SSブログ

夫婦二人で車旅行をするための選択肢「軽ワンボックス」(2) [乗り物]

スポンサードリンク



daihatsu_atrai_wagon_custom_turbo_rssa3_5gen_2020_front_side.jpg

ダイハツ 次期型アトレーワゴンが登場間近?乗用車廃止やDNGA初のFR登場の可能性も | MOBY [モビー]

「軽ワンボックス」のジャンルでは、スズキの「エブリイワゴン」に完全に後れを取っているダイハツ「アトレーワゴン」だが、2021年12月20日に発売される可能性があるようだ(2022年前半との記事もある)。

そこで、このフルモデルチェンジの予想スペックをネットで調べてみた。

もちろん、現時点では公式発表はなく、未確定な情報ではあるが、比較的確度が高そうなスペックを拾ってまとめてみた。

ダイハツ 次期型アトレーワゴンが登場間近?乗用車廃止やDNGA初のFR登場の可能性も | MOBY [モビー]

フルモデルチェンジ版・ダイハツ新型ハイゼットカーゴ/アトレーとビッグMC版・新型ハイゼットトラックが販売されるとのリーク情報。どうやら実車説明会も開催済みのようだ | Creative Trend

【新型アトレー】2021年12月20日「4ナンバー化!」フルモデルチェンジ発売!最新情報、燃費、価格は? - New Car/車好き新型車ニュース&動画

・名称は「アトレー」に変更になる
・車両区分が小型貨物車「4ナンバー」に変更になる可能性がある
・外観はダイハツ ウェイクのような角張ったデザインになる
・初搭載となる後輪駆動車用DNGAプラットフォームを採用し、高剛性化と軽量化を両立
・トランスミッションには、FR車専用新開発CVTを搭載
・4WD車は、電制4WDを採用し、燃費と走行性能を両立
・予防安全性能に、ステレオカメラ搭載の「次世代スマートアシスト」を標準装備
・658cc 直3 DOHCエンジンで、ターボ搭載モデルもある
・アイドリングストップ機構搭載モデルもある
・電動両側スライドドアを採用
・「アダプティブ・クルーズコントロール」(ACC)も搭載される
・ディスプレイオーディオをオプション設定

車両価格は、最上位となる4WDターボモデルで、206万円とのこと。

おそらく、このタイプでは今一番人気のスズキ「エブリイワゴン」を超える、魅力ある車に仕上げてくるのは間違いなさそうだ。

特に、CVTやアイドリングストップによる燃費改善がどの程度か気になるな。

なお、新型「アトレー」や「エブリイワゴン」のようなFR車の「軽ワンボックス」は、エンジンがボンネットにないため、フロントノーズが極端に短く、普通の乗用車に乗ってきた人間には、カーブや車庫入れなどの曲がるときに感覚が、慣れないと難しいという話はよく聞く。

これについては、まずはディーラーで試乗させてもらい、その感覚をつかむしかなさそうだ。

その上で、2021年12月に発売される可能性があるダイハツの新型「アトレー」も、当然、購入候補に挙がってきそうだ。

関連記事:
夫婦二人で車旅行をするための選択肢「軽ワンボックス」(1):トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ
夫婦二人で車旅行をするための選択肢「軽キャンピングカー」:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ
車の買い替え計画・気になるモデルチェンジ:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ





ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ



スポンサードリンク




nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。