SSブログ

モバイルルータ「AtermW500P」を購入 [モバイル]

スポンサードリンク



ホテル用モバイルWi-Fiルータというと、NECの「AtermW300P」を購入済みで、ホテルでのインターネット利用はもちろん、屋外では「Wi2 300」の公衆無線LANを中継するのに使えるなど、大変重宝している。

PA-W500P.jpg

Aterm W500P | 製品一覧 | AtermStation

その後、「AtermW300P」の上位機種として「AtermW500P」という製品が発表された。
「AtermW300P」から改良された点は次のとおり。

・無線LANが、11ac/n/a(5GHz帯)と11n/g/b(2.4GHz帯)の切り替え式になり、特に、5GHz帯の無線LANが11ac(1x1アンテナで最大433Mbps)に対応し、最新スマホの規格に対応した
・NFCを利用したスマートフォン、タブレットとのかんたん接続設定機能
・有線LANにしか繋げられないネットワーク機器に繋げて、無線LAN子機としても使える
・公衆無線LANにアクセスできるアクセスポイントに、ワイヤレスゲートと、eoモバイルが追加され、成田エクスプレスや、東海道新幹線でも使えるようになった
・有線LAN接続と公衆無線LAN接続の切り替えが、スイッチで簡単に行えるようになった
・自宅の有線LANルータに繋いで、無線LANアクセスポイントとしても使える
・ACアダプタ、持ち運び用ポーチなどが付属されるようになった

色々改良され、機能も増えているのだが、バッテリー非内蔵なのは変わっていないし、「AtermW300P」で十分という意識もあり、ずっと、わざわざ買い換えるほどでもないな、という認識だった。

それが、たまたまオークションで「AtermW500P」を見かけ、新品同様の中古が送料込み2,900円という「AtermW300P」を買ったときよりも安い値段が付いていたので、思わず入札。
結局、競争相手もなく落札できてしまった。

今後は、改良された「AtermW500P」を持ち歩くことになると思う。

個人的には、公衆無線LANへの切り替えが、ブラウザで設定メニューにアクセスしなくても、スイッチで行えるようになったのはとてもうれしい改良だし、公衆無線LANがワイヤレスゲートにも対応したのは、新幹線でも使えて嬉しい。
「AtermW300P」は、オークションで売ろうかな。

ところで、AtermのWebサイトを見ていて、製品が「NEC」ブランド表記になっていて疑問を感じていたのだが、最近氷解した。
以前だと、こうしたネットワーク製品は、「NECアクセステクニカ」というブランドで発売されていた。
それが、2014年7月1日付けで、NECアクセステクニカ、NECインフロンティア、NECインフロンティア東北、NECコンピュータテクノの4社が、NECプラットフォームズ株式会社という会社に統合され、この会社に製品管轄が移ってからは、「NEC」ブランドで商品を売ることになったようだ。

関連記事:
モバイルWi-Fiルーター「AtermW300P」を早速使っている:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ





ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ



スポンサードリンク




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました