SSブログ

サービス ブログトップ
前の5件 | -

Amazonプライムの会費が値上げに [サービス]

en_amazon_prime_img_01.jpg

Amazonプライム値上げ、8月24日~ - ケータイ Watch

アマゾンジャパンが、有料会員サービス「Amazonプライム」の会費を8月24日に値上げすることを発表した。

改定前より、年会費が1000円上がり、年額5,900円になり、月会費は100円上がり月額600円(1年間で7,200円)になるという。

私の場合、年会費で支払っていて、前回の支払いは2022年11月なので、2023年11月の年会費から、5,900円に値上がりすることになる。

これを月額に換算すると、408円から492円に上がることになる。

それでも、以前は、1回買い物すれば、その送料だけで元が取れる、という認識だったのだが、何度かの値上げが繰り返され、だんだん微妙なサービスになってきた。

私が、Amazonで買い物をするのは、平均すれば月に1回から2回。

しかも、過去の履歴を見ると、Amaonプライム扱いより安い、Amazonマーケットプレイスのショップで買っているものもある。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

スマホでワクチン接種証明書を表示する [サービス]

Screenshot_20211221-140148.jpg

デジタル庁の「新型コロナワクチン接種証明書アプリ」が登場、5分で発行完了 - ケータイ Watch

2021年12月20日から、デジタル庁による「新型コロナワクチン接種証明書アプリ」の配信が開始された。

iOS版とAndroid版が用意されており、それぞれおApp Store、Google Play Storeからダウンロードできるというが、そのスマホで「マイナンバーカード」が読み込めることが必要だという。

まずは、今使っているスマホがFelica対応なので、それで「マイナンバーカード」が読み取れないか調べてみた。

OPPO Reno Aなどオッポスマホ5機種が『マイナンバーカードの読み取り』に対応 - OPPOラボ

まず、私が今メインで使っている「OPPO Reno A」が、マイナンバーカードの読み取りに対応したというニュースを発見。

JPKI利用者ソフト - Google Play のアプリ

そのスマホで、マイナンバーカードが読み取れるかは、この「JPKI利用者ソフト」で検証すればいいのだが、なぜか「OPPO Reno A」では、Google Playストアに、このアプリが表示されず、ダウンロードできない。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

よく行く理髪店「理容e-カット」 [サービス]

logo00000045.png

QBハウスとは | QBハウス "10分の身だしなみ"

髪型をまったく気にしない私は、散髪というと、以前は、“1000円カット”の「QBハウス」ばかりを使っていた。

“1000円カット”の「QBハウス」が1200円に値上げ 2019年2月から | WWDJAPAN

それが、2019年2月から1,200円に値上げされたため、それを機に、近所に他に安いお店がないか、探したらあったので、試しに行ってみた。

理容e-カット ブログ

IMG_20210615_091129.jpg

それが、湘南台駅東口から徒歩5分にある理容店「理容e-カット」だ。

このお店、チェーン店ではないのだが、普通の理容店と「QBハウス」のいいとこ取りのシステムを作り上げていて、なかなかいい。

まず、次の3つのコースが用意されており、希望する内容レベルに応じて、自由に選べる。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

ネット通販の宅配、大丈夫か? [サービス]

アイリスオーヤマの扇風機「LFD-306L」が届いた:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ

先日、Amazonプライムの無料配送で、アイリスオーヤマの扇風機「LFD-306L」を購入したが、商品以外の部分で、ちょっとしたトラブルがあった。

この製品、注文当時は品切れで、1週間後ぐらいに入荷したら届くということになっていたので、いつ届くかすっかり忘れていたのだが、その日、奥さんが夜8時ぐらいに帰ってきたときに、ずりずりと大きな箱を家の中に運び入れた。

それが、アイリスオーヤマの扇風機「LFD-306L」だった。

IMG_20200722_170625.jpg

この大きな箱が、玄関の外に放置されていたのである。

続きを読む


nice!(0)  コメント(2) 

マイナポイント制度を利用するには [サービス]

マイナンバーカードを申請してみた:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ

先日、マイナンバーカードを取得した理由の一つとして、2020年7月1日から、マイナポイント事業という新たなポイント還元事業が始まり、それを利用するには、マイナンバーカードが必要であることを知ったことも一つの理由だった。

これまで、キャッシュレス・ポイント還元事業という、中小企業での買い物などで最大5%の還元が行われていたが6月末で終わるが、それに代わって始まるのが、マイナポイント事業で、指定したキャッシュレス決済で、買い物、チャージ利用の25%、最大5,000ポイント(5,000円相当)が還元されるそうだ。

マイナポイントの予約方法 | マイナポイントの取得・利用まで | マイナポイント事業

マイナポイント制度を利用するには、こちらの公式サイトによれば、まずは、マイナポイントの予約手続きをしておく必要があるという。

これには、まず、マイナンバーカードが読み取りできるスマホまたはPCに、専用のマイナポイントアプリ/PCソフトをインストールする必要がある。

PCソフトを利用するには、マイナンバーカードが読み取りできるICカードリーダーが必要(持っていない)。

一方、アプリは、Android/iOSに対応するのだが、

マイナンバーカードに対応したNFCスマートフォン一覧 nfclist.pdf

こちらの対応機種でないと使えないという。予想以上に対応製品が少ないことに愕然。
てっきり、おサイフ機能内蔵のスマホであれば、全部大丈夫なのだろうと安易に考えていたのだが、実際に、使っているスマホ「Umidigi F1」はもちろん、おサイフ機能があるサブのスマホ「HTC U11」でもアプリが動かない。iPhoneも、iPhone 7以降でないと使えない。

日常使っているスマホは全滅で、困ってしまった。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
前の5件 | - サービス ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。