SSブログ

タブレット端末 ブログトップ
前の5件 | -

NTTドコモ「dtab Compact d-52C」がまもなく発売 [タブレット端末]

mv_02.png

dtab Compact d-52C | タブレット | 製品 | NTTドコモ

2020年12月に発売され、現在、私も電子書籍リーダーとして使い始めている「dtab Compact d-42A」の後継モデル「dtab Compact d-52C」が、2023年2月以降に発表されるという。

せめて、価格や発売時期が決まってから、詳しく書こうと思っていたのだが、待ちきれず、ご紹介しておきたい。

というのも、私は、長らく8インチクラスのAndroidタブレットを、電子書籍リーダー端末として常に持ち歩いてきたからだ。

電車の中で電子書籍を読むには、片手持ちしながらボタンでページめくりもできる8インチクラスが最適なのだ。

片手持ちできることは、地図アプリを見ながら街歩きをする際にも便利だし、外出時にはその点でも重宝してきた。

しかし、最近は、8インチAndroidタブレットと言うと、長らくローエンドスペックの製品しか発売されておらず、SoCの処理能力が電子書籍を扱う程度でも遅過ぎたり、画面の解像度が大判マンガを読むには足りなかったり、マンガなどの大容量の電子書籍を保持するのに必要なmicroSDXCカードがサポートされていなかったりと、なかなか満足のスペックの端末が発売されず、新しい端末に買い替えたくても、ちょうどいい端末がない状態が続いていた。

「dtab Compact d-52C」の主要スペックを見ると、久々に、私が望むスペックの端末が発売されそうだ、と大いに期待している。

まず、この製品、NTTドコモから発売されるが、「dtab Compact d-42A」と同様、レノボ製とのこと。

そのため、ここでは、旧モデルの「dtab Compact d-42A」との比較を中心に、詳細スペックを見てゆこう。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

悪くないかも、8インチAndroidタブレット「UAUU T30」 [タブレット端末]

Androidタブレット「dtab Compact d-42A」のセットアップ:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ

電子書籍リーダーとして最適な、片手持ちができる8インチ画面のAndroidタブレットが、最近、ほとんど新製品が出ない中、私自身は、「HUAWEI MediaPad M5」に代えて、約2年前の2020年12月に発売された「dtab Compact d-42A」を、電子書籍リーダー専用として使い始めている。

本当は、もっと新しい端末を買いたいのだが、電子書籍リーダーとして見ると、SoCの処理能力がローエンドレベルだったり、画面解像度が、1,280×800ピクセルのフルHDに満たない解像度しかないなど、結局「dtab Compact d-42A」を上回る端末が登場してこなかった。

8インチAndroidタブレットの新モデル「ALLDOCUBE Smile 1」:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ

8インチAndroidタブレットの新モデル「Blackview Tab 6」:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ

例えば、「ALLDOCUBE Smile 1」や「Blackview Tab 6」は、処理能力はまあまあ合格点だが、画面解像度は1,280×800ピクセルしかなく、元版がA4サイズのマンガだと文字を読むのが辛いのだ。

そんな8インチAnroidタブレットのジャンルに、久々にかなりマシな製品が発売された。

61CYretN8iL._AC_SL1500_.jpg

SIM対応の高解像度1万円台8インチ片手タブ「ユアユーT30」レビュー!【UAUUと書いて“ユアユー”】

ユアユーというブランドから発売されている「UAUU T30」で、しかも、技適認証やPSEマークも取り、公式に日本で使用できるという点も有難い。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

Androidタブレット「dtab Compact d-42A」のセットアップ [タブレット端末]

mv_01.png

「dtab Compact d-42A」をAndroid 12に更新:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ

8インチAndroidタブレット「dtab Compact d-42A」のファームウェアを初期化後、Android 12にアップグレードできたので、電子書籍リーダーとしての環境移行を行いたい。

初期化後に「d-42A」を立ち上げると、自動でセットアップ画面が立ち上がる。

言語やWi-Fiの設定を行うまでは、ごく一般的なセットアップ画面だが、その後、「アプリとデータのコピー」を「する」を選択すると、環境移行したい元の端末をUSBケーブルで接続するよう、促してくる。

これまでは、USBケーブルを使わず、Wi-Fi経由で環境移行を行ってきたが、今回は、USBケーブルでの環境移行を試してみる。

IMG_3360.jpg

USB TYPE-C to TYPE-Cの通信ケーブルを用意し、データ移行元の「MediaPad M5」と、ケーブルで接続する。

その後は、画面の案内に従い、「d-42A」と「MediaPad M5」を操作すれば、スムーズに環境移行が行われた。

転送速度も、Wi-Fi経由で行うより明らかに速いため、あっという間にUSBケーブルを抜いてもいい状態となる。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「dtab Compact d-42A」をAndroid 12に更新 [タブレット端末]

mv_01.png

ドコモが「dtab Compact d-42A」をAndroid 12へバージョンアップしてくれるらしい:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ

「MediaPad M5」に代えて電子書籍リーダーとして使い始めることを決めた「dtab Compact d-42A」だが、まずは、ファームウェアを最新にアップグレードしておこう。

「d-42A」は、初期状態はAndroid 10だったのだが、Android 11には更新したのち、放置していた。

dtab Compact d-42Aのソフトウェアアップデート | お客様サポート | NTTドコモ

それが、2022年11月1日に、Android 12へのアップグレードが発表されていることが判明したので、「MediaPad M5」から環境移行する前に、まずは初期状態のままアップグレードを済ませた。

Screenshot_20221119-135856.jpg

「設定」→「システム」→「システムアップデート」から更新を実行すると、1時間ほどでアップグレードは完了。

なお、この更新で、次の点が変更されているという。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

Androidタブレット「HUAWEI MediaPad M5」が限界みたい [タブレット端末]

61xbEXYPmFL._AC_SY679_.jpg

「MediaPad M5」にUSB接続したmicroSDXCカードの使い道:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ

電子書籍リーダー専用で使っている8.4インチのAndroidタブレット「HUAWEI MediaPad M5」が、いよいよ限界みたいだ。

バッテリーの持ちは、もともとそんなに良くはなかったが、まだ何とか実用的なレベルに留まっている。

処理性能も、電子書籍を読むだけなので、今でも、それほどストレスを感じる場面はない。

何が限界かと言うと、32GBのストレージの残容量がもうほとんどゼロに近いのだ。

残容量が1GBを切ると、システムで警告が表示されるので、不要なキャッシュを削除したり、不要なファイルを削除するのだが、それでも残容量がほとんど増えない。

自炊文書は、1TBのmicroSDXCカードに入れているし、Amazonや楽天Koboアプリのダウンロードエリアも、microSDXCカードに割り当てているのだが、それ以外の電子書籍アプリは、ダウンロードエリアをmicroSDXCカードに変更できないアプリも多いため、長く使っているうちに、次第にストレージを食い潰し、もはや32GBのストレージでは限界だな、と感じ始めている。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の5件 | - タブレット端末 ブログトップ