SSブログ

「OPPO RENO A」が届いたが、ちょっとしたトラブル [スマートフォン]

スポンサードリンク



IMG_1875.jpg

OPPO Reno A | OPPO 日本

購入した新品同様の中古のスマホ「OPPO RENO A モデルCPH1983」が、届いたのだが、予想外のトラブル。

確かに、本体の状態はよく、新品同様ではあったのだが、送られてきたのが、本体のみで、箱もなし。

充電器などの付属品が一切なく、ケースもなく、液晶保護フィルムさえ貼られいかなかったのだ。

後で、ショップの商品の説明ページを見直したら、状態は確かに「A」(新品同様)と書いてあるが、下までしっかり読めば、箱や付属品は付いていないことが分かる。
「新品同様」の言葉でつい、私が、箱ごと新品に近いものだと勘違いしていたらしい。

取扱説明書は、ネットでも読めるし、充電器やUSBケーブルは、他機種のものが流用できるから、別になくてもいいのだが、ケースと保護フィルムだけは、やっぱり欲しいから、別途買うしかない。

まあ、その欠品分もも含めて、安くなっていたという訳だろうから、仕方ない。

そこで、ケースや保護フィルムが激安のAliEcpressで探し始めたのだが、何故か見つからない。
なんでだろう?と不思議に思っていたら、ふと気づいた。

OPPOは、中国ではスマホでは大手の中華ブランドだが、「OPPO RENO A」という機種は、おサイフケータイに対応した日本だけに向けた製品だ。当然、海外では販売されていない、AliExoressでスマホアクセサリ類が買える筈がないのだ。

仕方ないので、次善の策、Amazonで購入。さすが、プライム会員、注文した翌日にはもう届いた。

IMG_20210214_151902.jpg

左側のソフトクリアケースは、透明で、四隅がガードされていて、カメラ部分のでっぱりもガードされている。
ストラップホールも付いていて、599円だった。
右側は、ガラスフィルムで、2枚セットで550円と、一番安かった。

IMG_20210214_153749.jpg

早速、画面にガラスフィルムを慎重に貼り、ケースを取り付け、

IMG_20210214_154238.jpg

ケースには「SH-RM12」で使っていたスプリングストラップを取り付け、布製ケースも再利用することにた。

IMG_20210215_160111.jpg

メモリカードは、「SH-RM12」で使っていた256GBのmicroSDXCカードを、楽天モバイルのSIMと併せて、そのまま流用した。

Oppo-Clone-Phone.jpg

アプリ環境の移行は、「Clone Phone」というアプリが用意されており、移行元のスマホにも「Clone Phone」アプリをインストールし、両者をペアリングすることで、各種設定や、アプリも一部を除いてほとんどそのままインストールしてくれる。
ただし、処理には1時間ほどかかった。

Screenshot_2021-02-15-16-33-30-40_3822ac0e29cfec8970059bb21d01f05e.jpg

中華端末ということで若干不安があったホーム画面アプリも、「SH-RM12」で使っていた「Nova Launcher」をそのまま利用できたので、ホーム画面もそのまま再現できた。

最近は、新機種へのAndroidの環境移行も楽になったものだ。

関連記事:
「SH-RM12」の代わりに「OPPO RENO A」を購入:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ
スマホ「OPPO RENO A」のファーストインプレッション:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ





ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ



スポンサードリンク




nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。