SSブログ

現在購入できるディスプレイオーディオ(3) ケンウッド&クラリオン [乗り物]

スポンサードリンク



日本メーカーにおいて、汎用ディスプレイオーディオでは、パイオニアとアルパインが2強状態だが、日本メーカーでは、ケンウッドとクラリオンからも発売されているので、一応、ご紹介しておく。

ケンウッド「DDX5020S」

710Akm3MzQL._AC_SX425_.jpg

撤退かと思われたケンウッドからCarPlay、Android Auto対応のディスプレイオーディオ「DDX5020S」が復活!

ケンウッドからは、2DINのインダッシュタイプが1機種発売中。

・6.8型HDディスプレイ
・Apple Car Play・Android Auto対応
・Bluetooth Audio対応(AACのみ対応)
・CD/DVD再生機能
・USBメモリからの音楽再生(FLAC、ハイレゾ対応)
・iPod接続音楽再生
・スマホ接続用に加えて、充電用のUSBポートも備える
・FM/AMチューナー内蔵
・デジタルアンプ内蔵
・AV入力端子
・バックカメラ対応
・タッチパネル操作

CD/DVDドライブを内蔵しており、価格も3万円強からあり、安いのが特徴だろう。

ただ、画面が小さいし、発売時期が古いこともあり、スペック的にも古い点があちこちに見られ、今となっては、ちょっと中途半端な製品に見える。

クラリオン「TY-1000A-B」

41FL3CEKJfL._AC_SX425_.jpg

Clarionクラリオン | TY-1000A-B

クラリオンの「TY-1000A-B」は、当初、法人ユース車両やレンタカー向けに発売された商品だったが、今では一般消費者でも買えるようだ。

・6.75型WVGAディスプレイ
・Apple Car Play・Android Auto対応
・USBメモリからの音楽再生(FLAC対応)
・GPSに加えて、車速パルスも取得でき、自律航法が可能
・FM/AMチューナー内蔵
・バックカメラ対応

こちらも、2DINのインダッシュタイプで、画面も小さく、機能気も最小限といった感じだが、車から車速パルスが取れて、自律航法が可能なため、ナビアプリがトンネルの中でも使えるそうだ(自律航法に対応したナビアプリについては不明)。

価格は、3万円台中盤ということで、比較的安いのも、メリットか。

どちらも、画面が小さいが、それが気にならなければ、コスパ自体は悪くない2モデルだと思う。

ただ、ネットで探しても、実際に使っている人を見かけないので、内蔵ソフトウェアの安定度とか、使い勝手、音質などについては、なんとも判断がつかない。

関連記事:
現在購入できるディスプレイオーディオ(2) アルパイン:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ
現在購入できるディスプレイオーディオ(4) ATOTO:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ





ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ




スポンサードリンク




nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。