SSブログ

メインスマホとして「AQUOS sense4 lite SH-RM15」を購入 [スマートフォン]

スポンサードリンク



220513_1_L.jpg

AQUOS sense4 lite 楽天モバイルの特長|AQUOS:シャープ

メインとして使うスマホの後継機種を探していたが、シャープの「AQUOS sense4 lite SH-RM15」のスペックを見て、気に入った点、気になる点をまとめてみた。



気に入った点

軽量コンパクトなのにタフな筐体

しっかりした防水、防塵仕様、タフネス仕様でありながら、ゴツさがないデザインと軽量コンパクトさは、素晴らしい。
浴室での使用も可能で、アルコールを含んだ除菌シートで拭けるのもいい。
イヤホンジャックやTYPE-C端子が、キャップレス防水なのも安心だ。

バッテリーの持ちがいい

軽量コンパクトな割に4,570mAhの大容量バッテリーを搭載し、低消費電力のIGZOディスプレイと、強力な省電力機能を備えるクアルコムのSoCを搭載するため、バッテリーの持ちは良さそうだ。

実際のレビューを見ても、メールやWeb、LINEなどのライトな使い方だと本当に1週間持つという人もいて、私の使い方でメインのスマホとして使っても、1日でバッテリーが切れるようなことはないだろう。

幅広い通信キャリア対応

e-SIM+nanoSIMカードスロットのDSDV対応で、5Gには対応しないが、4G LTEの対応バンドは幅広く、NTTドコモ、au、ソフトバンク、楽天モバイルのすべてでVoLTEに対応する点は、もし、今後、キャリアを変えても安心だ。

なお、「Rakuten Hand」などは、e-SIMでしか楽天モバイルを使えないが、この機種の場合、楽天モバイルのe-SIMに変更しなくても、楽天モバイルのnanoSIMカードをそのまま挿して使えるのも、面倒くさくなくてありがたい。

おサイフケータイ機能

おサイフケータイ機能に対応しており、しかも、最新のFeliCaチップを搭載し、「モバイルSuica」と「モバイルPASMO」を同時併用できるのはいいな。

発売から2年間のアップデートを保証

発売から2年間、最大2回のOSバージョンアップに対応しており、実際、発売時のOSは「Android 10」だったが、2022年5月9日には、「Android 12」にアップデートされた。
2020年11月12日も発売された製品なので、2022年11月までは、セキュリティ更新は行われるはず。

OS自体も、「Android 12」であれば、ハードが寿命を迎える前に、ソフト的な寿命が尽きることはないだろう。



気になる点

貧弱なカメラ

リアカメラは、1,200万画素のメインカメラと、800万画素の望遠カメラのデュアルカメラ構成で、望遠は約2.2倍の光学ズーム相当となる。
フロントカメラは800万画素。

レビュー記事を読む限り、イメージセンサー自体にお金が掛かっておらず、特に、暗所撮影に弱いようだ。

【カメラ画質向上】夜景が苦手なAQUOS sense4にGCamを入れてみた!デフォルトカメラアプリとの画質差を検証!

ただ、標準のカメラアプリに代えて、Googleカメラアプリを導入することで、暗所撮影は改善できるみたいだ。

AQUOS独自機能の弊害

過去にも、シャープのスマホを使ったことがあるが、「Payトリガー」「スクロールオート」「Clip Now」「エモパー 12.0」など、シャープ独自機能が便利だった試しがなく、むしろ、そうした常駐アプリのせいで、操作レスポンスが悪化していることが少なくなかったので、すべて無効化していた。

スマートフォンAQUOSの厳選便利ワザ5選! - AQUOS使いこなし術 - |アプリ&サービス |AQUOS:シャープ

今回も、ほとんどの独自機能は、無効化することになると思う。



さて、気になる点はあるが、買った後で、何とかカスタマイズで改善はできそうだ。
カメラは、コンデジや2台目スマホをメインに使えば、さほど問題ではない。

価格面でも、楽天モバイルで、実質ほぼ無料で売られていたため、ネットフリマなどで、状態のいい中古白ロムがたくさん流通しているため、比較的安い。

そこで、未使用新品にターゲットを絞り、ネットフリマなどを探していたところ、価格交渉の結果、14,500円で購入することができた。

楽天モバイル「0円プラン」が廃止、使い方別のお薦め乗り換え先は? | 日経クロステック(xTECH)

楽天モバイルの料金プランは、2022年7月から「Rakuten UN-LIMIT VII」 に移行し、経過措置で8月までは0円スタートのままだが、9月、10月は、1,078円分をポイント還元、それ以降は、完全に新料金体系に移行する。

少なくとも、8月中には、1台目の楽天モバイルSIMは、「AQUOS sense4 lite SH-RM15」に移行し終え、2台目の楽天モバイルSIMは、「povo 2.0」あたりにMNP移行することになると思う。

関連記事:
シャープ「AQUOS sense4 lite SH-RM15」を購入検討:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ
シャープ「AQUOS sense4 lite SH-RM15」のセットアップ完了:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ
デュアルSIMのメリットって何?:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ





ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ



スポンサードリンク




nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 2

わたし

まさに、わたしが使っている機種です。
mineoの方が古いAQUOSで、動きが悪くなり楽天契約と共にこの機種を安く手に入れました、アプリを移行していったら古いAQUOSもよく動くようになり結果2台持ちになってしまいました。
サイズも手ごろで電池もちもいいです・
1年たった今でも問題ありません、確かにエモバーとか使いませんね。
そして、システム見てみたら、OS11だったのでさっそく12にバージョンアップしました。
パソコンOS時にアップデートで、再起動しなくなったりしたので、スマホのアップデートも終わるまではとても不安でしたが、やっておかないとアプリが使えなくなったりするので仕方ないですね。30分以上かかってドキドキでした(^-^)

by わたし (2022-06-25 09:26) 

naniwa48

わたしさん、貴重な情報ありがとうございます。
お使いの方の感想が聞けて、ちょっとほっとしました。
安心して使い始められそうです。
by naniwa48 (2022-06-25 23:58) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。