SSブログ

やっぱり「CarPlay AI Box」なるものが欲しいかも [乗り物]

スポンサードリンク



「Android Auto」と「Apple CarPlay」の違い:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ

昨日、新型シエンタで、「Android Auto」と「Apple CarPlay」の両方を試してみて、「Apple CarPlay」の方が実用性が高いことを書いた。

ただ、そのマシな「Apple CarPlay」でさえ、スマホナビで一番優秀だと思っている「Yahoo!カーナビ」のCarPlay版が残念な出来だったり、10.5インチ画面には画面解像度が低い(これは、初代iPhone SEのせいかも)ことなど、決して満足できるものではない。

現在は、ディスプレイオーディオ内蔵のカーナビを利用しているが、このマップデータが無料で更新されるのは5年間のみ。
その後は、「Android Auto」か「Apple CarPlay」でスマホナビを利用すればいいと思っていた。

しかし、実際に「Apple CarPlay」用の「Yahoo!カーナビ」アプリの貧弱さを、実際に使って体感してしまうと、「OTTOCAST」のような、DAで、スマホ用のAndroidアプリが、そのまま使える「CarPlay AI Box」などと呼ばれている商品が人気を呼ぶのも、改めて分かる気がした。

01.jpg

ヤフー、無料カーナビアプリ「Yahoo!カーナビ」がiOS/Andriod版タブレットに対応 - Car Watch

運転中に、YouTubeやNETFLIXなどの動画を見られる点ばかりが紹介されることが多い「CarPlay AI Box」という商品だが、これがあれば、例えば、評判の高いAndroid版の「Yahoo!カーナビ」アプリを、そのまま車で使えるし、「Radiko」アプリも、タイムフリー、エリアフリー、番組表も含めて、フル機能が使えるのだから、改めてメリットは大きいと思うのだ。

71MxU64t7YL._AC_SS450_.jpg

「OTTOCAST U2-PLUS」とは何なのか?:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ

ただ、「CarPlay AI Box」の代表的製品である「OTTOCAST U2-PLUS」は、搭載OSが「Android 9」で古い。

811LF+p7f3L._AC_SX425_.jpg

PICASOU 2 CarPlay AI Box - Ottocast ? OTTOCAST

「OTTOCAST」では、最近「PICASOU 2」という製品が出て、SoCも高速になり、動作は快適になっているのだが、価格が5万円近くするのに、残念なことに、OSが「Android 10」にとどまる。

正直、Androidの世界では、すでに「Android 8」に非対応のアプリが増え始めており、Android OSのメジャーバージョンアップが、年1回ペースで行われていることを考慮すれば、「Android 10」の寿命はあと2年程度しかないだろう。

となると、たった2年のために5万円を出すのは、馬鹿々々しい。

CarPlay AI Box Android12 ?AliExpress version で CarPlay AI Box Android12を送料無料でお買い物

一方、AliExpressを検索すると、「OTTOCAST」以外のブランドから、Android 12搭載の「CarPlay AI Box」が販売されており、価格も2万円前後で買えるようだ。

ただ、よく知らないブランドも多いので、

・商品としての品質が大丈夫か?
・OSバージョンがフェイクじゃないか?
・SoCの性能が、実用上十分か?
・日本での使用(日本語対応、Wi-Fiバンド等)に問題ないか?

といった点をもう少し調査して、大丈夫そうなら購入したいと思う。

関連記事:
「Android Auto」と「Apple CarPlay」の違い:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ
CarPlay AI Box「UX999 Air」は安いけれど・・・:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ





ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ



スポンサードリンク




nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。