SSブログ

auひかりからNURO光に変更を決断(1) [インターネット]

スポンサードリンク



現在、auひかりホーム(一戸建て)のずっとギガ得プランを契約してるのだが、2018年3月が3年満了の契約更新月にあたり、3月または4月であれば、違約金なしで解約できるのだが、最初は解
約するつもりはなかった。

月額料金は、光で最安値のNURO光より数百円高い程度だし、auスマートバリューで、スマートフォンの料金も少し割引があるので、わざわざ他の光サービスに乗り換えるほどのメリットはな
いと思っていたからだ。

p_index_01b.jpg

auひかり ホーム 高速サービス(5ギガ/10ギガ)|auひかり|So-net (ソネット)

しかも、auひかりホームの高速サービスの受付が、4月に入って現在加入中のSo-netでも始まり、auスマートバリューに加入し3年縛りの契約にすれば、1GBの現行プランと同じ料金で、5ギガ
プランに乗り換えられ、無償で最新スペックのWi-Fi機能を搭載したホームゲートウェイに交換してもらえるということで、4月に入りSo-netで変更手続きができるようになれば、これに申し
込むつもりでいたのだが、そこで次の気になるニュースを発見。

高すぎ? 「auひかり ホーム」解約時の撤去費「2万8800円」の理由 「拒否したら賠償金」の記載は「修正す る」とKDDI - ITmedia NEWS

「auひかりホーム」解約時、従来のプランだと、光配線はそのまま維持したまま解約するか、解約時に光配線を撤去するかが選べ、撤去する場合1万円の工事費がかかるため、大抵の人間は配
線を維持したまま退会するのが普通だった。
その方が、もし再度「auひかりホーム」を契約したくなった場合、工事が不要で再契約できるメリットもあるからだ。

ところが、今回、新たに加わった「auひかりホーム高速サービス」に加入すると、もしそれを解約する場合に、解約料以外に、光配線を撤去す場合の撤去費が28,800円に大幅値上げになり、
光配線を維持する場合は、設備維持費用として、毎月、自社のアクセスエリアなら月額99円、シェアードアクセス方式のエリアの場合は、NTT東日本エリアなら月額341円、NTT西日本エリアは
577円を支払い続けなければならなくなったらしいのだ。ちなみに、私の家はシェアードアクセス方式みたいで月額341円となる。

これは、もう、「いったん契約すると離れられないよ」と言われているようなものだ。
この記事を読んで、5ギガプランへ変更する気が一気に薄れてしまった。
そもそも、我が家の使い方で、1Gbpsでも何ら速度的に支障は感じていなかったのだから。正直、5Gプランに変更しても、体感上はさして変わることはないだろう。

それどころか、こうした施策変更は今後従来プランにも及ぶ可能性があること、この5月で私と上の子供がauを解約する予定で、auスマートバリューの恩恵を受けるのは奥さんのみになること
を考えると、auひかりにこだわって使い続けるメリットは大きくない気がしてきた。

プロバイダのメールアドレスなども、現在So-netのauひかりを利用しているので、NURO光に替えても、そのまま維持されるため、何の問題もない。
速度的にも、現在1Gbpsで問題がないのだから、NURO光の2Gbpsで問題になることはないだろう。無線LANも11n対応のやや古い規格になるが、それだって現状のホームゲートウェイと同等で劣ることはないし、気になるなら、11ac対応の無線LANルータも購入済なので、それを使えばいい。

今の契約プランなら、auひかりの光配線は、無償で撤去せず解約できるので、もしNURO光に不満があれば、また戻ってくることも可能。

そこで、無料解約できる今、思い切ってNURO光に乗り換えてしまうことにした。

2017-12-14-19.34.58.jpg

NURO 光 当サイト限定キャンペーン/最大12 万円以上おトク!

NURO光では、こちらの公式サイトでキャッシュバックキャンペーンも行っていたため、こちらから新規申し込み。

すると、早速折り返し電話が掛かってきて、詳細を確認する中で、次のことが分かってきた。

・プロバイダとしてのSo-netのサービスやアカウントは、そのまま維持できる
・auひかりの電話番号も継承できるが、それには、auひかりを解約する前に、NURO光を開通し、その後、電話番号の移行を行うと、auひかりは自動解約となるとのこと(プロバイダがSo-net間の時のみ)
・光回線工事が必要なので、4月中の開通は無理で5月に入ってからの開通になる

問題は、最後の開通時期だ。
auひかりが無料で解約できるのは4月末までで、5月に入ってから解約だと、14,800円の解約料を取られてしまうので大損だ。
一応、NUROひかりでは、1万円までの解約料の補償制度があるというが、それでも実質5,000円の負担だし、それには別途指定サービスへの加入が必要とのことで、詳しく聞くとモバイルルータを契約する必要があるみたいで、それじゃ話にならない。

3月に申し込めば、4月中に開通できたかもしれないのに、しまったなぁ、と後悔もしたが、よく考えたら、auひかりの解約問題を知ったのは4月に入ってからであり、そもそもどうしようもなかったのだ。

すぐに決めかねたので、いったんペンディングにしてくださいと伝え、その場では電話を切った。

さてどうしよう? なにかいい手はないか、調べてみた。

関連記事:
「auひかり ホーム10ギガ/5ギガ」プランがスタート:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ
今、一番安いインターネット回線:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ
auひかりからNURO光への乗り換えの障害:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ





ブログランキング・にほんブログ
村へ
人気ブログランキングへ



スポンサードリンク




nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。