SSブログ

新型シエンタ・2度目の試乗(4) その他 [乗り物]

スポンサードリンク



001_l.jpg

ここまで、新型シエンタの2回目の試乗において、主に、走る、曲がる、止まるという車の基本について感じたことを書いてきた。

今回は、最後に、その他の運転して気付いた点を羅列しておきたい。



音声認識

音声で、「ヘイ、トヨタ」の後にいろんな命令をしゃべって指示ができる機能も試してみた。

設定によるらしいが、ステアリングの音声ボタンを押すことで、「ヘイ、トヨタ」をしゃべる代わりになるらしく、その方が恥ずかしくない。こっちの方がいいな。

「ラジオを聴きたい」とか「運転席の窓を開けて/閉めて」とか、ちゃんと認識して動くのが面白い。

ただ、認識率は悪くないのだが、途中クラウドとの通信が入るようで、発声から認識結果が文字で表示されるまで、Googleアシスタントに比べれば時間がかかり、待たされる感がある。

もちろん、肝心のカーナビの目的地設定なども音声でできる。

色々やり方はあるのだが、「〇〇〇へ行きたい」(〇〇〇は、市名から番地まで自宅の住所)と言うだけで、ちゃんと自宅へのナビゲーションを開始してくれた。
運転中のカーナビ操作も、音声で問題なくできるのは、いいな。

これ以外にも、エアコン、ワイパー、ウォッシャーの動作や、PVMの切り替えなども操作できるから、結構使い道は広いと思う。

ただ、何でもできるかというと、そうでもなくて、「エアコン着けて」は動作するのに、「サーキュレーターを着けて」は認識してくれないみたい。

運転性から手が届かない「サーキュレーター」こそ、音声で操作で来て欲しいのだが、出来ない。

また、「レーダークルーズコントロールをオンにして」みたいなものも、出来てもいい気がするのだが、出来ないみたいで残念だ。



あまりの機能の多さに途方に暮れる

試乗では、一般道しか走れていないので、「レーザークルーズコントロール」は、これまで全く触れていないが、今回、一般道でも使える「プロアクティブ・ドライビング・アシスト(PDA)」は、使ってみようと思った。

走り始めたときにはどうやらオフになっているようだったので、オンにして使ってみようと思ったのだが、そのオンの仕方が分からない。

取扱説明書で見た記憶では、ステアリモコンを操作して設定できるはずなのだが、メニュー階層の迷子に。
助手席の営業さんも、あまり把握していないようで、どうしてもそのアイコンメニューにたどり着けない。

あまりの機能の多さに、ちょっと冷や汗が出てきた。
これは、取扱説明書を読みながら、一度、しっかりメニューの全貌を把握しないと、運転中に思いついたことをやろうとしても、無理だと思う。

その取扱説明書も、PDF版(おそらく紙で貰えるものと同じ)だと、ずいぶん簡略化されているようで、あちこちの機能は、「Web版」を見るように、としか書かれておらず、本当に詳細な機能を知るには、「Web版の取扱説明書」を見るしかないらしく、それも厄介だ。

厄介だが、実際のところ、そうしないと、紙の取扱説明書が膨大なものになってしまい、グローブボックスに収まらないのかもしれない。

結局、今回の試乗で、PDAをオンにできたのは、試乗の終了間近。ほとんどPDAの効果を感じることはできなかったのは、残念だった。



パラノミックビューモニター

私が試乗した新型シエンタは、速度が一定以下になると、カーナビ画面が自動的にパラノミックビューモニターに切り替わっていた(設定によるらしい)。

まず、この画質が素晴らしく、10.5インチのHD画面でもくっきり表示される。
実は、最初は、メーカーオプションのパラノミックビューモニターを付けるつもりだったのだが、これだと、表示はSD解像度で表示され、10.5インチ画面だとかなりボヤけた画面になるらしい。

一方、別のメーカーオプションでアドバンストパークを付けると、併せて、パノラミックビューモニター(床下透過表示機能付)と、パーキングサポートブレーキ(後方歩行者)が付くという。

アドバンストパークは、営業さんも、「最初は面白いと思うが、日常ではあまり使わない」と言っていたこともあり、付けなくてもいいかと思ったのだが、これを付けても、当初予算に収まることもあって、えいや!で付けてしまった。

ところが、後から詳しい情報が分かり、これで付くパノラミックビューモニターは、床下透過表示機能が付くだけでなく、画面解像度がSDからHDにアップグレードされる別物であることが判明し、思い切って付けてよかったと思った。

実際に、自宅のカーポートで駐車も試みてみたが、アドバンストパークでは、自宅のカーポートを認識せず。
駐車位置を手動で設定すれば、駐車できるかもしれなかったが、駐車場の前の道が4mも幅がない狭い道で、他の車が来たら邪魔になるため、今回は、アドバンストパークを試すのは諦めた。

パラノミックビューモニターを見ながら、手動でカーポートにバックで並列駐車をやってみたが、横幅が狭いカーポートなので、バック中にあちこちで近接センサーのワーニングが出て音がうるさいが、それさえ気にしなければ、一発で極めて上手に駐車できた。
やっぱり、上から見た映像が見えるのは大きい。



運転席シートの快適さ

今回、1時間ぐらい新型シエンタを試乗をした後、ソリオに乗って帰宅したのだが、ソリオの運転席に座った時に、改めて新型シエンタの運転席の座り心地が、格段によかったことを実感した。
新型シエンタに比べれば、ソリオのシートはぺったんこで、ホールド感に乏しいのだ。

もう少し長く使ってみないと、本格的な感想は書けないが、少なくともソリオのシートよりはずっと座り心地がいいことは断言できる。

ちなみに、椅子の専門家に教わった観点から見ると、表皮素材と椅子の構造の両方に、それなりにお金をかけたシートと言えると思うが、この辺は書くと長くなるので、後日、また記事を改めて詳しく書きたいと思う。

関連記事:
新型シエンタ・2度目の試乗(3) ブレーキの優秀さ:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ





ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ



スポンサードリンク




nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。