SSブログ

新型シエンタ用のセンタ―コンソールを比較 [乗り物]

スポンサードリンク



購入した新型シエンタは、運転席には両側にアームレストはあるに、助手席にはドア側にしかなく、右手のアームレストがない。

また、前席周辺に、ゴミ箱に使える収納スペースがない。

この不満点を解消するため、アームレストが付いていて、収納スペースがあるセンタ―コンソールの購入を検討することにした。

parts_08.jpg

純正のディーラーオプションに、センターコンソールボックスがあるが、価格が高い上に、肝心のアームレスト機能がないためパス!

そこで、社外品を調べると、現時点で、新型シエンタ対応を銘打ったセンタ―コンソールは3製品あることが分かった。

まず、WAOショップというブランドから、新型シエンタ発売後、真っ先に発売されたのがこちらの商品。

WAOショップ「アームレストコンソール」



「アームレストコンソール」という名称で、大容量の収納スペースのフタがアームレストになっていて、手前にはドリンクホルダーと、小銭入れが付いている。
価格は、12,800円と、比較的手頃だ。

アームレストを後ろにずらして開くとある収納スペースは、中央で2分割されており、本体前後にも小さな引き出しが付いている。

また、アームレースとの材質は、PVCレザー(合皮)だが、表面仕上げがつるつるか、カーボンカーボン調の2種類が選べる。

アームレストの形状も、肘を置きやすいようカーブが付いているのも特徴。

気になる点としては、次のところ。

・前方まで背が高めのため、シフトレバーの下にあるスイッチなどにアクセスしづらそう。
・シートベルトのバックルが、センタ―コンソールとシートに挟まれて、脱着しづらそう。
・収納は大容量なのだが、何故か中央で仕切られており、あまり使い勝手がよくない。
・形状は新型シエンタ用となっていて、写真では高さが運転席アームレストにぴったり合っているが、実際には運転席はシートリフターが付いていて、高さ調整次第では、アームレストの高さが必ずしも合うわけではない。
・標準装備の運転席アームレストについているコンビニフックは使えなくなる。

WAOショップ「CraftsMen's ルッツコンソールⅡ」



WAOショップからは、最近さらに「CraftsMen's ルッツコンソールⅡ」という商品が発売された。
価格は、22,800円。

こちらは、収納とアームレストが分離していて、アームレストを上に回転させると、収納の上のトレイに、バッグなどを置くこともできる。

前方にはドリンクホルダーもあるが、「アームレストコンソール」に比べて高さが低いため、シフトレバーの下にあるスイッチなどへのアクセスはしやすそうだ。

アームレストは、ドライバーがあれば高さ調整が可能なので、運転席の高さを変えても合わせることができるのもいい点。

日本製を銘打っているため、全体的な作りもいいのだろうと思う。

逆に、気になる点としては、次のところ。

・ベースの高さがないため、収納スペースの容量は小さい。
・価格が、22,500円と高い。

AutoONE「シエンタ専用LEDセンターコンソールボックス」

imgrc0101988455.jpg

【エントリーでP10倍11/4日20時~】【新型シエンタ適合!!】 新型 シエン...

もう一つが、「AutoONE」というブランドから出ている「シエンタ専用LEDセンターコンソールボックス」。
価格は、11,980円。

アームレストが収納スペースのフタになっているタイプだが、前方にあるドリンクホルダーとスマホホルダーは背が低くなっているので、シフトレバーの下にあるスイッチなどへのアクセスのしやすさは、WAOショップの「アームレストコンソール」と「CraftsMen's ルッツコンソールⅡ」の中間ぐらいか。

特徴的なのは、前方にUSB TYPE-Aの充電端子が2個、アクセサリーソケットが1個、背面にもUSB TYPE-Aの充電端子が2個と小物入れがあり、収納内部やドリンクホルダー、スマホホルダーを照らすLEDライトが付いていて、ボタンでオンオフもできること。

もちろん、その電源を引くため、車のアクセサリーソケットから電源を取る必要があり、そのシガーアダプタが付いている。

アームレスト下の収納は、前方に小物入れがあるが、基本的には高さがあり、変な仕切りもないため、「アームレストコンソール」よりむしろ使いやすいかも。

アームレストの高さ調整機能はないのだが、写真でヒンジの金具を見る限り、ドライバーがあれば、ある程度の高さ調整は出来そうだ。

気になる点としては、次のところ。

・標準装備の運転席アームレストについているコンビニフックは使えなくなる。
・シートベルトのバックルが、センタ―コンソールとシートに挟まれて、脱着しづらそう。
・USB端子の充電性能は5V/1Aなので、高速充電はできない。
・車のアクセサリーソケットから電源を取るため、車内にその配線を這わせる必要がある。

価格も手頃でなかなか良さそうなのだが、実は、それ以前に気になる点がある。

この商品、新型シエンタだけでなく、170系という先代シエンタにも対応するというのだ。
そもそも、センタ―コンソールのスペースやアームレストの高さや形状って、新型シエンタと先代シエンタって同じなんだっけ?という疑問が湧いてきて、先代シエンタ用のコンソールボックスについても調べてみた。

すると、幅も高さもほとんど変わっていないことが分かった。
ただ、私の認識では、新型シエンタのセンタ―コンソールの床は真っ平なのだが、先代用のセンタ―コンソールも、この「シエンタ専用LEDセンターコンソールボックス」も、底面が「く」の形になっており、まっ平ではないように見える。

WAOショップのセンタ―コンソールは、どちらも裏面にマジックテープを貼って固定することが書かれているが、この製品には固定方法について書かれていないから、「置くだけ」なのかもしれない。
現在、この辺については、お店に問合せ中なので、はっきりしたら追記したい。

もう一つ、気になりだしたのは、「AutoONE」の「シエンタ専用LEDセンターコンソールボックス」が、先代シエンタにも対応するのなら、逆に言えば、先代シエンタ用に既にたくさん流通しているセンタ―コンソールも、新型シエンタで使えるのではないか?ということだ。

実際、「AutoONE」の「シエンタ専用LEDセンターコンソールボックス」や、WAOショップの「アームレストコンソール」そっくりの商品が、先代シエンタ用に、他のブランドからもいろいろ販売されており、在庫処分のセールを行っているものもある。
それが新型シエンタで使えるのなら、安いし、それでもいいのではないか?ということ。

この辺も含めて、もう少し調べて、どれを買うか、最終的に決めたい。

関連記事:
シエンタで検討中のカスタマイズ:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ
新型シエンタ用のセンタ―コンソールボックスを購入:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ
シエンタ専用設計の社外品の新製品を、3つご紹介:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ





ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ




スポンサードリンク




nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。