SSブログ

クラウドサービス ブログトップ
前の5件 | -

「Google Stadia」は失敗だったと結論付けていいだろう [クラウドサービス]

02655433.jpg

Googleの「Stadia」はビジネスとして成立するのか?(2):トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ

速報:Google Stadiaは月9.99ドル、日本含まぬ14か国で11月開始。初期タイトル発表 - Engadget 日本版

Googleがストリーミング配信型のゲームプラットフォーム「Google Stadia」をスタートさせると発表したときに、これは「ゲーム界の革命だ!」と大絶賛した評論家諸氏もいたが、私自身は、本ブログで、技術的観点から見て、その実現性に疑問符を付けていた。

その後、どうなかったのか、調べてみると、私の疑問は、そのまま現実のこととなったようだ。

海外反応! I LOVE JAPAN  : グーグルのStadiaはこのまま終わる!? 海外の反応。

海外反応! I LOVE JAPAN  : なぜグーグルのstadiaは失敗したのか!? 海外の反応。

海外反応! I LOVE JAPAN  : グーグルのクラウドゲーム「Stadia」に酷評の声相次ぐ! 最悪サービス終了の可能性も!?

Stadiaの苦戦はゲームストリーミングにとって何を意味するのか? - GamesIndustry.biz Japan Edition

実際にスタートした「Google Stadia」は、料金に対し、サービスの質やコンテンツのラインナップが見合わないと、酷評の嵐。

Googleもそれを積極的に改善しようという動きも見られず、あっという間に、ゲーム業界の表舞台から消え去ってしまい、今では、ほとんど誰も話題にしなくなってしまった。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

Googleドライブの利用方法を方針変更 [クラウドサービス]

f15f0a74e0604ea686f0f35ed3550f7b34c5fac6_large.jpg

新しくなったGoogleドライブ有料版「Google One」を使ってみた話。 | 格安スマホマイスターぴざまん

2019年11月に、Googleドライブ有料版「Google One」を、年額13,000円の2TBを契約した時は、広大な土地を手に入れたつもりでいたのだが、どんどん空き容量が減りつつある。

現段階での内訳は、

・Gmail:約5.6GB
・Googleフォト:0GB(高画質プランを使用中のため)
・Googleドライブ:約920GB

Googleドライブの内訳は、次の通り。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

容量拡大したGoogleクラウドの環境構築開始 [クラウドサービス]

Google アンケート モニター - Google Play のアプリ

「Googleアンケートモニター」アプリで貯まったGoogle Payのクレジットで、

google-drive.jpg

Google One - 追加の保存容量と Google の各種特典

無料プラン(15GB)で使っていたGoogle Driveの容量を、2TBに拡大(年間13,000円)したが、その後、徐々にデータをGoogle Driveにアップロードする作業を進めている。

「一気に」ではなく「徐々に」となってしまうのは、アップロード速度があまり速くないからで、多分、アップロードを続けていると、徐々に遅くなる仕組みなのだと思う。
新たな同期を開始すると、最初は速いのに、徐々に速度が低下するようなのだ。全体的なトラフィックを抑える上で、それは仕方のないことなのかもしれないが。

現在、クラウドとの同期が完了したファイルは次の通り。

・Googleフォトにもアップロード済の静止画データ
Googleフォトには、高画質モード(容量無制限)でアップロード済だが、若干だがオリジナルから圧縮されるため、Google Driveには、オリジナルのファイルをアップロードすることにした。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

Google Payの貯まったクレジットでGoogle Driveの有料プラン契約 [クラウドサービス]

unnamed.png

Google アンケート モニター - Google Play のアプリ

あるところで、「Googleアンケートモニター」アプリが、ものすごくポイントがたまりやすいという話を聞き、日常的に利用している。
数日間全くアンケートが来ないこともあるが、立て続けに数件来ることもあり、なにより、アンケートの回答でもらえるポイントが、他のアンケートサイトに比べて、異様に高いのだ。
ポイント自体は、Google Payクレジットの形で貯まり、1クレジット=1円相当なのだが、質問が一つしかないようなアンケートでも、平気で10円分のクレジットがもらえたりする。
他のアンケートサイトと、同様のアンケートの場合、1円を切るのが普通であり、一桁以上違う感じなのだ。

index.png

と言っても、いいことばかりではなく、ポイントがGoogle Payクレジットの形で貯まるため、実は、あまり使い道がない。

GooglePlayの残高を現金化する方法はあるのか?解説!

具体的には、次の使い道ぐらいしかできない。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ストリーミングゲームサービス「Google Stadia」の料金体系 [クラウドサービス]

02655433.jpg

速報:Google Stadiaは月9.99ドル、日本含まぬ14か国で11月開始。初期タイトル発表 - Engadget 日本版

Googleがストリーミングゲームサービス「Stadia」の詳細を発表し、料金体系についても明らかになった。

まず、サービスの開始だが、今年2019年11月からで、日本を含まない世界14か国でスタートする。

以前、「Google Stadia」に関して取り上げた時に、料金体系は従量制にせざるを得ないのではないかと書いたが、発表内容を見ると、一応定額料金プランは存在するようだ。

ただし、定額料金で遊べる内容には制限があり、ハイエンドのゲームについては、やはり事実上従量制にせざるを得ない苦悩がうかがえる。

詳しく見てゆこう。

定額制のサブスクリプションプラン「Stadia Pro」は月9.99ドルとなっているが、これで一部のタイトルが遊び放題(具体的なタイトルは未発表)となるが、それ以外の大半のタイトルは買い切り制で、ただし一部は割引料金が適用されるとのこと。

2020年以降には、月課金がないかわりに遊び放題タイトルなし、割引なし、購入したゲームのみ遊べるベースプランも提供されるそうだが、こちらは、画質音質も1080p 60fps映像・2ch音声に制限される。

サブスクリプションプラン「Stadia Pro」では、画質音質は、4K HDR 60fps映像・5.1ch音声対応となっていることを考えると、「Stadia Pro」の月9.99ドルという料金は、ゲームプロバイダへの支払いよりは、ほぼ4K HDRのゲームプラットフォームの維持費ととらえる方が正しいようだ。

ゲームを始めるには、低遅延で遊べるWi-Fi接続のStadiaコントローラが必要だが、これが一つ69ドル。

さらに、「Google Stadia」のスターターキットとも言える「Stadia Founder's Edition」が、129ドルで発売される。

これは、テレビで遊ぶためのChromecast Ultra (4K HDR対応, 59ドル)、3か月分のStadia Proサブスクリプション x2(片方は他ユーザーへのプレゼント専用)、独占でStadia Name (ユーザー名)を確保できる権利が含まれ、「総額300ドル分の価値」があるという。

当然だが、すでに「Chromecast Ultra」を持っている人間は、それを利用でき、わざわざ「Stadia Founder's Edition」を買う必要まではない。

現時点で、公開されているタイトルは次の通りだが、今後続々追加発表される予定。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の5件 | - クラウドサービス ブログトップ