SSブログ

コンパクトスマホの新製品(2)「SOYES X60」 [スマートフォン]

スポンサードリンク



H5cdb58a7d9fa4865a8be97af3491c497a.jpg

我が家でも、ポータブルDAPとして「Soyes S10」を使っているが、そのSoyes社から、コンパクトスマホの新モデル「SOYES X60」が発売になった。

SOYES X60 Mini Smartphone Support Google Play 3GB 32GB 3.5" 1800mAh Android 6.0 Face ID Unlock 4G Student Mobile Phone VS S10 XS|Cellphones| - AliExpress

3.5インチで、960x640ピクセルの超縦長の液晶ディスプレイを搭載し、本体サイズは、100x45x10mmという、私が今使っている「SOYES S10」より縦に細長い形状。

筐体的には、新たに型を起こした新モデルであるのは間違いないだろう。

その他のスペックを見てゆこう。

・SoC:MediaTek製型番不明(4コア)
・モバイル通信:2G/3G/4G LTE対応、DSDS対応
・RAM:3GB
・内蔵ストレージ:32GB
・バッテリー容量:1,800mAh
・インタフェース:Micro USB
・メモリカード:最大64GBのmicroSDカードに対応(第2SIMと交換)
・カメラ:500万画素(リア)、200万画素(フロント)
・赤外線リモコン機能

ハードウェア的に見れば、よくあるコンパクトスマホに見える。
SoCの詳細は不明だが、他の端末より高性能なら、必ずセールストークに書くのが中華ブランドなので、あえて隠すということは、極めて平凡なのだと思う。

赤外線インタフェースが付いていて、家電リモコン機能がある点だけが目新しいところだろう。

・OS:Android 6.0
・Google Playストア:対応
・日本語を含むマルチ言語対応
・顔認証アンロック対応

ソフトウェア面では、Androidが6.0だとすると、「Soyes XS」の時代から変わっていないことになる。

私も、「Soyes S10」を使っていて、すでにAndroid 6.0がサポート外になり、使えなくなるアプリが増えてきており、すでに6.0のOSとしての寿命は尽きてきつつある。

それなのに、これから出す製品にAndroid 6.0を搭載するというのは、商品価値としてお話にならない。Android 7.0だったとしても、持ってあと1年であり、買う価値は感じない。

価格は、1万円を切っており、発売当初から高くはないのだが、OSがこんなに時代遅れでは、さすがに買う価値はないと思う。

関連記事:
コンパクトスマホの新製品(1)「Cubot KingKong MINI2」:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ
コンパクトスマホの新製品(3)「SOYES S10-H」:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ

AliExpress.com Product - SOYES X60 Mini Smartphone Support Google Play 3GB 32GB 3.5" 1800mAh Android 6.0 Face ID Unlock 4G Student Mobile Phone VS S10 XS



ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ



スポンサードリンク




nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。