So-net無料ブログ作成

前の5件 | -

なぜラジスマを再び宣伝しているのかと思ったら [ラジオ]

最近、ツイッターを覗いていて、今年春ごろ、一時的に宣伝してた「ラジスマ」について、再びツイートしていて、不思議に思った。

7b75fe9efd23b369b168f3cf4cd3421a.JPG

ラジスマ | 民放ラジオ101局「ラジスマ」キャンペーン

何かイベントでもあるのかと思い、チェックしてみたら、特に何かイベントとか特番がある訳ではなく、久々に「ラジスマ」対応のスマホが発売されたから、みたい。

「ラジスマ」とは、FMラジオを内蔵し、radiko+FMというアプリがプリインストールされていて、ラジオ番組をradikoとFMラジオ放送で自動、または、手動で切り替えて聴くことができるスマホの機能、とのことだ。

これまで、スマホでは聞けなかったAM放送も、来年春には全国すべてのAM局がワイドFMに対応し、FMラジオがあれば、ほぼ全国のラジオ放送が聞ける状況となるだけに、スマホでもFMラジオ機能を入れて欲しい、というのが、放送局としての望みなのだろう。

ただ、radiko+FMアプリは、FMラジオ内蔵のスマホが、どれでも利用できる訳ではなく、「ラジスマ」対応を銘打った次のスマホでしか動作しないらしい。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

カメラ付き「ポケトークS」が新発売 [情報家電]

pts.ashx.png

POCKETALK (ポケトーク) - 翻訳機を超えた、夢の「通訳機」|POCKETALK(ポケトーク)

ポケトークというと、明石家さんまがCMをしていて、どこででも使えるポータブルな翻訳機として、とても人気が高い。

最近は、インバウンドを意識した施設やお店などでも、置いてあることが多い。
英語なら多少話せても、それ以外の言語となると、話せる人材を確保するのは大変だし、いても人員不足だから、こうした翻訳機である程度意思疎通ができるのは、非常に便利なのだと思う。

「ポケトークS」の翻訳機能自体は、ほとんどGoogleなどのクラウド翻訳の機能を使っているので、スマホでも、ほぼ同じことはできるのだが、

・アプリを立ち上げてタッチ操作しなくても、ボタン一発で翻訳できる
・マイクとスピーカーが反対側についていて、いちいち、しゃべった後、端末を相手に向ける必要がない
・2年間は世界中でネット接続できるSIMカードが付いているモデルが用意されている

といった、初心者がつまづきやすい点を排除し、誰でも使える工夫をしていることが、ヒットの理由だと思う。

ポケトークS 主な機能|POCKETALK(ポケトーク)

12月6日に発売される「ポケトークS」は、「ポケトーク」にカメラを付けた。

カメラで文字を撮影すると、55の言語を自動で認識して翻訳し、画面上に表示され、音声で聴ける言語も多い。
英語併記など複数の言語が一緒に表示されていても、それぞれの言語として認識し、翻訳できる。

翻訳したい文字の範囲を選択して、その範囲を翻訳することもできるらしい。

これもおそらくGoogleの画像翻訳機能をそのまま使っていると思われるのだが、機能の見せ方が上手いのだ。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

11.11セールで「Melrose 2019」を購入 [スマートフォン]

最近、ブラックフライデーだけでなく、11月11日にも、あちこちでセールをやっているな、と思って調べたら、これは、中国のAlibabaが始めた「独身の日」にちなんだセールが、米国や日本などにも広がったものらしい。


超小型スマホ「Melrose 2019」発売:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ

これを機に、ポータブルオーディオプレーヤーとして使う超小型スマホを購入しようと考えていたのだが、結局、「Melrose 2019」のRAM 3GB/ROM 32GB搭載のGoogle Play対応版を購入した。

新モデル「Melrose 2019end」も出ていて、価格も「Melrose 2019」と大差なかったのだが、スペック的には「Melrose 2019」とほとんど変わりがなく、単なるデザイン違いに過ぎないみたいであったのと、「Melrose 2019end」には、RAM 2GB/ROM 32GB搭載のモデルしかないのに対し、「Melrose 2019」なら、ほぼ同じ価格でRAM 3GB/ROM 32GB搭載モデルが存在することが決め手となった。

なにせ、Melroseの過去モデルでも、スペック表に「RAM 2GB(実質1GB)」といった訳の分からない表記がしばしばあり、「RAM 2GB」と書いてあったも本当に2GBなのか信用できない。
なので、Melroseの場合、RAMは大きい方を選んだ方がリスクが少ないだろうと考えたのだ。

価格は、クーポンも適用されて、8,171円だった。

スペックは、次の通り、最近の超小型スマホの標準的なもの。

続きを読む


nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

次に買う超小型スマホは? [スマートフォン]

main-u2-800x800.jpg

現在、ポータブルオーディオプレーヤーとして、超小型スマホ「Ulcool U2」を使っているのだが、なにせ、RAMが1GBしかないAndroid Go端末であり、色々制約があるのは確かなので、そろそろ新しい端末に買い替えたいと思っている。

なので、ブラックフライデーなどのセールに向けて、これまでブログで紹介してきた新機種を中心に物色しているのだが、思ったより目ぼしいものがない。

iLA-R17-294x378.jpg

超小型スマホ「iLA R17」の続報:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ

まず、「iLA R17」は、未だ販売されているサイトが見当たらないので、買いようがない。

M17.png

超小型スマホの新製品「K-TOUCH M17」:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ

「Anica K-TOUCH M17」は、旧モデル「Anica K-TOUCH i9S/i10」が、ROMレベルで削除不可能なマルウェア入りだったし、バッテリー容量の容量偽装が酷かったので、Anicaはもう二度と買わない。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「FUJI-Wifi」が最安値の時代は終わったのか? [モバイル]

fujiwifi.jpg

ルータープラン - FUJI-Wifi Official

現在WiMAXモバイルWi-Fiルータをレンタル中の「FUJI-Wifi」は、レンタル開始当時は、パケット使い放題では月額料金が最安値だった。

現在は、同じプランは、月額3,200円(税別)と少し値上げになったし、ソフトバンクのSIMを借りられるプランも、使い放題だと月額6,000円(税別)、100GBだと月額3,800円(税別)、50GBだと月額3,100円(税別)。

「FUJI-Wifi」は、契約期間の縛りがなく、一月単位でペナルティなしで解約可能であるメリットがあり、それを考慮すれば、「縛りなしWiFi」の「縛りなしプラン」あたりに比べれば、まだまだお得度は高いのは確かだ。

さらに、各プランには「おまとめプラン」というのが設定されていて、たとえば、 12ヶ月分を前払いすると、50GBが実質2,480円(税別)、100GBが実質2,980円(税別)まで割引される。
これは、今でも最安値クラスと言えると思う。特に、毎月の通信量が50GBで足りるなら、月額2,480円(税別)なら安いと思う。

続きを読む


nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感
前の5件 | -