SSブログ

カラーE-inkの電子書籍リーダーの発売が本格化 [電子書籍]

E Ink │ E Inkについて

現在、世界の電子ペーパーパネルを、ほぼ独占的に生産しているE-Ink社が、従来より低コスト化したカラーE-inkパネル「Kaleido」を生産し始めたこともあり、それを採用した新たなカラー電子ペーパー端末が発売され始めた。

birmingham-ex_birmxxamb08dsh8xqb.jpg

電子ペーパーがついにカラーに! PocketBook Colorレビュー | ギズモード・ジャパン

2020年5月に先陣を切ったのは、5.84インチのカラーE-inkディスプレイを搭載したスマホ「Hisense A5C」だったようだ。
ただ、この製品、完全に中国国内向けで、Google Playストアも使えず、話題にはなっていない。

続いて、2020年7月に、6インチのカラーE-inkディスプレイ電子書籍リーダー「PocketBook Color」が発売となったが、こちらは、E-inkのメインターゲットである電子書籍リーダーであり、価格も2万円からスタートしたことで、話題を呼んだ。

「PocketBook Color」は、汎用的なAndroidタブレットでもあり、自由にアプリがインストールできる点も、注目を集めた。
これまでも、モノクロE-inkで、Androidが動作するタブレット端末はあったものの、モノクロのE-ink表示では、どうしても表示の制約が大きかった。それが、カラー化で解消されるかもしれないとの期待があったからだ。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

「Likebook Mars」のアップグレード完了 [電子書籍]

61dCuINdZwL._AC_SL1200_.jpg

「Likebook Mars」の充電が完了したので、一通り触ってみたら、バッテリーは今もしっかり生きているようだ。
なので、早速アップグレードを行ってみる。

【Boyue】Likebook 7.8インチモデルMarsに、大規模なアップデートを実施 | 【イータブ】E-ink専門サイト

「Likebook Mars」の開発者向けの設定で、USBデバッグを有効にして、パソコンとUSB接続し、上記サイトに書かれているアップデートプログラムを実行し、「Likebook Mars」の最新ファームを指定して、アップデートの実行を指示する。

その後、「Likebook Mars」の電源ボタンの脇にある穴を、ピンで押して、リセットを行うと、10分ぐらいで自動的にシステムが再起動し、Android 8.1にアップグレードされて、ホーム画面が立ち上がった。

パソコンとの接続さえ問題なければ、アップグレード自体は、割と簡単に終わってしまう。

なお、アップデートで、データはすべて消えてしまうので、必要なデータは、予めバックアップを取っておく必要がある。
私の場合、長い間使っていなかったので、必要なデータもなく、完全にデータをクリアした状態でアップグレードを行った。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

e-ink搭載Androidタブレット「BOOX MAX3」を使い始める [電子書籍]

e-ink搭載Androidタブレット「BOOX MAX3」が届いた:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ

前の記事からずいぶん時間がたってしまったが、e-ink搭載Androidタブレット「BOOX MAX3」のセットアップを行い、使い始めている。

IMG_20210324_102756.jpg

「BOOX MAX3」は、初期状態で電源オンすると、Android標準のセットアップアプリは立ち上がらず、「BOOX MAX3」独自のセットアッププログラムが立ち上がる。まずは、デフォルトの言語を選択し、タイムゾーンや時刻の設定を行い、

IMG_20210324_103127.jpg

次に、画面の四隅と中央を付属ペンでタッチし、タッチペンのキャリブレーションを行う。

IMG_20210324_103308.jpg

その後で、ようやくWi-Fiの設定を行うと、

IMG_20210324_103335.jpg

独自のランチャーメニューが表示される。このメニュー、左側に、書棚、書店、ノート、保管庫、アプリ、設定の6つのタブアイコンが表示され、このアイコンをタップすると、右側にその内容が表示される。

いわゆる、Android標準のホーム画面はどこにも表示されない。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

e-ink搭載Androidタブレット「Likebook」シリーズの現状 [電子書籍]

61dCuINdZwL._AC_SL1200_.jpg

Boyue社の「Likebook Mars」のその後:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ

「BOOX MAX3」とば別に、私は、Boyue社の「Likebook Mars」という7,8インチe-ink画面のAndroidタブレットを持っているが、ここ1年以上、全く使っていない。

「Likebook Mars」は、2018年末ごろ購入したが、当時、OSはAndroid 6.0を搭載し、Amazon Kindleアプリも、楽天Koboアプリも動作しながら、それらの電子書籍をe-ink画面で読めるという利便性が気に入った。

並行して、8インチ液晶画面のAndroidタブレット「dtab Compact d-02K」を使い始め、「dtab Compact d-02K」は、動作が軽快なので、主にマンガを読むのに使い、活字本は、文字が読みやすく目が疲れない「Likebook Mars」を使うというように使い分けすることを考えていた。

ところが、その後、「Likebook Mars」をだんだん使わなくなり、すべての電子書籍を「dtab Compact d-02K」で読むようになってしまった。
理由としては、「Likebook Mars」でのアプリ動作が不安定で、特にAmazon Kindleアプリが、読書中に突然クラッシュすることがよく起き、ストレスを感じることが多かったためだ。
Android 6.0というOSも、そろそろ動かないアプリが増え始めており、もう「Likebook Mars」を使うことはないかな、と思っていた。

e-ink搭載のAndroidタブレット「BOOX」の新シリーズ:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ

e-ink搭載Androidタブレット「BOOX」シリーズは新モデルが出始め、こちらはAndroid 10を搭載している。

それに対して、以前は「BOOX」シリーズの対抗馬と見られていたBoyue社の「Likebook」シリーズはどうなっているのかと思い、最新状況をチェックしてみた。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

e-ink搭載Androidタブレット「BOOX MAX3」が届いた [電子書籍]

boox-max3 ? SKT株式会社

ネットフリマで購入したe-ink搭載Androidタブレット「BOOX MAX3」が、家に届いた。

IMG_20210319_104627.jpg

予想以上に大きな箱にびっくり。宅配便を受け取った奥さんは、何か大判の画集だと思ったみたい。

IMG_20210319_105202.jpg

開梱すると、本体以外に、ワコムスタイラスペン、USB TYPE-Cケーブル、micro HDMIケーブル、microSDカードリーダー、取扱説明書、保証書が入っていた。画面保護フィルムも付属するはずだが、おそらくそれは既に貼られた状態で送られてきた。

保障書は、日本の公式代理店のFOX STOREのものが付いていた。日本国内で販売されたものということで安心だな。

充電器は付属しないが、「Quick Charge3.0」規格対応の充電器を使うと、約2.5時間でフル充電可能なようだ。
我が家には、「Quick Charge3.0」対応充電器があるので、後日、実際に試してみる予定だ。

IMG_20210330_140339.jpg

付属するこのアダプタ、でっきり、TYPE-C端子に接続するOTGのUSBアダプタなのかと思ったら、そうではなくてmicroSDカードを直接させるリーダー/ライダーであった。

つまり、この製品の弱点である、ストレージが内蔵の64GBのみで増設できない点をカバーするために、このアダプタを付けたみたいだ。
使えるmicroSDカードノ最大容量については、どこにも記載がなく分からないので、これについては後日、できる範囲で試してみようと思う。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)