SSブログ

左右独立型ワイヤレスイヤホン「Redmi AirDots 3」が届いた [ポータブルオーディオ]

スポンサードリンク



xiaomi-redmi-airdots-3-bluetooth5-0-tws-earbuds-white-1614321340923._w500_.jpg

AliExpressのセールで購入した、Xiaomiの左右独立型ワイヤレスイヤホン「Redmi AirDots 3」が届いた。

MVIMG_20210614_205554.jpg

Redmi AirDots 3レビュー:K40の完璧なコンパニオン? 4Dim

商品パッケージは、中華製品には珍しい割と薄い素材の吊り下げ型のパッケージ。中国って流通業者の扱いが乱暴なので、商品の箱も強度の高い厚い紙を使っていることが多いのだが、これは、店頭展示がメインであるかのような箱だ。

商品以外に、★5つ評価のレビューを書けば、次回使える2ドルのクーポンがもらえるという紙が入っていた。これだから、中華通販サイトのレビューは信用できない(笑)

MVIMG_20210614_205736.jpg

開梱すると、充電ケースに入ったイヤホン以外に、短いTYPE-CのUSB充電ケーブル、交換用イヤーパッド、英語と中国語の取扱説明書という最小限の構成だが、4,000円強という価格を考えれば当たり前か。

MVIMG_20210614_212137.jpg

ただ、タッチセンサーや充電ボックスの電源ボタンには保護シールが貼られているのに、イヤホンの充電端子接点には保護シールが貼られていないのは謎。リーク電流によるバッテリー劣化を考えれば、そここそ保護すべきでしょう。

充電ケースは、フル充電でも空でもない中途半端な状態だったので、まずは充電を行う。

充電完了したら、ソニーのポータブルDAP「NW-A105」とペアリングして試聴してみる。

従来の左右独立型イヤホンは、通常、充電ケースからイヤホンを取り出したら、ペアリング待機状態になり、そこからスマホなどからペアリング操作を行うのだが、この製品、ふたを開けただけで、ペアリング待機状態になり、ペアリング操作が可能となる。

また、ペアリングが完了していれば、充電ケースのふたを開けた時点で、スマホとの接続がスタートする。

どうやら、充電ケースのふたの開閉を、イヤホン内蔵の赤外線センサーで検知しているようだ。

従来の左右独立型イヤホンって、左右のイヤホンを「同時」に取り出さないと、ちゃんとステレオ接続にならないなど色々面倒な点があるのに、イヤホンがケースに磁石で固定されていて、うまく取り出せなかったりもして、イライラすることがよくあった。

しかし、このイヤホンは、ふたが開いた時点で最適な状態で接続されるので、あとは、イヤホンを一つずつゆっくり取り出して耳に装着すればいい。とても扱いやすいのだ。

しかも、クアルコムの最新の「QCC3040」チップを採用しているため、「Qualcomm TrueWireless Mirroring」に対応しており、左右のイヤホンの電源を個別に切ると、もう片方のイヤホンのモノラル接続に自動で切り替わる。

ラジオ番組を聴くとき、片耳でモノラルでの使用が多いのだが、バッテリーが少なくなってきて左右のイヤホンを切り替える時にも、音が途切れず、接続の切り替わりを全く意識することなく使い続けられるのは、なかなかの優れものだ。

イヤホン自体も片耳4.6gと軽くて、装着感もいい。本体に左右の刻印もあり、迷うこともない。

防水仕様のためもあるのか、操作ボタンはタッチセンサー。クリック感はないが、イヤホンから聞こえる操作音でカバーする。

イヤフォンに赤外線センサーが付いていて、イヤホンを耳から外すと、音楽は自動的に一時停止するのは、特にラジオを聴いているときに意外と便利。

例えば、お風呂に入っていて、洗髪の時だけイヤホンを外したり、とか、イヤホンをうっかり落とした時に、勝手に止まって一時時停止状態になってくれるので、ラジオ番組の続きが途切れることなく聞ける。

イヤホンは4.6gと軽く、充電ケースも51gと軽くてコンパクト。それでいて、イヤホンは7時間連続使用可能で、充電ケースを使うと30時間使えるという。

5g前後の左右独立型イヤホンというと、これまで5時間ぐらいが普通なので、「QCC3040」チップの省電力性能のお陰だとは思うのだが、実際にどの程度長持ちなのかが気になるところだ。

実際に、使ってみた感想は、長くなりそうなので、また別の日に。

関連記事:
Xiaomiの左右独立型ワイヤレスイヤホン「Redmi AirDots 3」:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ
左右独立型ワイヤレスイヤホン「Redmi AirDots 3」の使用レポート:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ
ワイヤレスホンSYLLABLE「S115 Plus」を「NW-A105」と組み合わせて試す:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ

AliExpress.com Product - Xiaomi Redmi AirDots 3 Mi True Wireless Bluetooth 5.2 Earphone Stereo Auto Link Smart Wear Apt-X Adaptive Touch Control Headset

ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ



スポンサードリンク




nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。