SSブログ

藤沢サステイナブルスマートタウン関連の定点観測・2013年7月 [住宅]

スポンサードリンク



最近、目立った動きはない「藤沢サステイナブルスマートタウン」だが、地味ながらその後のニュースを追ってみた。

ブログテーマ[FUJISAWAサスティナブル・スマート]|湘南オヤジのブログ

湘南オヤジさんの現地レポートは、こちらからどうぞ。
太陽光発電パネルも設置され、大きな建物の基礎工事も開始したようです。工事は着々と進行しているようですね。

かながわ経済:藤沢・辻堂のスマートタウン、太陽光発電が稼働 災害時は周辺に給電 /神奈川- 毎日jp(毎日新聞)

この記事によれば、設置されたソーラーパネルは418枚。長さ約370m、総面積約580平米にわたる。1時間に約100キロワット発電できるらしい。

行政関連の情報はこちら。

審議会等の会議開催のお知らせ

第141回藤沢市都市計画審議会が3月15日に行われ、詳細は分かりませんが、藤沢SSTも議題に上がったようです。
ただ、昨年11月にあった第140回(藤沢SSTは議題に上がっていない)の議事録でさえ、ようやく公開されたばかりなので、第141回会議の資料や議事録が公開されるのは、まだまだ先でしょう。

藤沢市|【辻堂地区】Fujisawaサステイナブル・スマートタウン内特別養護老人ホーム整備・運営要綱について

スマートタウン内に設置される予定の特別養護老人ホームの、整備・運営要綱と、事業者募集の告知があった。これって、パナソニックの子会社がやる訳でもないのかな?
それとも、形式的に一般募集もするだけで、事実上は関連会社に決まっているとか?

藤沢市|Fujisawa サステイナブル・スマートタウン景観形成地区にて、景観形成基準を制定しました。

景観形成基準が制定され、公開された。住宅の外観についても、かなり細かな規制があることが分かるな。

その他の関連記事はこれぐらいか。

第11回「新たな『価値創造』で自律的・持続的なスマートシティを実現」 - 技術・サービス最前線 - 日経スマートシティコンソーシアム

こちらの記事には、藤沢SSTのカーシェアリングサービスについて取り上げられてる。

市と連携し教育サポート | 藤沢 | タウンニュース

2014年春の街開きに先駆け、藤沢市内の小中学校55校を対象に、5月30日に環境教育に関する研修会を開催するそうだ。
研修会では、LEDや太陽光パネルなどを題材に、実験を行いながら学ぶ環境教育の進め方を紹介するそうだが、藤沢SSTと無理やり結び付けている感が無きにしもあらずだな。

20130515_fsst.pdf

慶應義塾大学SFC研究所にて開発した手法を活かし、Fujisawaサスティナブル・スマートタウンをテストケースに、スマートタウンの「幸福度」や「科学技術の社会インパクト」を測る評価システムを開発するようだ。

以上、ググって見つけた最近の関連情報でした。





ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ



スポンサードリンク




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 1

トラックバックの受付は締め切りました