SSブログ

「iOS 16.0」の不具合と「iOS 16.1」の予定 [スマートフォン]

スポンサードリンク



20220805_62ed2ce73b824.jpg

iOS16の不具合・バグ・アプリ対応状況|アップデートして大丈夫? | bitWave

第2世代iPhone SEを「iOS 16.0」にアップグレードして使っているが、今のところトラブルはなく、バッテリーの持ちも若干改善された気がして、好印象だ。

ただ、ネットで確認すると、いくつか不具合も発見されているみたい。

・Safariで、パスワードの自動入力機能を利用すると、Safariがフリーズする

これは、かなり致命的な不具合で、OS自体に影響が及ぶので、Safari以外のブラウザを利用するか、パスワードの自動入力機能をオフにするしかないみたい。

・iPhone XR、iPhone 11、iPhone 12 mini、iPhone 13 miniで、バッテリー残量の%表示ができなくなった

・iOS16では3本指タップをすると画面上にツールバーが表示されるが、ゲームによっては、この操作を使用するアプリがあるため、遊べなくなる。

・iPhoneを横画面にして、一部のアプリで、フル画面表示にできない

これらは、アプリ側の問題らしく、個々のアプリ側で対策を待つしかないようだ。

メジャーバージョンアップの初期バージョンは、こうした不具合は多少なりとも起こることは、致し方ないところだろう。

すぐに対策されればいい。と思い、新バージョンの状況を確認してみた。

iOS16.1のパブリックベータ1が公開 - iPhone Mania

すると、2022年9月16日に、iOS16.1のパブリックベータ1が公開されたようだ。

iOS16.1ではすべてのFace ID対応iPhoneでバッテリー残量表示が可能に | ギズモード・ジャパン

早速、全ての機種で、バッテリー残量も表示可能となったようだ。

iOS16.1では大リーグのライブスコア表示がロック画面で可能に - iPhone Mania

また、「ライブアクティビティ」機能は、iOS16.0ではまだ入っていなかったらしく、iOS16.1から新たに導入されるらしい。

日本でも、メジャーリーグなどのスポーツのライブスコア表示が可能になったようだ。

それ以外に、米国では二酸化炭素排出量の少ない電力が利用できる時間帯にiPhone充電を行える新たな環境機能が追加されたり、削除可能なウォレットアプリ、ロック画面のカスタマイズインターフェースなどが追加されたみたい。

「iOS16.0」をインストールした人は、不具合対策の観点から、「iOS16.1」が出たら、直ちにアップグレードした方がいいのは間違いない。

一方、「iOS16.0」をまだインストールしていないなら、急ぐ必要はなく、「iOS16.1」がリリースされてからインストールした方がいいかもしれないな。

関連記事:
「iOS 16」で新しくなったポイント:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ
第2世代「iPhone SE」をiOS 16.0.3に更新した:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ



ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ



スポンサードリンク




nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。