ステレオで再生されていたので、うまくTWP Plusで接続されたみたいだ。

よく考えたら、Xiaomiの製品同士なのだから、そもそもメーカー側でも接続検証済なのかもしれない。

コーデックもaptXで接続されているため、再生される音楽の音質も、SBCでは絶対に出ない繊細な高音が再生できており、「Redmi Note 9S」が、ポータブルDAPとして、なかなか有能であることが分かる。

以前にも説明したが、「TWS」対応の左右独立型ワイヤレスホンは、一つのBluetoothチャンネルを時分割で、L+Rのデータ伝送と、Lのデータ伝送を行っているが、「TWS Plus」では、LとRのデータ伝送をそれぞれのイヤホンに行うため、片耳あたりではより広い帯域を使うことができる。

そもそも、左右独立ではないBluetoothワイヤレスホンは、スマホとL+Rのデータ伝送を行っているだけだったので、「TWS」対応の左右独立型ワイヤレスホンは、原理的に左右独立ではないBluetoothワイヤレスホンより、音質も、接続安定性も劣っていた。

しかし、「TWS Plus」対応左右独立型ワイヤレスホンは、左右独立ではないBluetoothワイヤレスホンと、一つのBluetoothチャンネルで伝送するデータ量はL+Rのデータ量でほぼ同じ(厳密には時分割のオーヘッドはあるが)なので、これにより、ようやく左右独立型ワイヤレスホンの音質が、左右独立ではないBluetoothワイヤレスホンに追いつける技術的下地ができたと言える。

さらに、左右独立ではないBluetoothワイヤレスホンは、アンテナは一か所にあり、それがスマホ本体のアンテナとネゴシエーションを行い、変調パラメータを決定して通信を行うが、「TWS Plus」対応左右独立型ワイヤレスホンは、左右のイヤホンがそれぞれ別にアンテナを持っており、個別にスマホとネゴシエーションを行うため、接続安定性について見れば、むしろ左右独立ではないBluetoothワイヤレスホンより改善される可能性もあるだろう。

現在は、クアルコムの独自技術ということで、一部のハードウェアでしかサポートされていない「TWS Plus」だが、原理的には、Bluetooth 5.0に対応し、複数のオーディオデバイスと同時に接続し「TWS Plus」接続をサポートするファームウェアを搭載すれば、クアルコム以外のハードでも利用可能である。
「TWS」よりCPU負荷は増えることから、ローエンドSoCでは、他の処理に悪影響が出る可能性があり、SoCはミッドレンジクラス以上は求められそうだが、条件はその程度。

問題は、クアルコムが「TWS Plus」の技術を広くライセンス供与するかどうかなのだが、

クアルコム完敗、ライセンス料の大幅低下も 米判決徹底分析 | 日経クロステック(xTECH)

昨年、裁判で、クアルコムが、様々なソフトウェア技術に関するライセンスを、これまで自社SoCの採用時のみに限定したのを、競争法違反と認定し、違反行為の差し止めとその是正を命じる、FTC(米連邦取引委員会)が全面勝訴の判決が出た。

このため、おそらく、今後は、他社SoCを採用した「TWS Plus」対応のスマホや、ワイヤレスホンも、たくさん出るようなるだろうと思う。

さて、「Redmi Note 9S」は、ポータブルDAPとして使うには、デカ過ぎるし、重過ぎるとは思うが、宅内で音楽を聴くには、いいかも。
とはいえ、ハイエンドに近いスマホを家で音楽を聴くだけに使うというのは、ちょっともったいなさ過ぎるので、悩ましいな。

関連記事:
Xiaomi「Redmi Note 9S」で「TWS Plus」を試す(2):トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ
「MSI S20」の残るセットアップを完了:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ






ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ




スポンサードリンク




nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。