SSブログ

「PlayStation VR2」の肝はコントローラーか? [ゲーム機]

スポンサードリンク



01_o.jpg

PS5世代VRハード「PlayStation VR2」正式発表 - GAME Watch

2021年の年明けの1月5日、ソニー・インタラクティブエンタテインメントが、以前から噂のあったPS5向けのVRデバイス「PlayStation VR2」を正式発表した。

発売日と価格は未定。本体デザインさえ、今回は非公開となっている。

主な特徴は次の通り。

・PS5とは、USB Type-Cケーブル1本で接続可能
・片目あたり2000×2040ドット、フレームレート90/120Hz、視野角110度で4K HDRに対応するOLED(有機EL)パネルを使用
・プレイヤーの中心視野ほど高解像度に、そして視野の外側にいくに従い低解像度で描画する手法の「フォービエイテッド・レンダリング」に対応
・外部カメラを必要とせずプレーヤーとコントローラーの動きを追跡できるインサイドアウト方式
・目の動きを追うアイトラッキングシステムを搭載し、視線を利用したコマンド指示が可能
・独自の球状の新コントローラー「PlayStation VR2 Sense controller」
・3Dオーディオ、ヘッドセット振動、コントローラーのハプティックフィードバックを組み合わせた体感フィードバック
・6軸検出(3軸ジャイロ・3軸加速度)モーションセンサー、IR近接センサー内蔵
・トラッキングカメラ×4 (VRヘッドセット、VRコントローラートラッキング用)、IRカメラ×2 (視線トラッキング用)内蔵
・Bluetooth Ver5.1内蔵
・リチウムイオン充電池で動作
・内蔵マイク入力、ステレオヘッドホン出力端子を備える

06.jpg

特に、「PlayStation VR2 Sense controller」は、今まで見たことがない不思議な形状をしており、両手でそれぞれ握って使う。

PS5とはBluetooth 5.1で通信し、USB Type-Cケーブルで充電したリチウムイオン充電池で動作するという。

ボタンとしては、右手用に、PSボタン、オプションボタン、アクションボタン(○ボタン/×ボタン)、R1ボタン、R2ボタン、右スティック/R3ボタン。
左手用に、PSボタン、クリエイトボタン、アクションボタン(△ボタン/□ボタン)、L1ボタン、L2ボタン、左スティック/L3ボタンの各ボタンを備える。

また、6軸検出(3軸ジャイロ・3軸加速度)のモーションセンサー、指検知をする静電容量センサー、ポジショントラッキング用のIR LEDも備え、手で握りながらその動きを検出するらしい。

さらに、トリガーエフェクト(R2/L2ボタン)、ハプティックフィードバック(各コントローラーにつき1つのアクチュエーターを搭載)により、コントローラーからの体感フィードバックを実現する。

VR表示機能やスペックは、他社も含めたトレンドの最先端という感じで、割と予想の範囲だったが、ヘッドセットやコントローラーも組み合わせた体感フィードバックの強化や、ヘッドセット単体でトラッキングが可能になり、PS5との接続が簡単になるなど、よく考えられたスペックになっていると思う。

こうなると、果たして、この製品をいくらで発売してくれるかが、次の注目ポイントにならざるを得ない。
「PS-VR」は、税別44,980円でスタートしたが、スペックの向上を考えると同じ価格は難しそう。
税込6万円ぐらいで買えればうれしいのだが。

関連記事:
PS5専用の次世代VRシステムを開発中らしい:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ
「PlayStation VR2」の製品デザイン公開:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ





ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ



スポンサードリンク




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。