SSブログ

次期Windows OS「Windows 11」が発表された [パソコン]

スポンサードリンク



1920_Panel03_Video_Introducing_new.jpg

Windows 11のリリースで、どうなるWindows 10:Windows 10 The Latest - @IT

2021年6月24日に、Microsoftが、次期Windows OS「Windows 11」の発表を行った。

提供開始は、2021年後半が予定されているが、「Windows 10」からの無償アップグレードも提供されるということで、一安心したのだが・・・そうでもないみたいだ。

新しい Windows 11 OS へのアップグレード | Microsoft

手持ちのPCが、「Windows 11」にアップグレード可能かどうかは、こちらのサイトのツールで判断できるそうなのだが、現在、門外があったらしく、提供休止中。

Windows 11動作チェックで「更新できない」になる理由…対応CPUが厳しい | Business Insider Japan

ただ、「Windows 11」が動作するPCの条件を詳しくチェックしてゆくと、なかなか制約が厳しいことが分かってきた。

・プロセッサ:1GHz以上で2コア以上の64bit互換プロセッサ/SoC
・メモリ:4GB以上
・ストレージ:64GB以上の記憶装置
・グラフィックス:DirectX 12 以上(WDDM 2.0ドライバ)対応
・ディスプレイ:対角サイズ9インチ以上で8bitカラーの高解像度(720p)

この辺は、それほど問題はないのだが、重要なのは次の2点。

・ファームウェア:UEFI、セキュアブート対応
・TPM:TPMバージョン2.0

Boot ROMがセキュアブートに対応し、セキュリティモジュールTPMのバージョン2.0が搭載されていることが必要だという。

この二つ、最近の製品だと大抵対応しているのだが、少し古くなると、非対応のものも多いはず。

特に、Windows 7/8/8.1搭載モデルを、Windows 10にアップグレードし、使い続けているようなPCは、おそらくほとんど「Windows 11」にはアップグレードできないと見ていいと思う。

私が持っているPCでも、「Windows 11」にアップグレードできそうなPCは、下手すると、2台だけかもしれない。

チェックプログラムの提供が再開されたら、早速チェックしてゆきたいと思う。

ちなみに、「Windows 11」にアップグレードできないPCは、「Windows 10」のまま使い続けるしかないが、「Windows 10」はいったいいつまでサポートされ続けるのだろうか?

「Windows 11」の発売日が確定したことで、「Windows 10」のサポート終了日が2025年10月14日に確定した(企業向けの長期サービスチャネルを除く)。

半年ごとの機能更新アップデートはここで終了し、その後は、サポート終了日まではセキュリティアップデートは提供されるだろう。

我が家の「Windows 11」が使えないPCは、必要ならば買い替えを考える必要があるな。
まいったなぁ。

関連記事:
古いPCへのWindows 10アップグレード:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ
次期Windows OS「Windows 11」で何が変わるのか?:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ





ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ



スポンサードリンク




nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。