SSブログ

ウェアラブルデバイス ブログトップ
前の5件 | -

曲面有機ELディスプレイ搭載の格安スマートウォッチ [ウェアラブルデバイス]

初めてスマートウォッチを見てワクワクした:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ

以前、「Nubia Alpha smartwatch」という曲面有機ELディスプレイ搭載のスマートウォッチをご紹介したことがあるが、同様のコンセプトで、格段に安い新製品が発表された。

Amazfit-X-スマートウォッチ-クラウドファンディング-3.jpg

格安スマートウォッチ「Amazfit」の新型「Amazfit X」は色鮮やかな曲面有機ELディスプレイを搭載 | Techable(テッカブル)

Xiaomiと提携するHuamiというブランドから、クラウドファンディングIndiegogoで話題を呼んでいるのが、「Amazfit X」という新製品。

「Amazfit X」は、2.07インチの有機ELディスプレイを搭載しており、物理ボタンはなく、画面へのタッチ操作と、側面の感圧センサーで操作を行う。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「LEMFO LEM T」を使い込んでみたら [ウェアラブルデバイス]

61OCV4JHHqL._AC_SY355_.jpg

スマートウォッチ「LEMFO LEM T」を再度週末に持ち歩いてみた:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ

スマートウォッチ「LEMFO LEM T」を、このところ、毎週末、街歩きに持ち歩いている。
バッテリーの持ちはよく、その後も、朝から夜まで持ち歩いても、バッテリーが途中で切れることはないのは、たいへん安心できる点だ。

ただ、使い込んでいて、新たな発見や、いくつか気になる点も出てきているので、ご紹介。

意外と時計を見る
「LEMFO LEM T」を買ったときに、時計としての機能はまったく気にしていなかったのだが、実際に週末持ち歩いていたら、意外と時計を見ることが多いことに気づいた。
もちろん、スマホでも時計は見られるし、実際スマホで時計を見ることも多いのだが、取り出して、電源ボタンを押さないと見られない(「Galaxy Feel SC-04J」は時計を常時表示できるが)。
「LEMFO LEM T」は、ずっとカバンにぶら下げているので、そちらに目を向ければ、直ちに時計が見られる。
街歩きの最中に、時間が気になったときに、一番最初に素早く見やすいのだ。

Bluetooth接続はやや不安定だが復帰しようとはする
Bluetoothイヤホンとの接続は、「Melrose 2019」に比べてやや不安定で、距離が少しでも離れると切れやすくなるし、そうでなくても、突然切れることがあり、やや不安定。
ただ、「Melrose 2019」は一度切れると、自動ではなかなか再接続に行ってくれないのに対し、この製品は、待っていれば間もなく接続が復帰するのはいい。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

スマートウォッチ「LEMFO LEM T」を再度週末に持ち歩いてみた [ウェアラブルデバイス]

61OCV4JHHqL._AC_SY355_.jpg

「LEMFO LEM T」を腕時計としてではなく使うために:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ

スマートウォッチ「LEMFO LEM T」の所運電力の設定を見直し、腕に取り付けなくても、GoogleFitが動作し続けるようにして、再度、週末の街歩きに、丸一日、持ち歩いてみた。

結果、朝9時ごろ出発し、夜7時ごろ、後は帰りの電車に乗るだけの状況で、「LEMFO LEM T」を見ると、「バッテリーが少なくなっています。省電力モードに移行しますか?」というようなメッセージが表示されていた。

慌てて、バッテリーの残量を確認すると、残りが10%となっていて、確かにこのままラジオ番組を聴き続けると、帰宅までバッテリーが持つのか微妙だったので、ラジオ番組の再生は中止し、GoogleFitのみを動作させ、8時前に帰宅したときに確認すると、バッテリー残量は7%でセーフだった。

ただ、省電力状態をオフにしていると、丸一日、音楽再生+GoogleFitを動作させ続けると、バッテリーが切れかかることが分かった。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「LEMFO LEM T」を腕時計としてではなく使うために [ウェアラブルデバイス]

61OCV4JHHqL._AC_SY355_.jpg

スマートウォッチ「LEMFO LEM T」は腕時計として使うには大きすぎるので、カバンにぶら下げたままでも正常に機能するようチューニング中だ。

具体的には、省電力につながる設定を片っ端からOFFにして、腕には取り付けず、カバンにぶら下げた状態で平日に使ってみているが、どうやら、GoogleFitの歩数やGPSログは、途切れることなく取り続けられるようになったようだ(当然、心拍数は取れないが)。

同時に、サブのスマホ「Galaxy Feel SC-04J」も持ち歩いて比較しているが、歩数計の値は、若干「LEMFO LEM T」のほうが少なめに出る傾向にあるようだが、まあ許容範囲。

GPSログにデータの途切れは発生しておらず、「Galaxy Feel SC-04J」と同等のログが取れているし、位置精度に関しては、「LEMFO LEM T」の方が高いことが分かってきた。

ただ、省電力をOFFにした分、バッテリーの消費は早くなっているように見えるため、丸一日、街歩きに使えるか、若干不安も感じる。

なので、今週末に再度、丸一日、街歩きで使って、本当にバッテリーが最後まで持つのか最終的に検証してみるつもりだ。
そこで、あまりに持ちが悪化しているようなら、省電力の設定をいくつか元に戻して、支障がないか再検証が必要かもしれない。

ついでなので、そのほか、「LEMFO LEM T」について、気づいた点をメモ。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「LEMFO LEM T」を常用するには? [ウェアラブルデバイス]

71oY5JDcXBL._AC_SL1500_.jpg

「LEMFO LEM T」を再度持ち歩いてみた結果:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ

スマートウォッチ「LEMFO LEM T」を実際に使ってみて、バッテリーの持ちが本当にいいことが分かり、丸一日、街歩きをする間、GoogleFitので歩数+GPSログを取りながら、ラジオ番組の録音などを聴き続けても、バッテリーが切れないことが分かった。

GPS精度も、これまでGoogleFit用に使ってきた「Galaxy Feel SC-04J」より、おおむね高いと思う。

「Galaxy Feel SC-04J」で、GPSログを見ていると、時々、場所が大きく外れることがあるのだが、「LEMFO LEM T」では、座標の細かなブレはあっても、大きくズレることがないようだ。

ただ、この端末を常用するとなると、色々問題がある。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の5件 | - ウェアラブルデバイス ブログトップ