SSブログ

新型シエンタの駐車支援機能で、改めて感じたこと [乗り物]

スポンサードリンク



feature_02.jpg

トヨタ シエンタ | トヨタ自動車WEBサイト

新型シエンタのバックドアは、かなり大きく開くので、お店の駐車場などで、後方の壁やフェンスにバックドアをぶつけないよう、気を付ける必要がある。

これまでも、駐車後、何度か「大丈夫か?」と思うことがあり、ゆっくりバックドアを開いたら、ギリギリOKということが何度かあった。

ただ、何度か、その「ギリギリOK」ということが続き、ふと、これは偶然ではないのではないかと思い至った。

park_03_02.jpg

トヨタ トヨタの安全技術 | 駐車をするとき | 後方衝突被害軽減サポート/パーキングサポートブレーキ | トヨタ自動車WEBサイト

駐車場で、バックで駐車するとき、新型シエンタは、パノラミックビューモニターや、コーナーセンサーにより、周りの車やフェンスや人などにぶつかりそうになれば、警告してくれるし、本当に危なければブレーキがかかる(パーキングサポートブレーキ)。

駐車スペースに入るためにバックするとき、車止めがあっても、それに当たる前にブレーキがかかることもあるのだが、それも、ひょっとしたら、背後に壁やフェンスがある場合に、それにバックドアを開いたときにぶつからないよう距離を考慮して、警告したりブレーキをかけてくれているのではないか?

だから、車の警告に従い駐車すれば、バックドアを開いても、ギリギリ背後のフェンスなどに当たらないのではないだろうか。

もちろん、取扱説明書やカタログにそんな説明はないので、本当かどうかは分からないが、あまりに「バックドアを開けたら、ギリギリOK」というケースが続いたもので、そんなことを思ったりする。

トヨタ トヨタの安全技術 | 駐車をするとき | 高度駐車支援システム/駐車支援システム | トヨタ自動車WEBサイト

一方、メーカーオプションで付けた「トヨタ チームメイト アドバンスト パーク」の高度駐車支援機能については、色々な場面で試しているのだが、制約が多くて実際に使えるケースは、かなり限られる印象だ。

これについては、もう少し詳しく調査を続け、どんな場合がだめで、どうゆう欠点があるのか、まとまったらご紹介したおと思う。

「トヨタ チームメイト アドバンスト パーク」のメーカーオプションは、93,500円 もして、高度駐車支援機能だけを見れば、とてもその値段の価値はない気がする。

ただ、このメーカーオプションには、高度駐車支援機能以外に、パーキングサポートブレーキ(周囲静止物)と、パノラミックビューモニター(HD画質で床下透過表示機能付き)が付いており、その分のメリットを考慮すれば、付けたことには後悔はない。

関連記事:
新型シエンタの1か月点検が完了:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ
ハイブリッド車にはアイドリングはない:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ





ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ



スポンサードリンク




nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。