SSブログ

Androidタブレット「dtab Compact d-42A」のセットアップ [タブレット端末]

スポンサードリンク



mv_01.png

「dtab Compact d-42A」をAndroid 12に更新:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ

8インチAndroidタブレット「dtab Compact d-42A」のファームウェアを初期化後、Android 12にアップグレードできたので、電子書籍リーダーとしての環境移行を行いたい。

初期化後に「d-42A」を立ち上げると、自動でセットアップ画面が立ち上がる。

言語やWi-Fiの設定を行うまでは、ごく一般的なセットアップ画面だが、その後、「アプリとデータのコピー」を「する」を選択すると、環境移行したい元の端末をUSBケーブルで接続するよう、促してくる。

これまでは、USBケーブルを使わず、Wi-Fi経由で環境移行を行ってきたが、今回は、USBケーブルでの環境移行を試してみる。

IMG_3360.jpg

USB TYPE-C to TYPE-Cの通信ケーブルを用意し、データ移行元の「MediaPad M5」と、ケーブルで接続する。

その後は、画面の案内に従い、「d-42A」と「MediaPad M5」を操作すれば、スムーズに環境移行が行われた。

転送速度も、Wi-Fi経由で行うより明らかに速いため、あっという間にUSBケーブルを抜いてもいい状態となる。

ただ、「d-42A」側でのアプリのインストールは、USBケーブルを抜いてもよくなった時点では、まだすべては完了していない。
結局、「d-42A」側で、「MediaPad M5」でインストールされていた全てのアプリのインストールが完了するまでの時間は、Wi-Fi経由で環境移行するのと、大差ないような気がする。

Screenshot_20221204-225128.png

ホームアプリは、「MediaPad M5」で使っていた「Nova Launcher」を、「d-42A」でも引き続き使用する。

「MediaPad M5」側の「Nova Launcher設定」アプリで、設定情報をGoogleクラウドにアップロードし、「d-42A」側で、その設定情報をインポートすれば、「MediaPad M5」のホーム画面がほぼ再現される。

ただし、次のような完全に再現されない点もある。

・Google Playストア以外でインストールしたアプリ(アイコンはマスク表示)
・Android OSバージョンの違いによりインストールできないアプリ(アイコンはマスク表示)
・Webブラウザのショートカット(アイコンは削除)

これらについては、個別にアプリをインストールし直したり、ショートカットを作り直したりして、対処するしかないので、これから徐々に行ってゆこうと思う。

Screenshot_20221204-225326.png

なお、現時点で、内部ストレージには、34GBの空きがある。

もちろん、各電子書籍アプリで、コンテンツをまだダウンロードしていない状況なので、あまり参考にはならない数値ではあるが、「MediaPad M5」で、32GBの内部ストレージがほぼ空き無し状態だったことを考えれば、しばらくストレージの空き具合を心配する必要はないだろう。

まだまだ、細かな修正は必要なので、しばらくは引き続き「MediaPad M5」を使いながら、細かい「d-42A」側での不具合を直し、1か月程度をめどに、電子書籍リーダーとしての「dtab Compact d-42A」への環境移行を完了したいと思う。

関連記事:
「dtab Compact d-42A」をAndroid 12に更新:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ





ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ



スポンサードリンク




nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。