So-net無料ブログ作成

LINE「Clova Desk」の興味深い点 [AV機器]

スマートスピーカ―「LINE Clova」は、割と初期に半額セールで一応手に入れたものの、音声認識があまりに酷くて、全然実用にならなかったので、全く使っていない。

Google Homeは、割と日常的に使っているが、それも使う機能はradikoやタイマー、Bluetooth接続、音楽視聴など、ごく定番のものだけで、新しい機能を開拓する気力もない。

そのため、最近、スマートスピーカー全般、全然チェックしていなかったのだが、

img_desk_top.png

【実機レビュー】LINE「Clova Desk」とアマゾン「Echo Show」どっちが買い?スマートディスプレイ5番勝負 | BUSINESS INSIDER JAPAN

LINEからも、2019年3月に、「Clova Desk」というディスプレイ付きスマートスピーカーがすでに発売されていたことを、今頃知った。

使って分かった「Clova Desk」のいいところ気になるところ (1/3) - ITmedia PC USER

大まかな機能的には、「Amazon Echo Show」や「Google Home Hub」の後追いと言う感じではあるのだが、後から出すだけあって、それなりに差別化の特徴付けはしてあることが分かる。

最初に気に入ったのはデザインで、「Amazon Echo Show」や「Google Home Hub」が、真正面から見ると、スタンドに置いたAndroidタブレットにしか見えないのに対し、タブレットではなくディスプレイ付きスマートスピーカーとしての独自のデザインポリシーを感じる。
ディスプレイは、7インチあり小さなタブレット並みだが、真正面から見るとほぼ正方形で、ディスプレイの下にはスピーカーがあるので、音もいいはず。

特徴をあげていこう。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

4Kダブル&長時間録画対応「4K DIGA」 [AV機器]

1428407196166.jpg

パナソニック、業界初の4Kダブル&長時間録画に対応したBDレコーダー「4K DIGA」 - AV Watch

2019年7月19日に、パナソニックから発表されたブルーレイレコーダ「4K DIGA」の新製品が、久々に意欲的な新製品でびっくり。

BS4K録画対応のパナソニックレコーダは実売13万円。4K BD-R録画も - AV Watch

BS4Kチューナーを搭載したブルーレイレコーダは、昨年12月に4K BS放送がスタートした時に、「DMR-SUZ2060」が発売されてはいるが、4K BS放送の予約録画機能も、あとからファーム更新で対応するなど、「とりあえず出しました」感がありありだった。

今回発売したのは、ダブル4Kチューナー/4TB HDD搭載「DMR-4W400」とその2TBモデル「DMR-4W200」、シングル4Kチューナー/1TBモデル「DMR-4S100」の3製品で、店頭予想価格は4W400が14万円前後、4W200が11万円前後、4S100が9万円前後だというから、まあ妥当なところ。

そして、今回初代機に比べて大きく変わったのが、初代機が放送をそのままの形で保存するいわゆるDRモードでの録画しかできなかったのに対し、新製品では、新たにH.265/HEVCエンコーダを内蔵し、4K放送番組の長時間録画に対応できるようになった。
上位2モデル(4W400/4W200)は4Kチューナを2基搭載しており、4K放送の2番組同時録画も行なえるという。

ただ、「H.265/HEVCエンコーダ」と書いたが、詳しい説明を読むと、H.265/HEVCで放送された4K放送の、オリジナルの解像度(3,840×2,160)、フレームレート(60p)、ビット数(10bit)、色域(BT.2020)、HDR信号(HLG)を維持したまま、ビットレートを下げデータ量を削減するという。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

テレビのゴミを見て思うこと [AV機器]

DSC00277.JPG

最近、ギョッとすることが増えたのだが、街歩きをしていて、このように、ゴミ回収場所に大型薄型テレビが出されているのをよく見かけるようになった。

もちろん、これはダメ。

市では収集しない『家電製品』の出し方(横浜家電リサイクル推進協議会) 横浜市

テレビは、家電リサイクル法の対象製品なので、家電店などを介するなどして、指定のリサイクル業者に、お金を払ってリサイクルしてもらう必要がある。

地方自治体では、どこもゴミとして回収してくれないので、ゴミ回収場所においても、永遠にそのまま放置されることになり、おそらく所属している自治会などから、ルール違反で怒られることになるはず。なので注意しましょう。

さて、薄型テレビが安くなり爆発的に売れ始めたのは、2006年の地デジ開始以降であり、2011年7月24日に、地上アナログテレビ放送が終了する頃には、ほとんどのテレビが地デジ内蔵の薄型テレビに置き換わっていたことを考えると、2019年の今時点で、買ってから10年を超える薄型テレビは多数あり、当然ながら壊れて動かなくなったテレビも今後どんどん増えるだろう。

こうした動かなくなった薄型テレビを、街中で見かけることが増えているのは、当然なのかもしれない。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ネックスピーカーを間違えて買ってしまった [AV機器]

20190710_203808.jpg

「Osten Design Direct」というネックスピーカーを買ったつもりだったのだが、注文する商品を間違えて、BlueninのBBH-930という商品を買ってしまった。

Amazonでは、商品名で検索したときに、類似した商品も検索結果に出ることがあるのだが、写真がちょっと似ていた上に、値段が安かったので、うっかり間違えて買ってしまった。

買ってしまったからには、一応レポートしておきたい。

IMAG0722.jpg

付属品は、イヤーパッド3サイズ、保証書と取扱説明書、microUSB充電ケーブル。
早速試しに使い始めたのだが、Bluetooth接続に関してちょっとしたトラブルがあって、なかなか使えなかった。

・「Soyes XS」とのBluetoothペアリングがうまくいかない
おそらく「Soyes XS」側の問題もあるようで、この製品、ペアリングするBluetoothデバイスが増えると、ペアリングされたデバイスの検索がおかしくなり、一番近くにあり電波も強いはずなのに、電源も入っていない他のデバイスにやたら接続しに行き一向に接続されない現象が発生する。
「Osten Design Direct」についても、ペアリング自体は成功したものの、なかなか接続されず、ようやく接続されたと思ったら、「メディア」を除いて接続成功となり、結局、音楽などの音が出ない状況となる。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

低価格の「ネックスピーカー」は実用性があるのか? [AV機器]

Mラジオがストレスなく聞ける程度の音質で、5,000円を切るぐらいで買える低価格の「ネックスピーカー」がないものが探していたが、それに近そうな製品がいくつあるようだ。

61-4FDSZiuL._SY355_.jpg

SEOBIOG Bluetooth HX208 イヤホン & スピーカー

・カナル型イヤホンとしても使える
・表面にはソフトタッチのシリコンを採用し、曲げられて首回りにぴったりフィットする
・900mAh大容量バッテリーで、1回約2時間の充電でイヤホンモード約30時間の連続使用
・購入後30日間は原則返品・返金対応し、1年保証が付きの安心のメーカーサポート
・CVC6.0ノイズキャンセリング搭載ハンズフリー通話
・防滴、防塵仕様
・Amazonで4,999円(送料無料)

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感