SSブログ

「Boogie Board」の寿命が来た [文具]

スポンサードリンク



imge74a031czik0zj.jpeg

「Boogie Board」を設置した | トドのつまりは・・・ - 楽天ブログ

「Boogie Board」という電子メモをリビングに設置したのは、2010年9月のことだったようだ。

BB-1N | ブギーボード | KINGJIM

初代「Boogie Board」BB-1は、指やタッチペンでパネルに書き込むと文字や絵が描きこまれ、ボタンを押すと画面が消去されるだけで、書いたデータの保存さえできないという極めてシンプルな電子メモだが、家族みんなが当たり前に使い倒してきて、早や6年近くたち、書いた文字などが消せなくなった。

内蔵するボタン電池が摩耗したのだろうと思われるが、実は、この製品、簡単には電池は交換できず、基本的には電池が摩耗したら、捨てるしかない、非常にエコに反する製品仕様となっている。

電池の交換方法を探していたら、こちらのサイトを発見。

ブギーボード(BB-1)を分解してみた。: りょう様のブログorz

ボタン電池CR2025を使用しているようだが、交換してみたら、結局消せず、どうやら電池よりパネルの方が寿命が先にいて、消せなくなるようだ、とのこと。だったら、電池を交換しても仕方ないので、諦めることにする。

電子ペーパー黒板「Boogie Board」を購入 | トドのつまりは・・・ - 楽天ブログ

製品発売直後に、並行輸入品を3,500円で買って以降、6年間、家族みんなが、明日の予定だったり、家族間の伝言だったり、買い物のメモだったり、毎日使ってきたので、まあその分の価値は十分あったと思う。

41qtG9d+etL.jpg

BB-3 | ブギーボード | KINGJIM

Boogie Board Ripを使ってみて | トドのつまりは・・・ - 楽天ブログ

さて、代わりの電子メモだが、以前、オークションで購入した「Boogie Board rip」BB-3がストック箱にあるのを思い出したので、それをひっぱり出してきて、充電し、使い始めた。

この製品、「Boogie Board」BB-1と全く同じで、「書いては消す」という使い方もできるのだが、文字や図形を付属のペンで書けば、それをベクトル検出して、SAVEボタンで内蔵メモリに保存でき、USB接続したパソコンで読みだすことができる。
ただし、筆圧などは検出されないため、画面に書かれた絵や文字と、保存できる図形は全く別物で、それを実現するために、バッテリーもリチウム充電池に代わり、定期的な充電が必要になるなど、メリットよりデメリットが上回る出来で、結局、BB-1を使い続けることになり、「Boogie Board rip」はお蔵入りしていた。

しかし、「Boogie Board」BB-1と全く同じ使い方だけをするなら、バッテリーの持ちも悪くないし、画面は9.5型と大きくなっているので、これを使うのでいい気がしてきた。

早速、USBで充電し、Eraseボタンで、画面を消せることを確認。Erase自体の動作ではほとんどバッテリーは消費しない。
しかし、リチウムイオン充電池なので、使わなくても少しずつ放電してしまうので、おそらく1か月に1回ぐらいは充電が必要だろうと思われるが、こればかりは試してみないと分からない。

最大の難点は325gという重さで、BB-1の裏に貼り付けていたマグネットシートでは、磁力が足らず、食器洗い機の裏面の鉄板に貼り付けても、重さで落ちてしまう。

そこで、100円ショップで新しいマグネットシートを購入し、形状に合わせて敷き詰めるように貼り付け、何とか落ちないようになった。

4619326_3L1.jpg

ブギーボード | KINGJIM

充電の面で不安はあるが、とりあえず使い始めてみて、どうしても不満なら、10.5インチ画面で、電池交換はほぼ不要のBB-2という製品も出ているようなので、それを買うかも。

関連記事:
保存できる電子メモ「Boogie Board Rip」 | トドのつまりは・・・ - 楽天ブログ





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ




スポンサードリンク




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました