SSブログ

水道メーターが交換された [住宅]

IMG_4394.JPG

電力のスマートメーターが交換された:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ

先月、我が家の電力計が交換されたが、

IMG_4365.JPG

実は、先月、電力計に続き、「水道メーターの交換をします」という案内がポスティングされていた。

IMG_4368.JPG

2023年9月1日から31日までのいつかに、我が家を訪れ、この水道メーターを交換するという。
ただ、特に、在宅する必要はなく、勝手に交換して、勝手に変えるとのことだ。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

電力のスマートメーターが交換された [住宅]

先日、このような紙が、我が家のポストに入っていた。

東京電力パワーグリッドという、電力網を維持管理する会社からのお知らせで、8月4日(金)に、電力メーターを交換するという。

当日、夫婦ともに用事があり、昼間は自宅には誰もいないのだが、交換に際し停電もしないし、在宅する必要もないそうだ。

IMG_4281.JPG

そのため、当日は予定通り出掛けたのだが、帰宅すると、ポストにこの紙が入っていて、交換が完了したらしい。

CIMG9638.JPG

電力メーターを見ると、確かに、以前付いていたスマートメーターが交換されていた。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

浄水器の変更を検討し始めた。そのきっかけ [住宅]

31e6-Qbjd2L._AC_SX425_.jpg

シンク据え置き型浄水器「ピュリフリー」:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ

我が家では、約3年前から、キッツマイクロフィルターのシンク据え置き型浄水器「ピュリフリー」を使用している。

この「ピュリフリー」を選んだ理由を改めて述べておきたい。

まず、浄水性能についてだが、抗菌性粒状活性炭、繊維状活性炭、中空糸膜を使った三層フィルターにより、JIS規格の13物質+鉄、アルミの15物質を除去できる。

フィルターが、カートリッジ式ではなく、蛇口のセレクターやホースも含めて交換する方式のため、長く使い続けることで汚れが蓄積することがないのもいい点。

また、据え置き型でフィルターが大容量のため、一日10Lで約2年、浄水性能を維持しながら使い続けられるのも、蛇口一体型で小さなカートリッジ式フィルターを交換するタイプの浄水器に比べて有利な点だ。

しかも、毎回、全てを交換する方式でありながら、実売価格が1万円強と安く、1年あたりのランニングコストが5,000円強と、最安クラスであることも大きなメリット。

トータルで見て、ランニングコストが安くて、浄水性能も水準以上というのが、「ピュリフリー」を選んだ理由だった。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

シングルレバー分岐混合水栓「K8761TJV-V2S-13」を取り付ける(3) [住宅]

シングルレバーが壊れてしまったキッチンの水栓を、新たに購入したシングルレバー分岐混合水栓「K8761TJV-V2S-13」に、何とか自分で交換できた、水漏れもなく、何とか使えている。

IMG_20230210_172427.jpg

「K8761TJV-V2S-13」のシングルレバーは、レバーを目一杯下げた状態で水が止まり、

IMG_20230210_172431.jpg

レバーを上に上げれば、水が出る。

IMG_20230210_172416.jpg

また、右一杯に回すと、水の元栓のみから給水し、

IMG_20230210_172412.jpg

左一杯に回すと、お湯の元栓のみから給湯となり、

そのこと自体は、以前使っていたシングルレバー水栓と変わりがない。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

シングルレバー分岐混合水栓の交換に向けた事前調査 [住宅]

k8761tjv-v2s-13.jpg

SANEIのシングルレバー分岐混合水栓「K8761TJV-V2S-13」を購入:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ

SANEIのシングルレバー分岐混合水栓「K8761TJV-V2S-13」が届いたので、水漏れも発生している水栓から、すぐにでも交換したいのだが、なかなかそうもいかない。

なぜなら、一度、現在付いている水栓を取り外してしまうと、交換が完了するまで、キッチンで水が一切使えないからだ。

そのため、出来れば自分以外が家にいない日に行いたいため、現在、その日程を家族に聞き取り、その日に年休を取って作業をやりたいと思う。

k8761tjv-v2s-13_ira.gif

さて、購入した「K8761TJV-V2S-13」の取り付け方法だが、公式サイトにも掲載されていて、「取付けフランジ」という土台を、まず、シンクの穴に上から差し込んで、付属の細い六角レンチで固定した後、「取付けフランジ」に、水栓本体をネジで固定するらしい。

これにより、水栓を取り付けるのに、シンクの下に潜り込んで裏側から固定するような作業が不要で、素人でも非常に簡単に取り付けられることが、商品としての売り文句になっている。

ただ、これが売り文句になっているということは、10年以上前の古い水栓はそうではなかったのかも・・・という悪い予感がして、早速、現在付いている水栓を調べてみたが、予感は当たっていた。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。