SSブログ

大画面スマホ「Ulefone Power Armor 13」も一応ご紹介 [スマートフォン]

スポンサードリンク



「OUKITEL WP19」や「Unihertz Tank」といった、7インチ近い大画面のスマホを調べていたら、もう一つ製品を発見。

ulefone-power-armor-13-main-0.jpg

Ulefone Power Armor 13のスペック・対応バンドまとめ - ガルマックス

・サイズ:183.7x85.3x20.8mm
・重量:492g
・バッテリー容量:13,200mAh
・33W急速充電、15Wワイヤレス充電、ワイヤレス/USBリバース給電可能
・ディスプレイ:6.81インチ、1080x2400ピクセルIPS液晶
・IP68規格準拠の防水、防塵
・MIL-STD-810G規格準拠のタフネス仕様(耐寒、耐熱、耐衝撃にも対応)


防水、防塵、タフネス仕様は、スマホとしては最上位クラスだ。
バッテリー容量は、「OUKITEL WP19」や「Unihertz Tank」の半分近いが、その分、薄いし、重量はその分軽めだ。
もちろん、一般的なスマホと比べれば、極めて大容量なのに間違いない。

・SoC:MediaTek Helio G95
・RAM容量:8GB
・ストレージ容量:256GB
・microSDカードスロット:最大1TBまで対応


SoCは、「OUKITEL WP19」と同じで、AnTuTu v9 総合ベンチスコアが28万点台あり、3Dゲーム以外には必要十分な性能。
256GBのストレージを内蔵する上に、最大1TBまでのmicroSDカードにも対応するのは、「Unihertz Tank」にはない、いい点。

・4G LTE対応(国内4キャリア対応)
・5G非対応
・Wi-Fi:IEEE 802.11 a/b/g/n/ac
・Bluetooth 5.0内蔵


・リアカメラ:4,800万画素メイン+800万画素超広角+200万画素マクロ+200万画素サブカメラ
・フロントカメラ:1,600万画素(パンチホール式)

カメラは、最近のミッドレンジクラスとしては平均的。200万画素サブカメラというのが、何のためにあるのかよく分からない。

・FMラジオ機能内蔵(FMアンテナ内蔵)
・赤外線距離測定機能を搭載
・内視鏡と接続する拡張インターフェース装備
・カスタマイズキーを搭載
・生体認証:指紋認証、顔認証に対応
・NFC対応


FMラジオが、イヤホンアンテナなしで聞けるのは珍しい。
赤外線距離測定機能や、内視鏡インタフェースというのも、あまり聞いたことがない。
NFCは、Felicaには対応しない。

・OS:Android 11
・日本語ロケール対応
・Google Play Store対応


OSは、若干古くAndroid 11で、これまでのメーカーの姿勢を見ると、アップグレードの可能性は薄い。

価格は、ブラックフライデーのAliExpressセールで、240.99ドルで買えるようで、「Unihertz Tank」よりは50ドルぐらい安いが、スペックの差を見れば、この価格差は微妙だ。

ただ、発売から時間がたっている機種なので、今後の値下がりには期待できそうだ。

関連記事:
大画面スマホ「Unihertz Tank」が発売に:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ
大画面スマホ「UMIDIGI A13 Pro Max 5G」:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ

A50997731551a432399cfbe2abbbf8dda0.jpg_350x350.jpg
Ulefone Power Armor 13 Mobile Phone Global Version Original price: USD 499.98 Now: USD 249.99



ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ



スポンサードリンク




nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。