SSブログ

第2世代「iPhone SE」をiOS 16.0.3に更新した [スマートフォン]

スポンサードリンク



20220805_62ed2ce73b824.jpg

「iOS 16.0」の不具合と「iOS 16.1」の予定:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ

「iOS 16.0」がリリースされたので、第2世代「iPhone SE」に適用したが、こうしたメジャーバージョンアップした後は、必ず細かなバグが発覚し、その対策のために、すぐにマイナーバージョンアップがリリースされるのが、ソフトウェアの常だ。

IMG_3127.PNG

【何が変わった?】iOS 16.0.2リリース。数々のバグを修正 | りんごの使い方

すぐに、不具合対策とセキュリティ更新を中心とした「iOS 16.0.2」がリリースされ、これもすぐに適用。

ソフト更新後に、システムの最適化が完了するまで、しばらくは悪化するバッテリーの持ちが落ち着いてきたかな、と思っていたら、

IMG_3134.PNG

ASCII.jp:アップル「iOS 16.0.3」配信開始 iPhone 14 Proで着信や通知が、遅延したり届かない問題を修正

矢継ぎ早に「iOS 16.0.3」がリリースされた。これも、バグ対策とセキュリティ更新のみで、まだまだ「iOS 16」のメジャーバージョンが落ち着いたとは言えないみたいだな。

バッテリーの持ちについても、今のところ、悪くはなっていないが、あまりよくもなっていない印象だ。

IMG_1715.jpg

iOS 16.0とiOS 15.6.1がリリースされた:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ

一方、「iOS 16」は対象外となった第1世代「iPhone SE」については、前回、「iOS 15.6.1」がリリースされたことを書いたが、今回、久々に第1世代「iPhone SE」を立ち上げてみたら、「iOS 15.7」と表示された。

前回、「iOS 15.6.1」へのアップグレード後、電源を切ったままにしていたので、勝手にソフトがアップグレードされたとは考えにくい。

第2世代「iPhone SE」を「iOS 16.0」にアップグレードしたとき、同時に「iOS 15.7」へのアップグレードの選択肢も表示されていたのに、第1世代「iPhone SE」には「iOS 15.6.1」しか提供されず、「iOS 15.7」と「iOS 15.6.1」は何が違うのだろう?とは思ったのだが、今回の状況を見る限り、「iOS 15.6.1」=「iOS 15.7」と見ていいみたいだ。

おそらく第1世代「iPhone SE」は、この「iOS 15.7」でソフトウェア更新は最後になるのだろうな。

関連記事:
「iOS 16.0」の不具合と「iOS 16.1」の予定:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ
第2世代「iPhone SE」をiOS 16.1.1に更新:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ



ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ




スポンサードリンク




nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。