SSブログ

前の5件 | -

コンパクトスマホ「SOYES XS12」をしばらく使ってみた [スマートフォン]

コンパクトスマホ「SOYES XS12」を、1週間ほど使ってみたので、感想を書いておきたい。

バッテリー容量は虚偽表記

Screenshot_20211202-110118.jpg

バッテリー容量は、電源プロファイル上、2,100mAhと認識されるが、AccuBatteryで1週間使ってみた結果、推定容量は1,099mAhと出た。
AccuBatteryによる容量推定自体も、誤差はあると聞くが、さすがに表記の2,100mAhの約半分というのは酷い。ただ、実際の本体サイズや重さを見れば、推定容量が妥当だと思う。

実際のバッテリーの持ちも計測してみた。

Screenshot_20211202-215452.jpg

こちらは、まず何も使わず放置した場合だが、約12時間でバッテリーが切れ、一日も持たない。

Screenshot_20211112-164622.jpg

ラジオ番組に特化した「ラジオ番組向けメディアプレイヤー」の最近:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ

こちらは、「ラジオ番組向けメディアプレイヤー」で、なにも操作せず、録音したラジオ番組を再生し続けた場合だが、5時間がせいぜい。朝9時から使い始めたら、午後2時には切れてしまうことになる。

これでは、週末の街歩きに使いたい私には、使い物にならない。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

100円ショップの定点観測・2021年12月 [100円ショップ]

先月も、近所のお店を循環するだけのレポートになってしまいました。

seria.jpgから、

IMG_20211127_175114.jpg

USB Type-CのL字充電・データ転送ケーブルの新製品。

IMG_20211127_175142.jpg

Lightning充電専用ケーブルの新製品で、コネクタ部分がスマホスタンドになるのが特徴。

IMG_20211127_175123.jpg

iPhone 11/12シリーズのカメラ保護フィルムの新製品、2種類。

IMG_20211127_175956.jpg

電池式のかんたん毛玉取り器の新製品。既存のものよりカッターの面積が大きめ。

IMG_20211127_175303.jpg

12SMD&1LEDのランタン兼懐中電灯の新製品。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

8インチAndroidタブレットの新モデル「Blackview Tab 6」 [タブレット端末]

Blackview-Tab6-1.jpg

Blackview Tab 11 / Tab 6 - 10インチのTab 11はWidevine L1、8インチのTab 6はお子さんの利用にも向きます

低価格スマホの中国ブランドBlackviewから、新しいAndroidタブレットが発売された。

10インチ画面の「Tab 11」と、8インチ画面の「Tab 6」だが、その中で、「Tab 6」は、最近、めったに出ない貴重な8インチモデル。

スペックは、「Tab 11」と似たところも多く、OSは、Android 11ベースのDoke OS_P 2.0だったり、LTEの対応バンドも同じだったりする。

しかし、「Tab 11」より値段を下げるためか、SoCが「UNISOC T310」になり、RAMは3GB、ストレージは32GBと必要最小限。

ディスプレイも、1,280×800ピクセルのフルHDに満たない解像度となっているため、電子書籍でも、A4サイズの大画面の漫画の細かなネームや、A4雑誌の細かな文字は厳しい。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

10インチAndroidタブレットの新モデル「Blackview Tab 11」 [タブレット端末]

blqackview_tab11-1.jpg

Blackview Tab 11 / Tab 6 - 10インチのTab 11はWidevine L1、8インチのTab 6はお子さんの利用にも向きます

低価格スマホの中国ブランドBlackviewから、新しいAndroidタブレットが発売された。

10インチ画面の「Tab 11」と、8インチ画面の「Tab 6」だが、「Tab 11」は、競争相手が多い10インチタブレット。

その中で、

・SoCが「UNISOC T618」
・RAM容量が8GB
・ストレージ容量が128GB
・2,000×1,200ピクセルの10.36インチ液晶画面
・カメラは1300万画素(リア)&800万画素(フロント)

といったあたりは、飛び抜けたスペックではないが、既存の10インチクラス他社モデルの中でも上位のスペックになる。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

夫婦二人で車旅行をするための選択肢「軽ワンボックス」(1) [乗り物]

489790.jpg

車の買い替えを完投する中で、「軽ハイトワゴン」へのダウンサイジングは考えに入れていたが、商用車ベースの「軽ワンボックス」とか「軽バン」と呼ばれるジャンルの車は全く目が向いていなかった。

商用車ベースの車を、乗用車向けにアレンジした車種はあるにしても、さすがに、装備や安全性、乗り心地などで、「軽ハイトワゴン」より劣り、日常のる乗用車として使うのは厳しいだろうと、考えていたからだ。

そんなとき、子供たちが完全に手を離れ、これからのことを夫婦で話したときに、奥さんの方から、「車であちこち行ったことがないところに旅行したい。食事は贅沢し、温泉も入りたいけど、宿はある程度快適に寝られるなら、車中泊でもいい」という意見が出てきて、ちょっと驚いた。

奥さんは、そういう旅行は嫌いなのかな、と勝手に思っていたからだ(実際、キャンプなどのアウトドアは余り好きではない)。

でも、もし、今後二人が元気な間は、そうした旅行をたくさんしたいというなら、車も、一旦そうした車旅行に適した車を買ってもいい気がする。
それが何年続か分からないが、車旅行に飽き足り、キツくなってきたら、そこで、ここまで検討してきた日常使いに適してた車に、再度買い替えればいいではないか、という気がしてきたのだ。

実は、「軽ハイトワゴン」は車中泊には向いていない。
それらは、FF(フロントエンジン・フロントドライブ)車なのだが、それだと、後部座席を畳んだとしても、大人二人が寝られるフラットな長さは確保できないからだ。

なので、車中泊を考えるなら、普通自動車で「フリード」や「シエンタ」ぐらいのミニバンが欲しくなる。

その一方で、後席を畳めば、大人二人が寝られるスペースを確保できる軽自動車があって、それがFR(フロントエンジン・リアドライブ)の「軽ワンボックス」というジャンルだ。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
前の5件 | -